前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
322件中 1 - 10件表示
  • J・マイケル・ストラジンスキー

    J・マイケル・ストラジンスキーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    サンディエゴ州立大学で出会ったキャスリン・M・ドレナンと共に1981年4月1日にロサンゼルスに移住(1983年に結婚)。テレビ界への進出を計画すると同時に本の執筆に取り組んだ。ロサンゼルスでは、The Los Angeles Herald-Examiner、ロサンゼルス・タイムズ、The Los Angeles Reader、TV-Cable Week、ピープル誌向けに文章を書き、1983年、テレビアニメ He-Man and the Masters of the Universe の脚本を書いてそのプロデューサーに認められ、テレビ脚本家としての活動を始めた。J・マイケル・ストラジンスキー フレッシュアイペディアより)

  • ショーナ・グラント

    ショーナ・グラントから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Los Angeles Times, The Death of Colleen by Michael London, May 6, 1984, Pg. R3-Pg. R9.ショーナ・グラント フレッシュアイペディアより)

  • インランド・エンパイア (カリフォルニア州)

    インランド・エンパイア (カリフォルニア州)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    アメリカ合衆国国勢調査局は「リバーサイド・サンバーナーディーノ・オンタリオ都市圏」をリバーサイド郡とサンバーナーディーノ郡で構成される地域と定義している。この定義では面積が27,000平方マイル (70,000 km?) となり、ロサンゼルス大都市圏の一部となっている。地域内には400万人以上の人口があり、州内では第3位、国内では第13位となっている。しかし、地域人口の大半は南西隅に集中しており、ロサンゼルス都市圏に隣り合わせている。「ニューヨーク・タイムズ」 と「ロサンゼルス・タイムズ」紙 は前述の2郡をインランド・エンパイアとして定義しているが、ビクター・バレー、コーアチェラ・バレーおよびテメキュラ・バレーのような2郡の中の地域ではインランド・エンパイアとは別の地域だと考えている。インランド・エンパイア (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ¿Por qué no te callas?

    ¿Por qué no te callas?から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    この一件に関する南米諸国の対応も分かれ、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領はチャベスを擁護したのに対し、ペルーのアラン・ガルシア大統領やエルサルバドルのアントニオ・サカ大統領はフアン・カルロス1世を支持した。『ロサンゼルス・タイムズ』は「がさつで礼儀知らずのチャベス大統領と、他国の国家元首を見下すフアン・カルロス1世のどちらが悪いとは言えない」という中立的な社説を載せ、『ワシントン・ポスト』は「いまスペイン語圏は大きな混乱の渦の中にある。フアン・カルロス1世は各国の首脳たちに『(どちらを支持するかについて)どうして君は喋らないのかね?』と聞いて回る必要がある」とフアン・カルロス1世の発言を引用して風刺した。¿Por qué no te callas? フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・ラ・マー

    バーバラ・ラ・マーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    死の数年後、彼女が息子を生んでいたことが明らかにされた。息子の父親の名前は公表されていない(本人は父親はではないかとロサンゼルス・タイムズに語っている)。息子マーヴィン・カーヴィル・ラ・マーはラ・マーの死後、女優と彼女の夫で映画会社役員のの養子となり、ドン・ギャラリーと名前を変えられた。バーバラ・ラ・マー フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・K・ディック

    フィリップ・K・ディックから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Multi-part article series on Philip K. Dick published by the Los Angeles Timesフィリップ・K・ディック フレッシュアイペディアより)

  • ハリー・チャンドラー

    ハリー・チャンドラーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルスでチャンドラーは、果樹園で働き始めたが、その傍ら小規模な配送事業を起業した。この事業は、やがて市内の朝刊の配達を数多く手がけるようになり、これをきっかけにチャンドラーは『ロサンゼルス・タイムズ』紙の発行人であったハリソン・グレイ・オーティス(Harrison Gray Otis)の知遇を得た。オーティスはこの起業家精神に満ちた青年を気に入り、チャンドラーを『ロサンゼルス・タイムズ』紙の総支配人に抜擢した。チャンドラーの最初の妻は、出産の折に死亡していたが、やがてチャンドラーはオーティスの娘マリアン・オーティス(Marian Otis)と結婚した。1917年にオーティスが亡くなると、チャンドラーは『ロサンゼルス・タイムズ』紙の発行人として経営を掌握し、同紙をアメリカ合衆国西部で最高の新聞に変革した。チャンドラー指揮下の1920年代の絶頂期に、『ロサンゼルス・タイムズ』は3年連続して、全米のどの新聞よりも多い、最高の広告出稿を広告紙面と案内広告の量で達成した。ハリー・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • FUCK (映画)

    FUCK (映画)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    アンダーソンはロサンゼルス・タイムズ紙に、「fuck」という言葉の婉曲表現の普及が高められている中にあってこの言葉が持つ禁断の性質を説明した。彼はそのタブー性について触れ、この語を直接使うことなく間接的に言及することで、若者にその意味を理解させられることを示した。サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙のインタビューでアンダーソンは、「真のメッセージを妨げる可能性があるため、映画監督は検閲に反対するべきだ。」と述べた。FUCK (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・ゴズリング

    ライアン・ゴズリングから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    19歳の時、ゴズリングは「真面目な演技」()へ軸足を移すことを決意した。エージェントに辞められ、子ども向けテレビ番組のイメージにも苦しんだため、当初は安定した仕事を得られなかった。アメフトを題材にしたドラマ映画『タイタンズを忘れない』で助演した後、ゴズリングは2001年の映画『』で、若いユダヤ人のネオナチ役として主演した。監督のはゴズリングを配役したことについて、モルモン教徒として育てられた経験が、ユダヤ教徒の孤立を理解する助けになると考えたためと明かしている。『ロサンゼルス・タイムズ』紙のケヴィン・トーマスは、「興奮させ、恐ろしいほど圧倒的な」演技だと賞賛したが、『バラエティ』誌のトッド・マッカーシーは、ゴズリングの演技は「極めて頑強で、これ以上うまく演じることはほとんどできないだろう」と評した。映画はサンダンス映画祭でグランプリを獲得し、後にゴズリングは「今のキャリアを包装して自分にプレゼントしてくれたような映画」だったと語っている。作品の内容は議論が残るものだったため、全国劇場公開に必要な金銭的支援を受けるのは難しく、映画は代わりにショウタイムでテレビ放送された。映画は商業的に失敗し、150万ドルの製作費に対し、わずか416,925ドルの興行収入しか得られなかった。ライアン・ゴズリング フレッシュアイペディアより)

  • 山本悍右

    山本悍右から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Suzanne Muchnic, "At the Getty, a focus on Asian photographs", ロサンゼルス・タイムズ, 2009年4月15日山本悍右 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
322件中 1 - 10件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード

  • 現在のブルペン事情を考慮すると必要不可欠

  • イルーナ戦記オンライン−The Girl Behind the Legend−