183件中 41 - 50件表示
  • 中国の汚染タンパク質輸出問題

    中国の汚染タンパク質輸出問題から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    リコールの余波により、消費者の間からメニュー・フーズ社に対して調査を行うことや、連邦政府のペットフードの安全性と品質管理への対処、FDAがリコールへの対応を行うことを促す声が起こった。4月1日に、民主党のディック・ダービン上院議員はFDAのペットフードの調査システムの弱点を指摘した。週の初め、民主党のローザ・デラウロ下院議員は、ペットフードの製造設備の欠陥についてFDAに分析を依頼し、リコールが起こってからは対策がとられてきた。4月6日、ダービン上院議員は連邦政府の人間の食品及びペットフードの検査プロセスを批判し、この問題に関する公聴会の開催を要求した。ロサンゼルス・タイムズのダービン上院議員へのインタビューによると、ダービン上院議員はFDAが国家標準を設定し、ペットフードの生産設備の検査ルールを設けること、また企業による自主回収に頼るのではなく、FDAがリコールを行うことを製造者に指導できるように連邦法を改正することを求めている。中国の汚染タンパク質輸出問題 フレッシュアイペディアより)

  • メープル・ベーコン・ドーナッツ

    メープル・ベーコン・ドーナッツから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルスの「オリジナル・パントリー・カフェ」はこのエリアでは人気の「85年もの間かわらぬものを約束してきた」大衆食堂で、ランチにBLTサンドイッチやプルド・ポークサンドを出すのと同じように、ビジネス街の朝にメープルシロップをかけたベーコンドーナッツを提供している。やはりロサンゼルスのビジネス街にある「ニッケル・ダイナー」もこの料理を出しており、ウェブサイトには「メープル・グレーズド・ベーコン・ドーナッツの故郷」というスローガンを掲げている。人前に姿を見せないことで知られる作家ジョン・トウェルヴ・ホークスについて書いたロサンゼルス・タイムズ紙のキャロリン・ケロッグは、ニッケル・ダイナーのメープル・ベーコン・ドーナツが「とっても美味しい。これのためなら誰でも隠れ家から出てくるはず」と書いている。メープル・ベーコン・ドーナッツ フレッシュアイペディアより)

  • 麦秋 (1934年の映画)

    麦秋 (1934年の映画)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    資金難のため有名俳優は起用できなかったが、ヴィダーの姿勢に共感したスタッフが多数参加した。ヴィダーの友人であるチャールズ・チャップリンも、自ら設立したユナイテッド・アーティスツで本作を配給しヴィダーを助けた。一方、共同体での農業という作品テーマのため、公開当時は社会主義的という批評もされ、カリフォルニア州では封切りが遅れたり、ロサンゼルス・タイムズ紙には広告掲載を拒否されたりといった影響もあった。麦秋 (1934年の映画) フレッシュアイペディアより)

  • リン・コンウェイ

    リン・コンウェイから見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    Through the Gender Labyrinth ロサンゼルスタイムズ、2000年11月19日リン・コンウェイ フレッシュアイペディアより)

  • ソルトン湖

    ソルトン湖から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2009年3月24日、「ロサンゼルス・タイムズ」はソルトン湖で起こった一連の地震について報道した。この記事では著名な地球物理学者や地震学者の言も紹介し、これら小さな地震がサンアンドレアス断層における大規模地震を引き起こすことになると論じている。ソルトン湖 フレッシュアイペディアより)

  • アウェイク 〜引き裂かれた現実

    アウェイク 〜引き裂かれた現実から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズ』のロバート・ロイド記者は、「今年の新番組の中で最高で、最も興味深い」と、大きな期待を寄せた。アウェイク 〜引き裂かれた現実 フレッシュアイペディアより)

  • ベーコン・アイスクリーム

    ベーコン・アイスクリームから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    このアイスクリームはロサンゼルス・タイムズでも大変な議論を呼んだ。フードライターのノエル・カーターはこの料理を完璧だと表現したが、健康欄では心臓バイパスの写真を添えた「ベーコンアイスクリーム。良いことは何もない」という見出しがついたからである。デラウェア州のアイスクリームメーカー「アダー・ディライト」のチップ・ハーンもベーコン・アイスクリームを作っているが、これは客引きの意味もあるようで、食べに来た客にはどの味でも試せると看板を出している。ハーンは自分のアイスクリームが他店でよくある味とは差別化できていると語っていて、実際ベーコン・アイスクリームを試食しに来た客の多くが他の味のアイスも買って帰るという。ベーコン・アイスクリーム フレッシュアイペディアより)

  • アジア・太平洋賞

    アジア・太平洋賞から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ジェームズ・マン(米ロサンゼルス・タイムズ紙外交担当記者兼コラムニスト)『米中奔流』(共同通信社、1999年)アジア・太平洋賞 フレッシュアイペディアより)

  • サンガブリエル・バレー

    サンガブリエル・バレーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    地元の英語日刊紙は「ロサンゼルス・タイムズ」のサンガブリエル・バレー版である「サンガブリエル・バレー・トリビューン」と「パサデナ・スターニューズ」であり、どちらもウェストコビーナの同じ事務所で印刷されている。「パサデナ・スターニューズ」はバレーの西側を、サンガブリエル・バレー・トリビューン」は東側をカバーしている。ビジネス関連のニュースは「サンガブリエル・バレー・ビジネスジャーナル」が扱っている。サンガブリエル・バレー フレッシュアイペディアより)

  • スチュアート・ネヴィル

    スチュアート・ネヴィルから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    『ベルファストの12人の亡霊』(原題:The Twelve またはThe Ghosts of Belfast )は、2009年のニューヨーク・タイムズとロサンゼルス・タイムズの両紙の「2009年のベスト」とデイリー・メール紙の「アルティメット・サマー」リストに選ばれた。ニューヨーク・タイムズ、、ロサンゼルス・タイムズ、、ガーディアンなどアメリカ合衆国、アイルランド、イギリスなど各国の新聞・雑誌にレビューが寄せられた。スチュアート・ネヴィル フレッシュアイペディアより)

183件中 41 - 50件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード