322件中 41 - 50件表示
  • ファミリー・グルーヴ

    ファミリー・グルーヴから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Rose of Sharon Witmerはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「4兄弟の音楽的な才能のみならず、彼ら及び家族が共有している関心や懸念についても巧みに言及している」「彼らのメッセージは、愛や家族の重要性と共に社会的・政治的な正義も伝えるネヴィル家流のゴスペルである」と評している。また、Don Snowdenは『ロサンゼルス・タイムズ』紙において4点満点中3点を付け「この家族のトレードマークすべてが、異なる要素の継ぎはぎではなく、あたかも一つの源泉から湧き出てきたかのように響く」と評している。ファミリー・グルーヴ フレッシュアイペディアより)

  • テレヴィジョン (ドクター・ジョンのアルバム)

    テレヴィジョン (ドクター・ジョンのアルバム)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ドクター・ジョン自身は『ロサンゼルス・タイムズ』紙のインタビューにおいて、本作に関して「長い間かけて初めて、自分のやりたい事を、自分のやりたい方法で録音できるようになった」「例えば"Television"のように、自分の心に訴えかけてくる曲を作れて、本当に幸せに感じたよ」と語っている。テレヴィジョン (ドクター・ジョンのアルバム) フレッシュアイペディアより)

  • ジェットコースター・データベース

    ジェットコースター・データベースから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズ、ロサンゼルス・タイムズ、タイム、フォーブス、シカゴ・サンタイムズなどでも触れられたことがある。ジェットコースター・データベース フレッシュアイペディアより)

  • ラブ・アゲイン (映画)

    ラブ・アゲイン (映画)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロジャー・イーバートは『ラブ・アゲイン』に4つ星中、3つ星を与え、「この映画は心優しい人々による甘いロマンティック・コメディである」と評した。『ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは作品に対して好意的で、5つ星中、4つ星を与え、「『ラブ・アゲイン』は巧妙なバランスが取れた、明るく賢い映画である」と評した。『ロサンゼルス・タイムズ』のベッツィー・シャーキーは5つ分の内4を与え、「この映画は初恋、永遠の愛、失恋と全ての恋の甘くて苦い魔法を思い出させてくれる」と評した。『New in Cinema』のダニエル・サラスは3つ星と少ない星数だったが、「本当のロマンティックとコメディ要素が含まれたロマンティック・コメディ映画である」と称えている。ラブ・アゲイン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • サイキック・ニュース

    サイキック・ニュースから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    『サイキック・ニュース』紙のおもな重点は、常に心霊主義関係に置かれており、経営上の所有関係が成立する以前からSNUと強く結び付いているが、同時に、読者の関心を引きそうな多様な主題についても広くカバーするというのが同紙の編集方針であった。例えば、1947年11月には、イングランド国教会のある委員会が1936年当時に心霊主義を支持した際に、国教会が圧力をかけてその報道を封じた、という事実が取り上げられた。この『サイキック・ニュース』紙の調査記事によって、同紙は『ニューヨーク・タイムズ』紙や『ロサンゼルス・タイムズ』紙にも取り上げられるた。サイキック・ニュース フレッシュアイペディアより)

  • キス・マイ・アクス

    キス・マイ・アクスから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1989年9月にフロリダ州オーランドのプラティナム・ポスト・スタジオでプリプロダクションが行われ、1991年5月にニューヨークでレコーディングされた。前作『ワールド・シンフォニア』がアコースティック・アルバムだったのに対して本作ではエレクトリック色が強調され、当時ディ・メオラは『ロサンゼルス・タイムズ』紙のインタビューにおいて「アコースティックの後にエレクトリックを弾くと、全く異質に感じられるし、アコースティックは技術的に演奏が難しいから、エレクトリックからアコースティックに切り替えるのも本当に大変だよ」と語っている。キス・マイ・アクス フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ワイズ・メン

    ザ・ワイズ・メンから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Isaacson, Walter (December 3, 2006). "Is Baker a 'Wise Man' or a wannabe?". Los Angeles Timesザ・ワイズ・メン フレッシュアイペディアより)

  • エルデスト

    エルデストから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    『エルデスト』はヤングアダルト(ジュブナイル)とファンタジーに分類される。評論家たちはよく『エルデスト』がどのようにファンタジージャンルから思想を取り入れているかについてコメントしている 。また、いくつかのレビューからは著者の作品のスタイルについて賛否両論が上がっている。『ロサンゼルス・タイムズ』は、作品は成熟しているとしている一方、物語中に一貫性が無いことを批判した。『エンターテインメント・ウィークリー』のレビューでは、ストーリーの展開が遅いとして批判的であり、『ワシントン・ポスト』もまた『エルデスト』はもっと短くされるべきとしている。それに対し、バーンズ・アンド・ノーブルはスタイルが「滑らか」だと称し、『チルドレンズ・リテラチャー』は物語が細部まで作り込まれていることを賞賛している。また、米カーカス・レビューは物語をファンタジー要素とキャラクターのパッチワークにたとえ、独創性はあまり無いが非常に面白く、よくまとまっていると結論付けた。エルデスト フレッシュアイペディアより)

  • ギミー・バック・マイ・ブレッツ

    ギミー・バック・マイ・ブレッツから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Stephen Thomas Erlewineはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「彼(トム・ダウド)は残念ながら、少なくともレーナード・スキナードの歴史におけるこの時点においては、バンドと完全に合っていたとは言えない」と評している。なお、ロニー・ヴァン・ザントは1976年10月24日付の『ロサンゼルス・タイムズ』に掲載されたインタビューで、本作の音作りについて「俺達はずっとヘヴィで泥臭かったから、クリーンなレーナード・スキナードのアルバムを作ろうと決めたんだ。曲は良かったけど、ちょっと洗練され過ぎたかな」と語っているが、ダウドに関しては「グループにとって最高の、そしてかけがえのないプロデューサーだと今でも思っている」と称賛している。ギミー・バック・マイ・ブレッツ フレッシュアイペディアより)

  • モスビー (出版社)

    モスビー (出版社)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    元々独立した出版社であったC.V. Mosby社は、1967年にTimes Mirrorに買収される。その後、1998年にはHarcourtが、2000年にリード・エルゼビア(現:レレックス・グループ)が買収し、現在はエルゼビアのインプリントとなっている。モスビー (出版社) フレッシュアイペディアより)

322件中 41 - 50件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード