183件中 91 - 100件表示
  • ビルマ公路

    ビルマ公路から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Los Angeles Times, "Burma's Stilwell Road: A backbreaking WWII project is revived", December 30, 2008.ビルマ公路 フレッシュアイペディアより)

  • エンリケ・イグレシアス

    エンリケ・イグレシアスから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2000年3月13日までマネージャーを務めたフェルナン・マルティネスによると、イグレシアスの成功のために、エルビス・プレスリーやフランク・シナトラのマネージャーの戦略を真似て、事前にファンにスケジュールを伝えて行く先々でイグレシアスを囲ませたり、ラジオ局に電話をかけさせたという。またロサンゼルス・タイムズに掲載してもらうために、編集者の自宅をつきとめ近所にエンリケ・イグレシアスの大きな宣伝看板を建てたという。このようにメディアがイグレシアスを無視できないように仕向けていたことを告白した。また有料のコンサートより無料のイベントやチャリティーショーに出演する方がプロモーションとしては効果が高い場合があると語っている。また、イグレシアスがリムジンで乗り付けるよりもタクシーに乗ることを好み、シャンパンよりも水、キャビアよりもマクドナルドが好きだと語っている。そしてイグレシアスは非常に自己抑制力に優れた人間で、唯一の問題は早寝早起きだったと暴露している。早起きが苦手なのは、イグレシアス本人もハロッズ・バーゲン初日の早朝イベントに参加した際に認めている。しかし、これは8枚目のアルバムのタイトルにもなっている不眠症が原因とも見られ、2007年5月のエル・パイスのインタービューでは、ぐっすり眠ったことがなく睡眠薬を飲んでいると語った。エンリケ・イグレシアス フレッシュアイペディアより)

  • パイオニア探査機の金属板

    パイオニア探査機の金属板から見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    フランク・ドレイクによると、この金属板に描かれた人間が裸であることについて多くの否定的な反応があった(Sagan, 1978)。シカゴ・サンタイムズは男女の絵の性器を隠すように画像を修正して掲載した。ロサンゼルスタイムズは、NASAは宇宙に猥褻画を送るために納税者の金を浪費したと非難する読者からの「怒りの手紙」を受け取った。パイオニア探査機の金属板 フレッシュアイペディアより)

  • スー・シルベスター

    スー・シルベスターから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    評論家たちから絶賛されており、『ロサンゼルス・タイムズ』のメアリー・マクナマラは「リンチ1人だけで『glee/グリー』を見る価値が生まれる」と評した。また『エンターテインメント・ウィークリー』のケン・タッカーはスーを「偉大なブロードウェイミュージカルの悪役が茶の間へ進出した」と称えた。2011年1月16日、リンチはゴールデングローブ賞助演女優賞をスー役で獲得、同じくエミー賞コメディ部門助演女優賞でも獲得した。スー・シルベスター フレッシュアイペディアより)

  • チャルマーズ・ジョンソン

    チャルマーズ・ジョンソンから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2010年5月6日付けロサンゼルス・タイムズ読者欄に「新たな沖縄での闘い」と題して、普天間基地移設問題に関し“米国は傲慢ぶりをやめて、普天間(のアメリカ海兵隊部隊)を米本土に戻すべきだ”とする主張を投稿。「私は憶病な鳩山由紀夫首相よりも、傲慢な米政府を非難する。基地を維持することに取り憑かれ、受け入れ国のことを顧みない」と指摘し、「普天間の返還とともに、米国は沖縄の人々に対して65年間もの辛抱に感謝すべきだ」と述べている。チャルマーズ・ジョンソン フレッシュアイペディアより)

  • オリアーナ・ファラーチ

    オリアーナ・ファラーチから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    フェルッチオ・デ・ボルトリ(コリエーレ・デラ・セラ紙の元編集長)は彼女を「我々の最も有名な女性作家」と呼んだ。ロサンゼルス・タイムズ紙は彼女を「事実上世界の誰もが否定しないジャーナリスト」と評した。オリアーナ・ファラーチ フレッシュアイペディアより)

  • X-メン (映画シリーズ)

    X-メン (映画シリーズ)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    レイノルズは、自分とドナーと20世紀フォックスはデッドプールをコミックに忠実なままにしようとしていることを強調し、「スタジオは脚本に取り組んでおり、監督を探している」と20097月に説明した。2009年9月、ドナーはデッドプールの作者のは映画の方向性について議論した。ドナーは映画について「『ウルヴァリン』のデッドプールを無視して、もう一度最初からやり直す。リブートする」と述べ、また、コミックのそれと同じく第四の壁を壊すと語った。2010年1月にとが脚本に雇われた。2010年6月にロバート・ロドリゲスに脚本の初期草案が送られた。『ロサンゼルス・タイムズ』はロドリゲスとフォックスがいくつかのキーポイント上で交渉したことを報じたが、ロドリゲスは『スパイキッズ4D:ワールドタイム・ミッション』が終わるまで『Deadpool』の撮影が始められないと述べた。ロドリゲスとの交渉が決裂した後、が監督の最有力候補となった。レイノルズはまだ関与しており、2012年に撮影が始まる予定であった。2011年4月8日、VFXのスペシャリストのティム・ミラーが監督することが発表された。X-メン (映画シリーズ) フレッシュアイペディアより)

  • ケシャ

    ケシャから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    「ティック・トック」で披露した様なシンガーソングラップスタイルで知られている。『ニューヨークタイムズ』のJon Caramanicaは歌の成功は「白人女性ラッパーのポップスへの完全で痛くない同化」を意味すると宣言した。『ロサンゼルス・タイムズ』のアン・パワーズはケシャの声のスタイルをL'Trimmとソルト・ン・ペパーのそれと比較した。彼女は1枚目のアルバム『アニマル』においてオートチューンとヴォコーダーを使ったことを批判された。ケシャは自身の音楽が「より重大なもの」とは対照的に不敬であると述べ、自身がアルバム『アニマル』の為にポップスを制作したという決定を擁護した。彼女はこのことについて、「人々に喜びをもたらす何かを与えたかった」と説明した。彼女の音楽のジャンルはダンスポップであり、そこにエレクトロ・ポップの要素を取り入れている。ケシャ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーインド代表

    サッカーインド代表から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    インド代表はかつてはアジアの強豪国の一つに数えられていた。1950年ブラジルワールドカップアジア予選にエントリーした3カ国のうち(当時、アジアは第二次世界大戦後で、植民地から独立した国は国家建設に忙しく、その他の国も戦後の復興で余裕が無かった)、ビルマ(現ミャンマー)とフィリピンが予選を棄権した為、1950年ブラジルワールドカップ(W杯)本大会出場権を得た。ところが、裸足での参加を国際サッカー連盟(FIFA)に拒否されたという理由で、大会直前に参加を辞退した。その後、1952年ヘルシンキ五輪(ヘルシンキ五輪ではインド代表が出場し、裸足でプレーした)の後、サッカー競技規則第4条競技者の用具の項でシューズ着用義務が明確に規定されるようになった。このように長年にわたって、裸足でのプレーを拒まれたため、インドが1950年のワールドカップを棄権したものと考えられてきたが、2011年のロサンゼルス・タイムズ紙の調査で、「一番の大きな理由は、当時のインドにとっては、オリンピックのみが重要で、FIFAワールドカップの重要性を認識していなかった財政難のインドサッカー連盟(AIFF)がオリンピックに集中したかった為」と判明した(もう一つの棄権理由だったブラジルワールドカップの旅費も、実際はW杯組織委員会が大部分を負担すると約束していたことが分かっている)。サッカーインド代表 フレッシュアイペディアより)

  • ロス疑惑

    ロス疑惑から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス市警は1月14日に記者会見し、三浦がDを殺害した容疑者だったと結論づける捜査結果を公式に発表した。三浦の弁護側はロサンゼルス・タイムズ紙に「死人に鞭打つとは滅多にない話だ」とコメントしている。ロス疑惑 フレッシュアイペディアより)

183件中 91 - 100件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード