322件中 21 - 30件表示
  • ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ

    ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2010年7月1日、『バラエティ』誌はジェイ・レノ復帰後の『ザ・トゥナイト・ショー』が1992年以降最低の視聴率であることを報じた。2010年9月まで『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ』は『ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・コナン・オブライアン』よりも視聴率が下がってしまった。NBCの視聴率専門家のTom Bierbaum は司会者が時代に合っておらず、オブライアンとレノとの交替劇が影響しているとし、視聴率低下は「全く驚くべきことではない」と語った。2010年10月、レノが復帰して初めて裏番組のデイヴィッド・レターマンが視聴率で追い抜いた。2011年5月までにレノの『ザ・トゥナイト・ショー』は視聴率で巻き返し、以降持続している。しかしながら2012年8月まで『ロサンゼルス・タイムズ』紙は『ザ・トゥナイト・ショー』はいくつかの問題を抱えており、その最大のものはNBCの経済危機であると報じた。レノは給料の減額を申し出たが、少なくとも24名のスタッフが解雇された。2013年3月、レノの現在の契約が切れる2014年に、オブライアンの後任で『レイト・ナイト・ウィズ・ジミー・ファロン』の司会のジミー・ファロンがレノの後任となり、40年ぶりにニューヨークで収録されるようになるのではないかとの噂が浮上した。2013年5月13日、NBCは正式にファロンがレノの後任となり、セス・マイヤーズがファロンの後任となることを発表した。ザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノ フレッシュアイペディアより)

  • LA Times

    LA Timesから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    LA Times フレッシュアイペディアより)

  • コピーライト・トロール

    コピーライト・トロールから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    という新聞を発行する米国のメディア企業は、2010年、同紙の過去記事多数の著作権をRighthaven(ライトヘイヴン)なる会社にライセンスする契約を締結した。Righthavenはこの著作権を基に当該記事をサイト上に無断転載したブロガーやその他ライターらに対し法定損害賠償を求め提訴した。このことが明らかになった後、一部の評論家は同社の行為はコピーライト・トロールの所業であると懸念を表明した。この事件に対し、電子フロンティア財団が被告らを支援すると申し出たのに加え、ザ・ロサンゼルス・タイムズ、ブルームバーグ・ニュース、Wired News、、ザ・ウォール・ストリート・ジャーナル、及びザ・などその他多数の新聞、ニュース・ブログでも取り上げられた。コピーライト・トロール フレッシュアイペディアより)

  • 石川真禧照

    石川真禧照から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2006年、アメリカ合衆国の有力日刊紙において自説が紹介された。日本で開業したレクサスを紹介するロサンゼルス・タイムズの記事中で石川は、「(レクサスは)不人気なトヨタ車の名前を変えただけのもの」「購入者は40歳以上で、田舎の小企業の社長」「彼らとて本当はBMWやベンツが欲しいのだが、トヨタとの取引があるために買えない」と解説、さらにレクサス・LS460を運転した感想として「トヨタはドライビングのなんたるかを学ぶべきだね」と批判している。石川真禧照 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ドゥーリトル

    ジョン・ドゥーリトルから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    選挙地盤は盤石とは言えず、2006年1月よりロサンゼルス・タイムズが連邦預金保険公社(FDIC)に対する監査の強化に反対する立場よりドゥーリトルが元下院院内総務のと共に圧力を懸けたのではないかとのキャンペーン報道を開始して以降は資金集めに苦慮し、同年の中間選挙に際してはブッシュ大統領を応援演説に招聘している。この年の中間選挙ではポンボが落選したのに対しドゥーリトルは民主党候補の猛追を振り切って辛くも再選したが、2007年4月19日にバージニア州の自宅がFBIの強制捜査を受けるに至り下院の歳出委員を辞任。2008年の大統領選挙に伴う下院選挙では公認を得られず、に選挙区を譲ることとなった。ジョン・ドゥーリトル フレッシュアイペディアより)

