米紙ロサンゼルス・タイムズ ニュース&Wiki etc.

ロサンゼルス・タイムズ(英語:Los Angeles Times)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州・ロサンゼルスで発行され、主にアメリカ合衆国西部で購読される日刊紙。しばしば「L.A. Times」とも呼ばれる。米国内での発行部数はUSAトゥデイ(211万部)、ウォールストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク… (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ロサンゼルス・タイムズ」のつながり調べ

  • ¿Por qué no te callas?

    ¿Por qué no te callas?から見たロサンゼルス・タイムズ

    この一件に関する南米諸国の対応も分かれ、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領はチャベスを擁護したのに対し、ペルーのアラン・ガルシア大統領やエルサルバドルのアントニオ・サカ大統領はフアン・カルロス1世を支持した。『ロサンゼルス・タイムズ』は「がさつで礼儀知らずのチャベス大統領と、他国の国家元首を見下すフアン・カルロス1世のどちらが悪いとは言えない」という中立的な社説を載せ、『ワシントン・ポスト』は「いまスペイン語圏は大きな混乱の渦の中にある。フアン・カルロス1世は各国の首脳たちに『(どちらを支持するかについて)どうして君は喋らないのかね?』と聞いて回る必要がある」とフアン・カルロス1世の発言を引用して風刺した。(¿Por qué no te callas? フレッシュアイペディアより)

  • PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット

    PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニットから見たロサンゼルス・タイムズ

    『サンフランシスコ・クロニクル』のデビッド?ウィーガードは、「『Person of Interest 』は卓越した絶妙の登場人物と脚本だけでなく、9.11後の視聴者の偏執性をうまく描いたことで、小手先の仕掛けと一線を画している」と述べた。ニューヨーク『デイリーニュース』のデビッド・ヒンクリーは、パイロットに5つのうち4つ星を与え、カヴィーゼル、エマーソンの演技について、カヴィーゼルは「この役に正当性をもたらし」、エマーソンは「ミスター・フィンチとして魅力的だ」とコメントした。『ロサンゼルス・タイムズ』のメアリー?マクナマラは、「犯罪を解決するのではなく、予防するという概念は魅力的なひねりである。また、監視カメラ画像は非常にクール」だと述べた。(PERSON of INTEREST 犯罪予知ユニット フレッシュアイペディアより)

「ロサンゼルス・タイムズ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード

  • 現在のブルペン事情を考慮すると必要不可欠

  • イルーナ戦記オンライン−The Girl Behind the Legend−