170件中 11 - 20件表示
  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たエクソンモービル

    社説のページにおいてエクソンモービルの広告記事を掲載していることにも批判が存在する。紙面に掲載される編集者への手紙 " letters to the editors " を恣意的に選択しているとの批判もある。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たワシントン・ポスト

    同紙は1851年にニューヨーク市で発行していた、ニューヨーク・トリビューン紙に対する高級新聞というスタイルをとり、創刊された。当初は、優れた体裁が人気を集め、順調に発行部数を伸ばしたが、南北戦争後に、南部に対する寛大な論調が反感を呼び、一時低迷した時期もある。その後20世紀に入ると、世界各地に取材網を張り巡らせ、など、ワシントン・ポストやウォール・ストリート・ジャーナルと並ぶアメリカを代表する高級紙としての地位を確立した。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たアメリカ合衆国大統領選挙

    一般的にタイムズはリベラルな論調を持つとされる。これは政治記事と社会記事において顕著である。同性婚についても肯定的で、同性の結婚記事が異性間と差別なく掲載される。もっともアメリカでは大統領選挙などで新聞が特定候補の支持を鮮明にするなど、政治色を強く打ち出すことは許容されている。保守系テレビ局のFOXテレビのFOXニュースから近年、一貫して攻撃を受けている。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たトーマス・フリードマン

    2008年時点におけるコラムニストの政治的スタンスは一般的に、モーリーン・ダウド、ポール・クルーグマン、ボブ・ハーバートが左派、ニコラス・クリストフが中道左派、トマス・フリードマンが中道右派、ディヴィッド・ブルックスとジョン・ティーニーが右派、ウィリアム・クリストル(ネオコンの始祖に数えられるアーヴィング・クリストルの息子)が強固な右派とされている。しかしこれらのコラムニストをアメリカの政治的スペクトラムで色分けすることは過度の単純化であるとの批判も存在し、実際、民主党は左派、共和党は右派、とされる中で、共和党ジョージ・W・ブッシュ政権への厳しい批評で知られるモーリーン・ダウドは、民主党ビル・クリントン大統領の弾劾裁判の記事でピューリッツァー賞を受けており、派閥ごとの立場をそれぞれのコラムニストが擁護しているとの意見は短絡的である。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たウィリアム・クリストル

    2008年時点におけるコラムニストの政治的スタンスは一般的に、モーリーン・ダウド、ポール・クルーグマン、ボブ・ハーバートが左派、ニコラス・クリストフが中道左派、トマス・フリードマンが中道右派、ディヴィッド・ブルックスとジョン・ティーニーが右派、ウィリアム・クリストル(ネオコンの始祖に数えられるアーヴィング・クリストルの息子)が強固な右派とされている。しかしこれらのコラムニストをアメリカの政治的スペクトラムで色分けすることは過度の単純化であるとの批判も存在し、実際、民主党は左派、共和党は右派、とされる中で、共和党ジョージ・W・ブッシュ政権への厳しい批評で知られるモーリーン・ダウドは、民主党ビル・クリントン大統領の弾劾裁判の記事でピューリッツァー賞を受けており、派閥ごとの立場をそれぞれのコラムニストが擁護しているとの意見は短絡的である。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た立木勝

    ハワード・フリール、リチャード・フォーク - 共著、立木勝 - 訳 「『ニューヨークタイムズ』神話 -- アメリカをミスリードした“記録の新聞”の50年」(三交社 2005年11月) ISBN 4-87919-160-4ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たコラムニスト

    タイムズの専属コラムニストにより執筆される Op-Eds については他の紙面に比べ独立性が高く政治的偏向も少ないとされる。しかしこのセクションについても政治的中立性が批判されることがある。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たリチャード・フォーク

    ハワード・フリール、リチャード・フォーク - 共著、立木勝 - 訳 「『ニューヨークタイムズ』神話 -- アメリカをミスリードした“記録の新聞”の50年」(三交社 2005年11月) ISBN 4-87919-160-4ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たアイザック・ニュートン

    "科学調査と実験の双方から、17世紀にアイザック・ニュートンが発見した物理法則の有効性が実証されつつある。そして今日ロケットが大気中と同様に宇宙空間でも飛行できることは周知の事実となった。当紙は過去のミスを認める。"ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たミチコ・カクタニ

    紙面の特集項目に存在する刊行書籍の書評を、高く評価する人がいる。この書評での取り上げられ方によって、売り上げが左右されると言う人もいる。同時に掲載されるベストセラー・リストも、アメリカの読書会における代表的なリストとして知られている。執筆者の1人としてミチコ・カクタニがおり、ピューリツァー賞の批評部門で受賞するなどその書評は高く評価されているが、極めて辛口な記事を書くため批判を受ける事も多い。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

170件中 11 - 20件表示

「米紙ニューヨーク・タイムズ」のニューストピックワード