  • LOST: Missing Pieces

    LOST: Missing Piecesから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    『LOST』の第2シーズン序盤が放送されていた2005年11月、各話数分、計22話のモビソードを同年12月に製作し、2006年1月に公開する構想が『ハリウッド・リポーター』により報じられた。さらにZap2itは第2シーズンのDVDセットに収録され、そのうち6話がDVD限定となることを報じた。テレビシリーズとは異なり、ABCスタジオ(当時は「タッチストーン・テレビジョン」)は製作せず、また全米俳優組合に所属していない俳優が出演する予定であったが、一方でデイモン・リンデロフとカールトン・キューズの指揮下で製作されるのはテレビと同様である。『LOST』の30人以上の背景キャラクターについてのファンからの問い合わせに答えて、『Lost Video Diaries』ではこれまで紹介されなかったオーシャニック航空815便生存者のうち2人に焦点を当てる自己完結型の物語として企画された。『ロサンゼルス・タイムズ』は2006年1月(当初シリーズが開始される予定だった月)にモビソードはベライゾン・ワイヤレスからで初放送され、各話2分となることを報じた。ベライゾンはモビソードのためにABCに最終的に40万ドルを支払う。LOST: Missing Pieces フレッシュアイペディアより)

  • デショーン・ジャクソン

    デショーン・ジャクソンから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズよりカリフォルニア州南部における最優秀選手に贈られるグレン・デービス賞を受賞した。また野球でも活躍しタンパベイ・レイズ、フィラデルフィア・フィリーズからスカウトされた。デショーン・ジャクソン フレッシュアイペディアより)

  • ラロ・アルカラス

    ラロ・アルカラスから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2002年11月から、ロサンゼルス・タイムズはじめ全米各紙60紙以上に掲載されているラティーノ系風刺漫画「La Cucaracha」(ラ・クカラチャ/ザ・ゴキブリ)連載開始。ラロ・アルカラス フレッシュアイペディアより)

  • エンジェル・オン・ホースバック

    エンジェル・オン・ホースバックから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    アメリカ合衆国では1890年代の半ばから末あたりに登場する。1896年のニューヨーク・タイムズが最も初期のものであり、アペタイザーとして紹介されている。ニューヨーク・タイムズによればドイツ皇帝の料理人であったUrbain Duboisが創作したとされる。ここではカイエンペッパーをまぶし串焼きにするようになっている。レモンとパセリを付け合せるが、トーストには乗せない。1930年代にピクニックのお勧めメニューとして挙げられ、 1948年には再度アペタイザーとされている。1950年代にシカゴ・トリビューンや、ロサンゼルス・タイムズなどアメリカの新聞で特集された。エンジェル・オン・ホースバック フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国における人体実験

    アメリカ合衆国における人体実験から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズは、1950年代から72年ごろまで、核戦争勃発を想定した被曝兵士の継戦能力を調べる目的で、シンシナティ大学の研究者が治療費を払えないがん患者80人余に大量の放射線を浴びせる実験を行ったと1994年に報じた。当時、25レム(=250ミリシーベルト)以上の照射は骨髄に危険と考えられたが、一部の患者にはこの10倍も照射され、アメリカ国防総省への実験報告に「実験で8人の死期が早まった可能性がある」「200レム(=2000ミリシーベルト)までの被曝線量であれば継戦能力はかなり維持できる」と記されたという。同紙の2007年の報道によると、Eugene Saenger博士は、1960-71年、アメリカ国防総省の予算を得て、シンシナティ大学医療センターで、90人以上の貧しい黒色アメリカ人に対し全身放射線実験を行った。彼は同意書を偽造し、本人たちに知らせないまま100ラド(1000ミリシーベルトに相当)の放射線を照射した。その結果、激痛、吐き気、鼻や耳からの出血をもたらし、8?20人がこれにより死亡した。アメリカ合衆国における人体実験 フレッシュアイペディアより)

322件中 21 - 30件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード