2038件中 71 - 80件表示
  • カトリック教会の性的虐待事件

    カトリック教会の性的虐待事件から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2010年3月、ニューヨーク・タイムズが、ベネディクト16世自身が枢機卿在任時代に司祭の虐待事件をもみ消していたという疑惑を報じたことにつき教皇側が強く反発したことから、同年3月28日にはロンドンで教皇の退位を要求する抗議デモが行われ、3月30日には、アメリカ合衆国の弁護士が、教皇が司祭による性的虐待を知りながら事件を隠匿したとして、教皇を証人として出廷させるよう裁判所に要請した。カトリック教会の性的虐待事件 フレッシュアイペディアより)

  • アサ・アール・カーター

    アサ・アール・カーターから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    人種隔離政策を推し進めたアラバマ州知事ジョージ・ウォレスのスピーチライターで、North Alabama Citizen's Councilの創設者、また人種隔離政策を支持する月刊誌 The Southerner の発刊者でもある。カーターはフォレスト・カーターのペンネームのもと、2冊の西部劇小説と、チェロキー族インディアンの祖父母に育てられた自身の回顧録という名目の『リトル・トリー』を執筆した。1976年、ニューヨーク・タイムズは、フォレスト・カーターの実態は人種差別主義者のアサ・アール・カーターであると暴露した。アサ・アール・カーター フレッシュアイペディアより)

  • 木川貴幸

    木川貴幸から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ジュリアード音楽院在学中から、ニューヨークを拠点として演奏活動に入る。2010年には、ニューヨークにて行ったリサイタルが、ニューヨーク・タイムズが同年末に掲載した「2010年ベストコンサート」の一つに選出された。木川貴幸 フレッシュアイペディアより)

  • ノリミツ・オオニシ

    ノリミツ・オオニシから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ノリミツ・オオニシ(Norimitsu Onishi, 日本名:大西 哲光)は、日系カナダ人のジャーナリスト。ニューヨーク・タイムズ記者。ノリミツ・オオニシ フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ地理学協会

    アメリカ地理学協会から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    協会の歴代会長には、様々な背景の人々がおり、ニューヨーク市長もいれば、『ニューヨーク・タイムズ』紙の編集長もいた。初代会長だったジョージ・バンクロフトは、アメリカ合衆国の歴史家、政治家であり、中等教育の普及と公共政策の推進に顕著な功績があった。アメリカ地理学協会 フレッシュアイペディアより)

  • ヘンリー・スコット・ストークス

    ヘンリー・スコット・ストークスから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ヘンリー・スコット・ストークス(Henry Scott Stokes, 1938年6月15日 - )は、イギリス出身のジャーナリスト。元ニューヨーク・タイムズ東京支局長。ヘンリー・スコット・ストークス フレッシュアイペディアより)

  • ダイバージェント 異端者

    ダイバージェント 異端者から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    批評家の多くが、本作の文体は速いペースで読めるような特徴的で小気味いい散文を作り出していると指摘している。例えば、ニューヨーク・タイムズのスーザン・ドミナスは「心地よいペースで、豊かな想像力の飛翔があり、時折、素晴らしいディテールで読者を驚かせる。」と述べている。アメリカン・プロスペクトのアビー・ノーランは本作が『ハンガー・ゲーム』や『Blood Red Road』のストーリー構造や文体を踏襲していると述べている。ダイバージェント 異端者 フレッシュアイペディアより)

  • アドルフ・ヒトラーのベジタリアニズム

    アドルフ・ヒトラーのベジタリアニズムから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1991年にアイザック・バシェヴィス・シンガーが亡くなると、シンガーの死亡記事をめぐって議論が起こる。まずこの作家がベジタリアンであったことが省かれているという批判があり、ついにそれはヒトラーをベジタリアンだと断定するにいたった。ニューヨーク・タイムズに一連の手紙を投稿したキャロル・ヤノヴィッツはこう書いている。「『美食家のための料理読本』(1964年)の89ページでは、ドイツのハンブルクでホテルのシェフをしていたディオンヌ・ルーカスが第二次世界大戦前のつらい倹約を回想しています。『ひな鳥の詰め物なんかみせて食欲をなくした人がいたらごめんなさい。でもヒトラー氏がとても好きなメニューだったといえば興味ももつでしょう。よくホテルに食事をしにきたんですよ。それで立派な料理にこだわらなくてもいいって言ってくれたんです』。アドルフ・ヒトラーのベジタリアニズム フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤正

    遠藤正から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1972年 - 映画製作会社「チェイン・リ・アクション」設立。ニューヨーク・タイムズと、ハーパース・マガジン社のフリーランスカメラマンとなる。米国永住権を取得。遠藤正 フレッシュアイペディアより)

  • 山本紅浦

    山本紅浦から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    画家・国吉康雄がアート・スチューデンツ・リーグの教諭であったため、紅浦は病院で臥せる国吉にお見舞いに行っていた。 作家・三島由紀夫のアメリカ版の7冊の本のカバーデザインを担当Putnam's Sons/Perigee Books。コロンビア大学やニューヨーク大学で特別講師をするなど、日本伝統墨絵をニューヨークで広める第一人者である。ニューヨーク・タイムズ紙・ニューヨークポスト紙・アメリカの墨絵ソサエティなどで取り上げられている。戦後、ニューヨークでは、八島太郎(岩松淳)が主催するアートグループの八島スタジオに入り、多くの芸術家たちと交流する。アメリカ合衆国向けではあるが長野オリンピックの新聞掲載されたプロモーション用の”寿”は、紅浦が担当した。山本紅浦 フレッシュアイペディアより)

2038件中 71 - 80件表示