2038件中 81 - 90件表示
  • リチャード・ホルブルック

    リチャード・ホルブルックから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ホワイトハウスで働いた後は国務省に戻り、 ニコラス・カッツェンバック国務次官の特別補佐官を務めた。この後、民主党のジョンソン政権から共和党のニクソン政権へと政権が交代したが、ホルブルックは次のエリオット・リチャードソン国務次官の下でも引き続き特別補佐官職に留まり、しばらくの間職務にあたった。特別補佐官在職中の1968年にベトナムとの和平を目指して開始されたパリでの秘密交渉においては、W・アヴェレル・ハリマン元ニューヨーク州知事とサイラス・ヴァンス国防副長官の2人を首席代表とする代表団の一員に加わっているほか、この他にもベトナム戦争の秘密報告書で、のちにニューヨーク・タイムズ紙がスクープしたことで知られるペンタゴン・ペーパーズの作成にも携わっている。リチャード・ホルブルック フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン独立学区

    ヒューストン独立学区から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2003年のニューヨーク・タイムズ紙はHISDは学校暴力を警察に伝えないという報道は、教師、学生、父兄にこの地区は学校暴力を無視しているのではないかいう関心を表明した。ヒューストン独立学区 フレッシュアイペディアより)

  • アンセム (小説)

    アンセム (小説)から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    2013年、アイン・ランド協会(Ayn Rand Institute)のアイン・ランド・アーカイブ(Ayn Rand Archives)部門マネージャーのジェフ・ブリッティング(Jeff Britting)により、『アンセム』が舞台劇化された。デンバーで初演され、2013年9月にジェローム・ロビンズ・シアターでオフ・ブロードウェイ上演された。「ニューヨーク・タイムズ」(The New York Times)のレビューでは、「個人主義を称揚する作品にしては、観客を信用していない。興味深い部分も所々あるのだが、一瞬たりとも誤解を避けるかのごとく、頻繁に説明が入る」と評された。アンセム (小説) フレッシュアイペディアより)

  • サンドラ・デイ・オコナー

    サンドラ・デイ・オコナーから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1952年に、ジョン・ジェイ・オコナー三世(John Jay O’Connor, III)と結婚し、スコット、ブライアン、ジェイの三子をもうけた。ジョン・ジェイ・オコナーは、17年以上にわたってアルツハイマー病と闘っており、サンドラ・オコナーは、この病気に関する一般の理解を得る運動に深く関わっている。2007年11月のCNNの報道によると、ジョンは、記憶力が低下してきており、長年の家族との絆の記憶を失ってきた結果、現在収容されている施設に新しく好きな女性ができるなど、家族にとって状況は悪化している。また、2007年11月14日付のニューヨーク・タイムズ紙の記事、『アルツハイマー、そして愛に囚われて(Seized by Alzheimer’s, Then Love)』によると、オコナー家の人たちは、そうであっても彼女の55年来の夫が満足なのであれば幸福であると述べている。サンドラ・デイ・オコナー フレッシュアイペディアより)

  • パナイ号事件

    パナイ号事件から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    同日午前10時頃、『ニューヨーク・タイムズ』上海支局長ハレット・アベンド氏を旗艦「出雲」に呼んで、長谷川中将は「遺憾ながらパナイ号を撃沈した」ことを伝え、日本は謝罪と相応の賠償することを言及した。そのときに同席していた三並貞三少将は「パナイ号撃沈を命じたのは誰か」という質問に対し、「それは陸軍のBAD BOYだ、海軍の過ちではないのだ」と答えた。同日午後、長谷川中将が米アジア艦隊旗艦の巡洋艦「オーガスタ」とヤーネル提督を直々に訪問して遺憾の意を表した。パナイ号事件 フレッシュアイペディアより)

  • マックス・パーキンズ

    マックス・パーキンズから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    1907年の晩夏、パーキンズは新聞社に勤めようとニューヨークへ向かい、『ニューヨーク・タイムズ』紙の編集局長の息子と知己があったことから同社の社会部に就職した。最初の内は社会部長に気に入られず閑職に回されたが、後に昇格して警察記者となっている。マックス・パーキンズ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ホーガン

    ジョン・ホーガンから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    『サイエンティフィック・アメリカン』、『ニューヨーク・タイムズ』、『タイム』、『ニューズウィーク』、『ワシントン・ポスト』、『ロサンジェルス・タイムズ』、『ニューリパブリック』、『Slate』、『Discover』といった雑誌に原稿を寄稿している。ジョン・ホーガン フレッシュアイペディアより)

  • ジャネット・イヴァノヴィッチ

    ジャネット・イヴァノヴィッチから見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    ジャネット・イヴァノヴィッチ(、旧姓:シュナイダー (Schneider) 、1943年4月22日 - )は、アメリカ合衆国の作家。ステッフィー・ホール (Steffie Hall) 名義で短編の現代ロマンス小説でデビューしたが、名を知られるようになったのはステファニー・プラムが主人公のミステリシリーズからである。ステファニー・プラムは、ニュージャージー州トレントン出身のランジェリーバイヤーで、後に失職しバウンティハンター(賞金稼ぎ)に転身する。シリーズ18作はいずれもニューヨーク・タイムズやAmazon.comのベストセラーリストに名を連ねている。ジャネット・イヴァノヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・ヴェイナチャック

    ゲイリー・ヴェイナチャックから見たニューヨークタイムスニューヨーク・タイムズ

    2016年3月、ヴェイナチャックの4冊目の本「AskGaryVee:One Entrepreneur's Take on Leadership, Social Media, and Self-Awareness」がハーパーコリンズ社(Harper Collins)の一部であるハーパービジネス出版から発売された。ヴェイナチャックのYouTubeシリーズ「#AskGaryVee」に基づいて、彼がベストな質問と答えを選んで編纂し、自己認識、子育て、起業家としての大変さを含むカテゴリーに沿った一つの小説に仕上げた。「#AskGaryVee」はヴェイナチャックの4つ目のニューヨークタイムス ベストセラーとなった。ゲイリー・ヴェイナチャック フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦の年表

    慰安婦の年表から見たニューヨーク・タイムズニューヨーク・タイムズ

    3月31日 米の『ニューヨーク・タイムズ』が国際面の1ページを使って吉見教授のインタビューを掲載。「軍の関与を示す資料発掘によって論争に終止符が打たれたのに、安倍晋三に先導された若い民族主義者の政治家らが河野談話の撤回に向けたロビー活動を行った」という旨の批判。慰安婦の年表 フレッシュアイペディアより)

2038件中 81 - 90件表示