322件中 11 - 20件表示
  • マイティ・ソー (映画)

    マイティ・ソー (映画)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2010年7月、『ロサンゼルス・タイムズ』は本作と『キャプテン・アメリカ』の2作が3D映画として公開予定であると報じた。プロデューサーのケヴィン・ファイギによると、撮影では3Dカメラを使わないが、ポストプロダクションの段階からステレオDによる3D変換として製作される。マイティ・ソー (映画) フレッシュアイペディアより)

  • マイティ・ソー/ダーク・ワールド

    マイティ・ソー/ダーク・ワールドから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2011年6月、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズが『Thor 2』の公開日を2013年7月26日と予定し、クリス・ヘムズワースがソーを再演し、ブラナーが再び監督しないが、おそらく製作には関与することが報じられた。『ロサンゼルス・タイムズ』は、当初ブラナーは続編に意欲があったが、視覚効果や脚本に関する制約から降板したと報じている。後日、マーベルは1作目の脚本家のひとりであるペインを続編の脚本家として雇った。マイティ・ソー/ダーク・ワールド フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦像

    慰安婦像から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2013年7月10日のロサンゼルス・タイムズ記事(ジャック・ドラン、ジュン・ユン・チョイ記者)によれば、グレンデール市は碑の設置を「市内の韓国系住民への静かな善意」として許可したのであり、碑は慰安婦像の隣に椅子があり、戦時中に8万人から20万人の慰安婦(ほとんどは韓国人女性)が日本軍慰安所に連行され、一日あたり50人の日本兵相手の性労働を強制されたということを記念している。また同記事では、元慰安婦と名乗る姜日出(Kang Il-chuk)の「死ぬまで日本政府と戦う」というインタビューや、「すでにアメリカや国連で受け入れられた慰安婦の物語に対する日本側のバックラッシュは、日本民族の過去の悪行について語られることは外国の力への降伏を意味するという保守的なセンスによるものであり、日本人が外国での慰安婦の物語を非難するのは愛国心を傷つけられるためだ」というUCLA教授ウィリアム・マロッティのコメントが掲載された。慰安婦像 フレッシュアイペディアより)

  • ロサンゼルズ・タイムズ

    ロサンゼルズ・タイムズから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルズ・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • デービス&デービス

    デービス&デービスから見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    また作品はロサンゼルスタイムズ紙、サンフランシスコクロニクル紙、34 Magazine、ArtUS、Art Papers、7x7 Magazine、SF Weekly、SF Bay Guardian,、LA Weekly、Artweek等の各紙、雑誌で取り上げられる。デービス&デービス フレッシュアイペディアより)

  • ジェイムズ・グラスマン

    ジェイムズ・グラスマンから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1993年7月から2004年7月までワシントン・ポスト紙で投資コラムニスト。政治経済に関する論説コラムも執筆。ウォールストリート・ジャーナル、ロサンゼルス・タイムズ、フォーブス、その他の刊行物にも記事を寄稿。アトランティック (雑誌)社長、ニュー・リパブリック発行者、USニューズ&ワールド・レポート取締役副社長、ロール・コール編集長兼共同オーナーを歴任。ジェイムズ・グラスマン フレッシュアイペディアより)

  • The Los Angeles Times

    The Los Angeles Timesから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    The Los Angeles Times フレッシュアイペディアより)

  • アウシュヴィッツ後の反ユダヤ主義―ポーランドにおける虐殺事件を糾明する

    アウシュヴィッツ後の反ユダヤ主義―ポーランドにおける虐殺事件を糾明するから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ポーランド系アメリカ人のシンクタンクであるピャスト協会(Piast Institute)は『アウシュヴィッツ後の反ユダヤ主義―ポーランドにおける虐殺事件を糾明する』に対する世評の分析を行い、「ニューヨーク・タイムズ、ボルチモア・サン、ロサンゼルス・タイムズといった有力紙はいずれも、ポーランドや中東欧の歴史に関する専門的知識が全くないままこの本とその内容について反応し、無批判の賞賛を与えながら反ポーランド主義的レトリックを多大に用いている。」「この本のテーゼを容易に認めることは不可能で、ポーランド人やそのほかの人々の多くはこの本を不公正で偏向したものであると考えている。」としている。ピャスト協会は、有力紙における書評のいくつかは非常に感情的でかつ「中傷的でさえ」あり、ポーランド人とユダヤ人との友好関係に打撃を与えた可能性があると述べている。アウシュヴィッツ後の反ユダヤ主義―ポーランドにおける虐殺事件を糾明する フレッシュアイペディアより)

  • エスター・マッコイ

    エスター・マッコイから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1950年から、死去する1989年に至るまで、マッコイはジョン・エンテンザがロサンゼルスを拠点として出版していた雑誌「アーツ・アンド・アーキテクチュア(A&A)」をはじめ、「アーキテクチャー・フォーラム」、「アーキテクチュラル・レコード」、「プログレッシブ・アーキテクチャー」、さらには「L'Architectura and Lotus」といったヨーロッパの雑誌にもしばしば寄稿した。また、ロサンゼルス・タイムズやロサンゼルス・ヘラルド・イグザミナーといった新聞にも論説を寄せている。エスター・マッコイ フレッシュアイペディアより)

  • レディー・ガガ

    レディー・ガガから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    また、ガガはドナテラ・ヴェルサーチが自身のミューズであると考えていると述べた。ガガの発言を受けて、『ロサンゼルス・タイムズ』のメリッサ・マグサイサイは「ガガがトップとボトムを同時に着ることを嫌悪する。シャンパンをがぶ飲みし油っぽい男性に仰がれているのは、まさにドナテラ風」というコメントをした。レディー・ガガ フレッシュアイペディアより)

322件中 11 - 20件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード