183件中 11 - 20件表示
  • アメリカ合衆国における人体実験

    アメリカ合衆国における人体実験から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズは、1950年代から72年ごろまで、核戦争勃発を想定した被曝兵士の継戦能力を調べる目的で、シンシナティ大学の研究者が治療費を払えないがん患者80人余に大量の放射線を浴びせる実験を行ったと1994年に報じた。当時、25レム(=250ミリシーベルト)以上の照射は骨髄に危険と考えられたが、一部の患者にはこの10倍も照射され、アメリカ国防総省への実験報告に「実験で8人の死期が早まった可能性がある」「200レム(=2000ミリシーベルト)までの被曝線量であれば継戦能力はかなり維持できる」と記されたという。同紙の2007年の報道によると、Eugene Saenger博士は、1960-71年、アメリカ国防総省の予算を得て、シンシナティ大学医療センターで、90人以上の貧しい黒色アメリカ人に対し全身放射線実験を行った。彼は同意書を偽造し、本人たちに知らせないまま100ラド(1000ミリシーベルトに相当)の放射線を照射した。その結果、激痛、吐き気、鼻や耳からの出血をもたらし、8?20人がこれにより死亡した。アメリカ合衆国における人体実験 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイムズ・グラスマン

    ジェイムズ・グラスマンから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1993年7月から2004年7月までワシントン・ポスト紙で投資コラムニスト。政治経済に関する論説コラムも執筆。ウォールストリート・ジャーナル、ロサンゼルス・タイムズ、フォーブス、その他の刊行物にも記事を寄稿。アトランティック (雑誌)社長、ニュー・リパブリック発行者、USニューズ&ワールド・レポート取締役副社長、ロール・コール編集長兼共同オーナーを歴任。ジェイムズ・グラスマン フレッシュアイペディアより)

  • レナード・ウィバーリー

    レナード・ウィバーリーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ダブリンに生まれる。父はクイーンズ大学ベルファスト農学教授のトーマス・ウィバーリー(Thomas Wibberley)。9歳の時に一家でロンドンに移る。16歳の時に父が亡くなったために、出版社で働くことになり、サンデー・ディスパッチ紙、デイリー・ミラー紙で見習いなどをした後、工員や皿洗いなどさまざまな職業を経験する。1943年にアメリカに渡り、ロンドン・イブニング・ニュースの海外特派員、AP通信の編集者などを勤める。1947年にカリフォルニアに移り、ロサンゼルス・タイムズに勤めながら小説の執筆を始める。1952年に最初の小説The King's Beardを発表し、以後ハーモサ・ビーチに住んで作家専業となる。レナード・ウィバーリー フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルズ・タイムズ

    ロサンゼルズ・タイムズから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルズ・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • デービス&デービス

    デービス&デービスから見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    また作品はロサンゼルスタイムズ紙、サンフランシスコクロニクル紙、34 Magazine、ArtUS、Art Papers、7x7 Magazine、SF Weekly、SF Bay Guardian,、LA Weekly、Artweek等の各紙、雑誌で取り上げられる。デービス&デービス フレッシュアイペディアより)

  • 佐野一彦

    佐野一彦から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1990年  “ダイアグノスティック・ウィザードリイ”(ロサンゼルス・タイムズ)でPrint誌主催リージョナル賞 受賞。“パイオニアズ”(ロサンゼルス・タイムズ)でGraphic Design誌主催USA・DESl賞 受賞。佐野一彦 フレッシュアイペディアより)

  • ピューリッツァー賞 ニュース速報報道部門

    ピューリッツァー賞 ニュース速報報道部門から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1998年 ロサンゼルス・タイムズのスタッフ達:ノース・ハリウッドにおいて、警察と打ち合いになった銀行強盗に関する報道に対して。ピューリッツァー賞 ニュース速報報道部門 フレッシュアイペディアより)

  • テラ・ナオミ

    テラ・ナオミから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ナオミは2003年、2004年、2005年に米国で自らまとめた国内ツアーを行ってきた。この際シカゴのザ・アビー、シカゴ・ハウス・オブ・ブルース、ニューヨークのアーヴィング・プラザ、フィラデルフィアのザ・トロカデロ、ダラスのザ・ジプシー・ティー・ルームなどで数日間ずつ公演を行っている。英国での興行は、マンチェスターの「イン・ザ・シティ・フェスティバル」への参加がある。彼女はまたニュース専門局CNBCの番組中に、オンライン上で成功を掴みつつあるアーティストの肖像を描く特集で採り上げられている。ナオミはまたロイターやロサンゼルス・タイムズ、LAウィークリー、ワシントン・ポスト、サロン・ドットコム、英国サンデー・タイムズの記事に採り上げられてきた。テラ・ナオミ フレッシュアイペディアより)

  • バーバラ・グレアム

    バーバラ・グレアムから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    バーバラをモデルにした映像作品は、これまでに2回製作されている。1958年の映画『私は死にたくない』では、スーザン・ヘイワードがバーバラ役を演じてアカデミー主演女優賞を受賞した。この映画においては、強力に彼女の無実を示唆している。しかしながら、この映画は警察がバーバラを逮捕するに至る経緯などに多大なフィクションを含んでいる。ロサンゼルス・タイムズの記者で当時バーバラの裁判を担当していたジーン・ブレイク(Gene Blake)は、この映画について、「死刑廃止運動の劇的で雄弁なプロパガンダである」と評したという。バーバラ・グレアム フレッシュアイペディアより)

  • エルジン・ベイラー

    エルジン・ベイラーから見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    ベイラーはカレッジバスケのトップリーグでも大いに活躍。1956-57シーズンは平均29.7得点20.3リバウンドを記録。平均32.5得点19.3リバウンドを記録した1957‐58シーズンにはシアトル大チーフタンズをNCAAトーナメント決勝へと導いた。決勝では伝説の名将、アドルフ・ラップ指揮するケンタッキー大学と対決。シアトル大は72-84で敗退するが、ベイラーはトーナメントMVPにあたるMost Outstanding Playerを受賞した。シアトル大での2年のプレーで一気に名を挙げたベイラーはついにプロのスカウトからも注目を浴びるようになり、1958年のNBAドラフトではミネアポリス・レイカーズ(後のロサンゼルス・レイカーズ)から全体1位指名される。ベイラーは1955-56シーズンを大学でプレーしていないため、まだ1年間大学でプレー出来る資格を持っており、ベイラー自身シアトル大に残るつもりだった。しかしNBA最初期の1940年代後半から50年代前半にかけて5度の優勝を果たすも、偉大なセンター、ジョージ・マイカン引退後は成績が低迷し、フランチャイズ崩壊の危機に陥っていたレイカーズは、何としてもベイラーと契約を結びたかった。レイカーズはベイラーを熱心に勧誘し、当時としては破格の年2万ドルという契約を提示。彼らの熱意についに折れたベイラーは、1958-59シーズンからのレイカーズ入団を決意した。当時のレイカーズのオーナー、ボブ・ソートは1971年のロサンゼルスタイムズ紙のインタビューで、もしベイラーを獲得できなかったら「クラブは破産していただろう」と語っている。ベイラーの同期にはハル・グリア、ガイ・ロジャーズ、ウェイン・エンブリーらがいる。エルジン・ベイラー フレッシュアイペディアより)

183件中 11 - 20件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード