前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示
  • ハリー・チャンドラー

    ハリー・チャンドラーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルスでチャンドラーは、果樹園で働き始めたが、その傍ら小規模な配送事業を起業した。この事業は、やがて市内の朝刊の配達を数多く手がけるようになり、これをきっかけにチャンドラーは『ロサンゼルス・タイムズ』紙の発行人であったハリソン・グレイ・オーティス(Harrison Gray Otis)の知遇を得た。オーティスはこの起業家精神に満ちた青年を気に入り、チャンドラーを『ロサンゼルス・タイムズ』紙の総支配人に抜擢した。チャンドラーの最初の妻は、出産の折に死亡していたが、やがてチャンドラーはオーティスの娘マリアン・オーティス(Marian Otis)と結婚した。1917年にオーティスが亡くなると、チャンドラーは『ロサンゼルス・タイムズ』紙の発行人として経営を掌握し、同紙をアメリカ合衆国西部で最高の新聞に変革した。チャンドラー指揮下の1920年代の絶頂期に、『ロサンゼルス・タイムズ』は3年連続して、全米のどの新聞よりも多い、最高の広告出稿を広告紙面と案内広告の量で達成した。ハリー・チャンドラー フレッシュアイペディアより)

  • シャナ・グラント

    シャナ・グラントから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Los Angeles Times, The Death of Colleen by Michael London, May 6, 1984, Pg. R3-Pg. R9.シャナ・グラント フレッシュアイペディアより)

  • インランド・エンパイア (カリフォルニア州)

    インランド・エンパイア (カリフォルニア州)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    アメリカ合衆国国勢調査局は「リバーサイド・サンバーナーディーノ・オンタリオ都市圏」をリバーサイド郡とサンバーナーディーノ郡で構成される地域と定義している。この定義では面積が27,000平方マイル (70,000 km?) となり、ロサンゼルス大都市圏の一部となっている。地域内には400万人以上の人口があり、州内では第3位、国内では第13位となっている。しかし、地域人口の大半は南西隅に集中しており、ロサンゼルス都市圏に隣り合わせている。「ニューヨーク・タイムズ」と「ロサンゼルス・タイムズ」紙は前述の2郡をインランド・エンパイアとして定義しているが、ビクター・バレー、コーアチェラ・バレーおよびテメキュラ・バレーのような2郡の中の地域ではインランド・エンパイアとは別の地域だと考えている。インランド・エンパイア (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • J・マイケル・ストラジンスキー

    J・マイケル・ストラジンスキーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    サンディエゴ州立大学で出会ったキャスリン・M・ドレナンと共に1981年4月1日にロサンゼルスに移住(1983年に結婚)。テレビ界への進出を計画すると同時に本の執筆に取り組んだ。ロサンゼルスでは、The Los Angeles Herald-Examiner、ロサンゼルス・タイムズ、The Los Angeles Reader、TV-Cable Week、ピープル誌向けに文章を書き、1983年、テレビアニメ He-Man and the Masters of the Universe の脚本を書いてそのプロデューサーに認められ、テレビ脚本家としての活動を始めた。J・マイケル・ストラジンスキー フレッシュアイペディアより)

  • マイティ・ソー (映画)

    マイティ・ソー (映画)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2010年7月、『ロサンゼルス・タイムズ』は本作と『キャプテン・アメリカ』の2作が3D映画として公開予定であると報じた。プロデューサーのケヴィン・フィージによると、撮影では3Dカメラを使わないが、特殊効果ははじめから3Dとして製作される。マイティ・ソー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • ¿Por qué no te callas?

    ¿Por qué no te callas?から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    この一件に関する南米諸国の対応も分かれ、ブラジルのルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルヴァ大統領はチャベス大統領を擁護したのに対し、ペルーのアラン・ガルシア大統領やエルサルバドルのアントニオ・サカ大統領はフアン・カルロス1世国王を支持した。ロサンゼルス・タイムズも「がさつで礼儀知らずのチャベス大統領と、他国の国家元首を見下すフアン・カルロス1世国王のどちらが悪いとは言えない」という社説を載せ、ワシントン・ポストは「いまスペイン語圏は大きな混乱の渦の中にある。フアン・カルロス1世国王は各国の首脳たちに『(どちらを支持するかについて)どうして君は喋らないのかね?』と聞いて回る必要がある」とフアン・カルロス1世の発言を利用して風刺した。¿Por qué no te callas? フレッシュアイペディアより)

  • フィリップ・K・ディック

    フィリップ・K・ディックから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Multi-part article series on Philip K. Dick published by the Los Angeles Timesフィリップ・K・ディック フレッシュアイペディアより)

  • ズハイル・ターリブ・アブドゥッ=サッタール・アッ=ナキーブ

    ズハイル・ターリブ・アブドゥッ=サッタール・アッ=ナキーブから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    投降する数週間前に、ズハイルは米紙「ロサンゼルス・タイムズ」とのインタビューに応じ、旧政権時代を振り返った。36年間イラク軍に勤めている間、自分は『ただ命令に従ってきた。それが軍だった。ある地位から別の地位に動くだけ』と答え、『私は命令に従っていただけだ。しかし、私が政権を信じていたかどうかという質問には答えない』とした。ズハイル・ターリブ・アブドゥッ=サッタール・アッ=ナキーブ フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ギブニー

    アレックス・ギブニーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ニューズウィーク、ロサンゼルス・タイムズ、ニュー・リパブリック、シカゴ・リーダー、サンフランシスコ・クロニクルなどに寄稿している。アレックス・ギブニー フレッシュアイペディアより)

  • レナード・フェザー

    レナード・フェザーから見たロサンジェルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロンドンにおいて、厳格な国教会信者の、上位中流階級のユダヤ人の家庭に生まれる。正式な音楽教育は受けなかったが、ピアノやクラリネットを演奏するようになり、十代後半にはすでにジャズや映画についての文章を手懸けていた。21歳で初めて渡米し、イギリスやアメリカでレコード・プロデューサーとして働いた後、1939年にニューヨーク・シティに定住する。1960年にロサンジェルスに移住して、歿年まで『ロサンジェルス・タイムズ』紙の首席ジャズ評論家を務めた。80歳でカリフォルニア州のシャーマン・オークスにて永眠。レナード・フェザー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
183件中 1 - 10件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード