322件中 91 - 100件表示
  • グレイス・アンダー・プレッシャー (ジョン・スコフィールドのアルバム)

    グレイス・アンダー・プレッシャー (ジョン・スコフィールドのアルバム)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Scott Yanowはオールミュージックにおいて5点満点中4点を付け「10曲ともスコフィールドのオリジナル曲だが、フリゼールは多彩なサウンドとエキセントリックなソロによって、しばしば完全に主役を食っている」と評している。また、Bill Kohlhaaseは1992年5月31日付の『ロサンゼルス・タイムズ』紙で4点満点中3.5点を付け「驚くほど温かみのある会合」「この先進的なデュオから予想される曲よりも、ずっとリラックスしており計算されている」と評している。グレイス・アンダー・プレッシャー (ジョン・スコフィールドのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ベーコン・アイスクリーム

    ベーコン・アイスクリームから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    このアイスクリームはロサンゼルス・タイムズでも大変な議論を呼んだ。フードライターのノエル・カーターはこの料理を完璧だと表現したが、健康欄では心臓バイパスの写真を添えた「ベーコンアイスクリーム。良いことは何もない」という見出しがついたからである。デラウェア州のアイスクリームメーカー「アダー・ディライト」のチップ・ハーンもベーコン・アイスクリームを作っているが、これは客引きの意味もあるようで、食べに来た客にはどの味でも試せると看板を出している。ハーンは自分のアイスクリームが他店でよくある味とは差別化できていると語っていて、実際ベーコン・アイスクリームを試食しに来た客の多くが他の味のアイスも買って帰るという。ベーコン・アイスクリーム フレッシュアイペディアより)

  • オンライン新聞

    オンライン新聞から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2006年の時点で、新聞社のウェブサイトは多くが無料で内容を提供しており、ウェブサイトから収益を上げていると主張する新聞はほとんど存在していなかった。日刊新聞の利益が圧縮され、発行部数も減少する中で、閲覧者に閲読料金を課することなく、ウェブサイトから収入を得る、新たな手法が模索された。しかし、その答えを見出すのは困難であった。特化した読者層をもつ『ウォール・ストリート・ジャーナル』や『The Chronicle of Higher Education』などは、閲読料金を徴収することに成功した。『ロサンゼルス・タイムズ』、『ワシントン・ポスト』、『USAトゥデイ』、『ニューヨーク・タイムズ』などをはじめ、ほとんどの新聞は、現在はオンライン版をもっている。オンライン新聞 フレッシュアイペディアより)

  • ワン・フロム・ザ・ハート

    ワン・フロム・ザ・ハートから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    本国アメリカでは『ニューヨーク・タイムズ』『ロサンゼルス・タイムズ』『ヴァラエティ』『ヴィレッジ・ヴォイス』等の大手メディアに批判される。一方、イギリスやフランスではアメリカほどの悪評ではなく、イギリスの音楽雑誌NMEでは「この映画を嫌う者は冷たい心の持ち主」という好意的なレビューが掲載された。ワン・フロム・ザ・ハート フレッシュアイペディアより)

  • タミ宣教会

    タミ宣教会から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    李牧師は、1987年に『』(「近づく未来に備えよ」の意)という本を書いて、予言の概要を公表し、タミ宣教会は『ロサンゼルス・タイムズ』と『ニューヨーク・タイムズ』にその広告を出した。タミ宣教会 フレッシュアイペディアより)

  • マーシー (スティーヴ・ジョーンズのアルバム)

    マーシー (スティーヴ・ジョーンズのアルバム)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Ralph Heibutzkiはオールミュージックにおいて5点満点中2.5点を付け、タイトル曲、「レイニング・イン・マイ・ハート」、「プレジャー・アンド・ペイン」に関して「ジョーンズが驚くほど熟達したバラード・ライターであることを証明した」とする一方、「サイド2では問題点が山積みになり始めている」と評している。また、デニス・ハントは1987年5月31日付の『ロサンゼルス・タイムズ』紙において「驚くべきことに、攻撃的でもアグレッシヴでも大胆不敵でもない。何曲かはかなりハードにロックしているが、全体的にはむしろ物悲しい」と評している。マーシー (スティーヴ・ジョーンズのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • アントン・ラヴェイ

    アントン・ラヴェイから見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    1967年2月1日、急進的ジャーナリストジョン・レイモンドと、ニューヨーク市在住のソーシャライトであるジュディス・ケースとの、サタニズム式結婚式が悪魔教会主催で開か、その際、ロサンゼルスタイムズとサンフランシスコ・クロニクルといった新聞紙は、ラヴェイを暗黒教皇として報道した。アントン・ラヴェイ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・シャラート

    ウィリアム・シャラートから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1922年、カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれる。父親のエドウィン・フランシス・シャラートは、ロサンゼルス・タイムズの演劇批評家として知られ、母親のエルザ・エミリー・シャラートは、ラジオ局のホストおよび雑誌ライターだった。南カリフォルニア大学に在学していた頃から学生演劇をはじめ、1946年には、チャールズ・チャップリンの息子で俳優として知られるシドニー・チャップリン率いるサークル・シアターに参加し、舞台で経験を積んだ。ウィリアム・シャラート フレッシュアイペディアより)

  • トウガラシスプレー

    トウガラシスプレーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    目への影響は後遺症が残ることなく、無害であると結論した調査報告が発表されている。しかし、ロサンゼルス・タイムズは1995年6月に、トウガラシスプレーの警察使用によると思われる死者が1990年以降少なくとも61人に上るとの発表をした。過剰な噴射を受けて呼吸困難等を引き起こしたための死である可能性がある。トウガラシスプレー フレッシュアイペディアより)

  • フレネミー

    フレネミーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    LA Times: Google an ally, not a threat, media exec says - ロサンゼルス・タイムズ. 2007年1月8日.フレネミー フレッシュアイペディアより)

322件中 91 - 100件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード