178件中 81 - 90件表示
  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たファッション

    クロスワードパズルは、1942年に特集記事として開始された。ファッションの項目は、1946年の開始である。1946年からは国際版が発行されていたが、1967年にそれを停止し、ニューヨーク・ヘラルド・トリビューンやワシントン・ポストと共同でパリにインターナショナル・ヘラルド・トリビューンを創刊した。Op-edは同紙が世界で初めて、1970年に掲載を始めた。1996年には、インターネット上に自社のサイトを開設した。新しい本社ビルであるスカイ・スクレイパー skyscraper は、レンゾ・ピアノの設計によるもので、マンハッタンの8番アヴェニューと41番ストリートの交差点に建設されている。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たピューリッツァー賞

    初期のタイムズは、日刊であるものの、毎週日曜日には発行されていなかったが、南北戦争中に日曜版の発行を開始した。1918年に、第一次世界大戦に関する記事で、ピューリッツァー賞を初受賞している。翌年1919年には、ロンドンへの紙面輸送が開始された。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た北朝鮮による日本人拉致問題

    ニューズウィーク誌は、ニューヨーク・タイムズの報道姿勢について「同紙が日本関連の記事を書くときは、いつも好意的に書かないのに決まっている」と評する。また東日本大震災におけるニューヨーク・タイムズの報道を賞賛する一方で、「かつて日本に関してステレオタイプな記事を掲載し続けた」と指摘している。北朝鮮による日本人拉致問題では、社説において拉致問題は解決済みとする立場を表明したことがある。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たスポーツ

    1. ニュース News : 国際、国内、ワシントンの政治、ビジネス、テクノロジー、サイエンス、健康、スポーツ、ニューヨーク地区、教育、天気、訃報および訂正記事(常設)で構成される。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たマサチューセッツ工科大学

    マサチューセッツ工科大学のリカルド・パグリシは2004年に " Being the New York Times: The Political Behaviour of a Newspaper " という論文を発表した。この中で彼は1946年から1994年の期間におけるタイムズ紙の取り上げた記事を調査し、タイムズが民主党支持であることを統計から立証している。例えば大統領選では優先的に民主党候補を取り上げ、対立する共和党候補については小さな記事で扱う、などである。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たカートゥーン

    3. 特集 Features : 芸術、書籍、映画、演劇、旅行、ニューヨークガイド、レストラン・ワイン、家庭とガーデニング、ファッション、クロスワード・ゲーム、カートゥーン、雑誌、週のまとめで構成される。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た翻訳

    2013年6月11日、田淵広子記者は上田秀明人権人道担当大使の「シャラップ」発言をTwitterで伝えた。これは拷問禁止委員会における苦笑に対して行われたものである。笑ったのは日本のNGOのみだという見解もある(「もちろん、我々は大使の激怒と反論の馬鹿馬鹿しさに笑ったところ」と当事者が証言)が、いずれにせよ大使の怒声は国連委員会の会場中に響き渡った。翻訳家で英会話学校を経営するデイヴィッド・セインによると、"Shut up!"(シャラップ)は日本語で「黙れ」を意味する言葉だが、英語圏では「てめえ、黙りやがれ」といった強いニュアンスで用いられることが多く、知的な表現ではない。また"Shut up!"は普通しゃべっている人を黙らすときに使われるもので、笑っている人に言うのは不自然である。上田の発言は日本のイメージダウンにつながりかねない不適切なものだといった批判があいつぎ、辞任を求める声も上がった。日刊ゲンダイの取材に応じた外務省関係者によると、上田はもともと英語をあまり得意としておらず、AFP通信も上田の英語力について「あまり得意とは見受けられない」と評している。また、上田が「中世」を意味する"the Middle Ages"と言うべきところで、「中年」を意味する"middle age"(定冠詞 the がなく、age が単数形)と発声したことが失笑を買った原因だったのではないかとする説も挙げられた。外務省は翌6月17日までに上田に口頭で注意を行い、その後、9月20日付で上田は人権人道大使を退任し、外務省参与の職も辞した。外務省では辞任は上田から辞職願が提出されたためであり、「シャラップ」発言とは無関係であるとしている。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たルポルタージュ

    本紙日曜版の別冊として、「ニューヨーク・タイムズ・マガジン」(en)が発行されている。マガジンは1896年の創刊で、本紙に掲載しきれない長文の記事や、カラー写真を大きく掲載したフォト・ルポルタージュ(報道写真)で知られる。2007年1月現在、発行部数は約168万部。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たレディースコミック

    1995年に起きた沖縄米兵少女暴行事件を速報せず、3日後にようやくベタ記事にした。さらに東京支局長だったニコラス・クリストフは「日本女性が読む野蛮なコミック」と題して、同事件に触れて日本人が憤慨しているとした上で、「『レイプを称賛する』かのような、アメリカ人の感覚からするとエロティックというより病的な内容の女性向け漫画、レディースコミックを日本の女性の多くが読んでいる」との記事を掲載した。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見た民族主義者

    2008年、麻生太郎首相就任の2日後に「好戦的な民族主義者」と社説で主張した。これに対し日本政府は同紙に対し公式な反論文を送付し、10月5日付けで掲載された。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

178件中 81 - 90件表示