183件中 31 - 40件表示
  • タナ・フレンチ

    タナ・フレンチから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2007年 ロサンゼルス・タイムズ Book Prize(ミステリー・スリラー部門)最終候補タナ・フレンチ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ドゥーリトル

    ジョン・ドゥーリトルから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1980年、カリフォルニア州議会上院議員に初当選する。1990年の中間選挙でカリフォルニア州第14選挙区より出馬して初当選し、1992年の大統領選挙に伴う下院選挙以降はカリフォルニア州第4選挙区へ「国替え」を行っているが選挙地盤は盤石とは言えず、2006年1月よりロサンゼルス・タイムズが連邦預金保険公社(FDIC)に対する監査の強化に反対する立場よりドゥーリトルが元下院院内総務のと共に圧力を懸けたのではないかとのキャンペーン報道を開始して以降は資金集めに苦慮し、同年の中間選挙に際してはブッシュ大統領を応援演説に招聘している。この年の中間選挙ではポンボが落選したのに対しドゥーリトルは民主党候補の猛追を振り切って辛くも再選したが、2007年4月19日にバージニア州の自宅がFBIの強制捜査を受けるに至り下院の歳出委員を辞任。2008年の大統領選挙に伴う下院選挙では公認を得られず、に選挙区を譲ることとなった。ジョン・ドゥーリトル フレッシュアイペディアより)

  • 全国紙

    全国紙から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    日本で言うところの「全国紙」とは概念が少し違い(99パーセントが地方紙)、記事が全米規模で配信され"National newspaper"(全国的な新聞)とおおよそ呼ばれているのはUSAトゥデイ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、クリスチャン・サイエンス・モニター、ロサンゼルス・タイムズなどである。このうち、特定地方・都市に偏らず全米の読者を対象としているのはUSAトゥデイと経済紙のウォール・ストリート・ジャーナルのみ。全国紙 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ホーガン

    ジョン・ホーガンから見たロサンジェルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ジョン・ホーガン(John Horgan、1953年? )は、アメリカ合衆国の科学ジャーナリスト。英語圏の科学雑誌に数多くの記事を寄稿している。サイエンティフィック・アメリカン、ニューヨーク・タイムズ、タイム、ニューズウィーク、ワシントン・ポスト、ロサンジェルス・タイムズ、ニューリパブリック、Slate、Discoverといった雑誌に原稿を寄稿している。書籍も複数執筆しており、その一部は日本語に翻訳されている。1986年から1997年までサイエンティフィック・アメリカン誌の編集委員(senior writer)を務めた。ジョン・ホーガン フレッシュアイペディアより)

  • コーアチェラ・バレー

    コーアチェラ・バレーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    新聞では、ガネット・カンパニーが所有する「ザ・デザート・サン」が地元日刊紙である。「ロサンゼルス・タイムズ」も販売されている。「ザ・デザート・バレー・スター・ウィークリー」は唯一の独立系週刊紙であり、無料で500か所以上で配布されている。地元で最も知られた出版物「パームスプリングス・ライフ」はバレーの裕福で有名なエリート層に読まれており、コーアチェラ・バレーやアメリカ合衆国西部全体の都市部で読まれている。多くの定期刊行物が地域のLGBT社会で読まれている。例えば「ザ・ボトムライン・マガジン」や「イン・マガジン」である。パームスプリングスは多くのデスコア・フェスティバルやバンドがあることでも知られている。コーアチェラ・バレーには若者社会向けに確立されたアートブログであるThe Coachella Valley Art Scene Blogがある。コーアチェラ・バレー フレッシュアイペディアより)

  • カリフォルニア州の歴史

    カリフォルニア州の歴史から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1910年、ロサンジェルスはまだ任意加入の状態であり、北部の雇用者はサンフランシスコも新たに任意加入とするよう脅しを掛けた。これに反応した労働者は1910年6月に代表を南部に送った。ロックアウトで仕事が無くなった金属業労働者1,200人に全国的まとめ役が派遣された。その後にロサンゼルスの労働者組織化を何年間も挫折させる出来事が起こった。1910年10月10日、「ロサンゼルス・タイムズ」印刷所で爆弾が破裂し、21人の労働者を殺した。カリフォルニア州の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • グレゴリー・ウォルコット

    グレゴリー・ウォルコットから見たロサンジェルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ウォルコットは『プラン9』への出演を長い間後悔していたが、2000年9月10日のロサンジェルス・タイムズのインターヴューに、「何かで覚えられているほうが何もないよりずっとましだと思わないかい?」と答えている。グレゴリー・ウォルコット フレッシュアイペディアより)

  • ローラ・ボー

    ローラ・ボーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ボーの美貌や当時としては斬新なファッションはかなりの評判を呼び、1971年にロサンゼルス・タイムズの「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」、1972年にはゴルフダイジェストの「モスト・ビューティフル・ゴルファー」に選ばれた。クリオ賞を獲得したコルゲート・ウルトラブライト歯みがきなど、多くのCMにも出演。しかしゴルフより外見が注目される状況に長年悩む事にもなった。ローラ・ボー フレッシュアイペディアより)

  • ルーベン・サラサール

    ルーベン・サラサールから見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    59年にはチカーノとしてはじめてアメリカ合衆国のメジャーな雑誌であるロサンゼルスタイムズの記者として正式採用される。69年には同誌に定期連載コラムを掲載するまでになった。また、ロサンゼルスのテレビ局KMEXでスペイン語放送リポーター及びディレクターを務めたが、70年、チカーノ・モラトリアムがベトナム戦争反対を謳って行進した際、それを取材しようとレストラン「シルバー・ダラー・カフェ」に陣取っていたところ警察に暗殺された。ルーベン・サラサール フレッシュアイペディアより)

  • ニック・ヤング

    ニック・ヤングから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    カリフォルニア州レソダ郊外にあるクリーブランド高校に編入するまでに成績不良により2度の退学を経験したヤングは、卒業するためにSAT試験を3度も受けなければならなかった。高校3年目となった年は平均27.2得点、10.8リバウンドを記録し、2004年のCIF L.A. City Section、ロサンゼルス・タイムズオールシティー1stチーム、サンフェルナンド・バレー1stチームに選ばれた。その年はフィールドゴール成功率57.3%、スリーポイント成功率46.8%、48スティール、41ブロックの成績でクリーブランド高校は通算25勝4敗。HoopScoopでは全米7位にランクされ、2004年のドラフトにエントリーすれば高卒選手ながら上位50位以内の指名は確実と言われていた。ニック・ヤング フレッシュアイペディアより)

183件中 31 - 40件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード