前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
178件中 1 - 10件表示
  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たハリー杉山

    ヘンリー・スコット・ストークス - 元東京支局長。フィナンシャルタイムズ初代東京支局長。三島由紀夫伝等著書あり。タレントハリー杉山の父ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たももいろクローバーZ

    2015年2月12日、田淵広子記者はラッツ&スターとももいろクローバーZがテレビ番組の収録の中で一緒に黒塗りメークで撮った写真がツイッター上に公開されたことにツイッター上で抗議(最初のツイートは削除されている)し、「Why Japan needs to have a conversation on racism(なぜ日本人は人種差別の議論を呼ぶのか?)」などと投稿。ネットでは賛否両論となり、黒人からは批判もあり、ももクロは2月17日に予定されていた日本外国特派員協会での会見をキャンセルした。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たビリー・ジョエル

    ビリー・ジョエルは代表曲、「ニューヨークへの想い」で、ニューヨーク望郷の念をデイリーニューズとニューヨーク・タイムズに込めた。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た中山恭子

    2006年12月 「北朝鮮による日本人拉致問題について、本来の拉致問題解決に焦点を絞らず、北朝鮮・中国に対する日本国民の嫌悪感をあおり、そうした世論を憲法改正問題などの政治的問題にも利用しようとしている」とする記事を掲載。後日、日本政府はこの報道を問題視し、中山恭子・首相補佐官(拉致問題担当)の反論文を同紙と、同紙の姉妹紙インターナショナル・ヘラルド・トリビューンに投稿。後者へは26日付で掲載されたが、同紙には掲載されなかった。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た鳩山由紀夫

    2009年8月に、鳩山由紀夫民主党代表(当時)がPHP研究所発行の「Voice」に寄稿した論文を無許可で転載しただけでなく、内容を改変・削除し、鳩山代表が「反米主義者」であるとの印象を米国政府に与えた。また、同紙は過去にも、ジェイソン・ブレア記者による記事捏造・盗作がスキャンダルとなっている(注:この件は全くの別件で、ジェイソン・ブレアの事件は社内で詳細な調査を行った)。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た三島由紀夫

    ヘンリー・スコット・ストークス - 元東京支局長。フィナンシャルタイムズ初代東京支局長。三島由紀夫伝等著書あり。タレントハリー杉山の父ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た上野千鶴子

    1998年には見かねたニューヨーク在住の女性を中心とする日本人7人が、同紙のこれまでの日本関連記事から最も誤解の酷い10の記事を選んで検証・批判した『笑われる日本人 -- ニューヨーク・タイムズが描く不可思議な日本』を日米同時に自費出版し、「米国メディアの日本報道に見る誤解」と題するパネルディスカッションを上野千鶴子らを招いて開催した。上野は「米国が捏造する日本」、「米国だけが世界だなんて狭すぎる」と厳しく批判した。また、同著の編集長である大竹秀子はAERAの取材にて「どの記事も、色眼鏡を通して日本を見ていることが問題だ。全体像を見せることなく、センセーショナルな見せ物的報道をばらばらに報道されると、それが積み重なって『日本ってヘンな国だ』という認識が出来上がり、ステレオタイプを助長してしまう」と同紙の報道姿勢を厳しく批判している。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たヒラリー・クリントン

    "パリ市長のものとして掲載された手紙は、ヒラリー・クリントン上院議員の国務長官就任に伴う後継者に名前が挙がっている故ケネディ大統領の長女キャロラインについて「後継の資格がない」「控えめに言っても驚きであり、あまり民主的ではない」と批判していた。"ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た猪瀬直樹

    2013年4月26日、猪瀬直樹東京都知事による『(2020年の夏期五輪招致のライバルである)イスタンブール批判』を田淵広子記者とケン・ベルソン記者がスクープし話題となった。これについて猪瀬は謝罪をしたが、同時に「質問者に一定の誘導があった」との主張もしている。田淵広子記者は橋下徹の慰安婦に関する発言についても「日本の男の品格は最低である」という趣旨の記事を書いている。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た上杉隆

    上杉隆 - 元東京支局記者(契約の正式名称はリサーチアシスタント。署名記事を書いたことはない)。その後フリージャーナリストに転身。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
178件中 1 - 10件表示