183件中 21 - 30件表示
  • エスター・マッコイ

    エスター・マッコイから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1950年から、死去する1989年に至るまで、マッコイはジョン・エンテンザがロサンゼルスを拠点として出版していた雑誌「アーツ・アンド・アーキテクチュア(A&A)」をはじめ、「アーキテクチャー・フォーラム」、「アーキテクチュラル・レコード」、「プログレッシブ・アーキテクチャー」、さらには「L'Architectura and Lotus」といったヨーロッパの雑誌にもしばしば寄稿した。また、ロサンゼルス・タイムズやロサンゼルス・ヘラルド・イグザミナーといった新聞にも論説を寄せている。エスター・マッコイ フレッシュアイペディアより)

  • サイキック・ニュース

    サイキック・ニュースから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    『サイキック・ニュース』紙のおもな重点は、常に心霊主義関係に置かれており、経営上の所有関係が成立する以前からSNUと強く結び付いているが、同時に、読者の関心を引きそうな多様な主題についても広くカバーするというのが同紙の編集方針であった。例えば、1947年11月には、イングランド国教会のある委員会が1936年当時に心霊主義を支持した際に、国教会が圧力をかけてその報道を封じた、という事実が取り上げられた。この『サイキック・ニュース』紙の調査記事によって、同紙は『ニューヨーク・タイムズ』紙や『ロサンゼルス・タイムズ』紙にも取り上げられるた。サイキック・ニュース フレッシュアイペディアより)

  • マイネットワークTV

    マイネットワークTVから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2006年1月24日にWBの親会社であるタイム・ワーナーと、UPNを運営していたCBSコーポレーションが互いに所有するネットワークを閉鎖し、新たなネットワークを開設することを発表した。そして、新たにCWテレビジョンネットワーク(CW)が開設されることになったが、主にWBに資本参加していたトリビューン社(有力紙シカゴ・トリビューンやロサンゼルス・タイムズの親会社)が保有していたWBの加盟局や、CBSコーポレーションが保有していたUPNの直営局が新しいネットワークの番組を放送することになった。マイネットワークTV フレッシュアイペディアより)

  • ジヌー

    ジヌーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    教会は物語の秘密を守ろうと努力したのだが、詳細は何年にもわたって漏洩してきた。OT III はロバート・カウフマンの1972年出版の著書『サイエントロジーの内部(原題:Inside Scientology)』で初めて明らかになった。カウフマンはその本の中で彼自身のOT III の経験を詳細に語っている。 この本は後にクリアウォーター・サン誌の記事で詳しく取り上げられ、ローレンス・ウォランシェイムによって1985年に協会に対して起こされた訴訟によって、大変な市民の評判を得た。教会は文章を封印するのに失敗し、訴訟をいつも読者に調査させておくように試みたが、物語はロサンゼルス・タイムズ誌に要約され、ウォレンシェイムの裁判で提示された情報を基にしたウィリアム・パウンドストーンの著作『大いなる秘密(原題:Bigger Secrets)』によって詳述された。ウォレンシェイムの訴訟で提供された情報を元にウィリアム・パウンドストーンに『大いなる秘密』という本に詳細に書かれた。1987年、不満を抱く信者による新たな本、『L・ロン・ハバード: 救世主か、狂人か?(L. Ron Hubbard: Messiah or Madman?)』はOT III の最初のページを引用し、残りの内容を要約した。ジヌー フレッシュアイペディアより)

  • グル・モハメッド

    グル・モハメッドから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    この記録に限らず、長さに関する記録では、二次資料によって提示される数値が個々に大きな差異があってどれが正しいものか判断に窮する場合があるが、これは、メートル法とヤード・ポンド法という2種の異なる単位系のどちらに基準が置かれているのか明確でない場合があることと、異なる単位系で示される数値が換算して合致しない場合が多々あることに原因する混乱と思われる。本件の場合、メートル法に基準が置かれているはずであるが、ギネスブックが示す身長の数値 57 cm / 1 ft 10.4 in は微妙に換算数値が合わないのであり、メートル法に基準を置くなら正確には 57 cm / 1 ft 10.44 in、ヤード・ポンド法に基準を置くなら 56.9 cm / 1 ft 10.4 in である。また、ロサンゼルス・タイムズなどが記す数値は端数を削った 22 inであり、これをメートル換算してしまった二次・三次資料では 55.88 cm と大きな誤差が生じてしまっている。グル・モハメッド フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ギルバート

    デビッド・ギルバートから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    また、ミシガン大学教授ジェフリー・ライカー博士は、ショーン・ケインとロサンゼルス・タイムズの記者が急加速の原因をマットではなく、トヨタの電子制御スロットルシステムにあると執拗に主張し、この騒動をつくったが、制御機関に問題はないとした。2011年に、このライカーの見解は、米運輸省の調査で追認された。デビッド・ギルバート フレッシュアイペディアより)

  • パルム・ドッグ賞

    パルム・ドッグ賞から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2002年6月に初めて取り上げられて以来、『ファイナンシャル・タイムズ・ドイチランド』、『シドニー・モーニング・ヘラルド』、『ニューヨーク・タイムズ』、BBC、『ロサンゼルス・タイムズ』、『ABCニュース』などの世界の主要報道機関によって報じられている。パルム・ドッグ賞 フレッシュアイペディアより)

  • アウシュヴィッツ後の反ユダヤ主義―ポーランドにおける虐殺事件を糾明する

    アウシュヴィッツ後の反ユダヤ主義―ポーランドにおける虐殺事件を糾明するから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ポーランド系アメリカ人のシンクタンクであるピャスト協会(Piast Institute)は『アウシュヴィッツ後の反ユダヤ主義―ポーランドにおける虐殺事件を糾明する』に対する世評の分析を行い、「ニューヨーク・タイムズ、ボルチモア・サン、ロサンゼルス・タイムズといった有力紙はいずれも、ポーランドや中東欧の歴史に関する専門的知識が全くないままこの本とその内容について反応し、無批判の賞賛を与えながら反ポーランド主義的レトリックを多大に用いている。」「この本のテーゼを容易に認めることは不可能で、ポーランド人やそのほかの人々の多くはこの本を不公正で偏向したものであると考えている。」としている。ピャスト協会は、有力紙における書評のいくつかは非常に感情的でかつ「中傷的でさえ」あり、ポーランド人とユダヤ人との友好関係に打撃を与えた可能性があると述べている。アウシュヴィッツ後の反ユダヤ主義―ポーランドにおける虐殺事件を糾明する フレッシュアイペディアより)

  • エンシノ (ロサンゼルス)

    エンシノ (ロサンゼルス)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2009年にロサンゼルス・タイムズ紙が行った「マッピングL.A.」プロジェクトによると、人口は41,905人、年収の中央値は78,529ドルであった。エンシノ (ロサンゼルス) フレッシュアイペディアより)

  • トリビューン・カンパニー

    トリビューン・カンパニーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    トリビューン・カンパニー(Tribune Company)はイリノイ州シカゴに本社を置く新聞社である。現在はシカゴ・トリビューンをはじめ、ロサンゼルス・タイムズ、ハートフォード・クーラント、オーランド・センティネル、サウスフロリダ・サン=センティネル、ボルティモア・サン、モーニング・コールを発行している。トリビューン・カンパニー フレッシュアイペディアより)

183件中 21 - 30件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード