183件中 51 - 60件表示
  • カリーム・アブドゥル=ジャバー

    カリーム・アブドゥル=ジャバーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    THE KAREEM ABDUL JABBAR BLOG(ロサンゼルス・タイムズカリーム・アブドゥル=ジャバー フレッシュアイペディアより)

  • バスター・マーティン

    バスター・マーティンから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロンドンのブックメーカー William Hill は、リース・ダニエルズ財団(the Rhys Daniels Trust)に寄付されることになっていた、バスター・マーティンのマラソン完走に関わる賭けの賞金13,300ポンドの支払いを拒んだ。ブックメーカーは、パスポートや帰化証明書といった書類は「国籍の証明」にはなっても「自己申告」によって記載される年齢の証明にはならないとして、年齢を証明するために出生証明の提示を求めた。 『ロサンゼルス・タイムズ』紙の2008年4月12日の報道によれば、マーティンは「ビール、タバコ、赤身の肉をしっかりと摂取する食生活を送って」いたとされる。バスター・マーティン フレッシュアイペディアより)

  • ブラックパワー・サリュート

    ブラックパワー・サリュートから見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    スミスとカーロスは、事件後長い間アメリカスポーツ界から事実上追放され、さらに彼らの示威行為に対する批判に晒された。ロサンゼルスタイムズは「"ナチス風(Nazi-like)敬礼"」と非難し、タイムはオリンピックの標語「より速く、より高く、より強く」を捩って「より忌々しく、より汚く、より醜く」のフレーズを五輪のロゴと共に掲載した。彼らは帰国後、アメリカ国内中から非難・中傷され、家族にも脅迫文が何通も届けられた。ブラックパワー・サリュート フレッシュアイペディアより)

  • ピューリッツァー賞 写真部門

    ピューリッツァー賞 写真部門から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1955年:ジョン・L・ゴーント・ジュニア(ロサンゼルス・タイムズ)、"Tragedy by the Sea"と題する、数分前に彼らの息子を攫っていった荒れた海の前にたたずむ若い夫婦の姿を写した写真ピューリッツァー賞 写真部門 フレッシュアイペディアより)

  • エリザベス・リーサー

    エリザベス・リーサーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2007年には『Sweet Land』(2005年)でインディペンデント・スピリット賞にノミネートされた。アリ・セリム監督の、この『Sweet Land』の演技では、『バラエティ』誌から「驚きの力強さとユーモアと官能的な芝居」と評され、『ロサンゼルス・タイムズ』紙からは「本作のリーサーほど真に迫れる女優はめったにいない」と賞賛を受けた。エリザベス・リーサー フレッシュアイペディアより)

  • ワン・フロム・ザ・ハート

    ワン・フロム・ザ・ハートから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    本国アメリカでは『ニューヨーク・タイムズ』『ロサンゼルス・タイムズ』『ヴァラエティ』『ヴィレッジ・ヴォイス』等の大手メディアに批判される。一方、イギリスやフランスではアメリカほどの悪評ではなく、イギリスの音楽雑誌NMEでは「この映画を嫌う者は冷たい心の持ち主」という好意的なレビューが掲載された。ワン・フロム・ザ・ハート フレッシュアイペディアより)

  • ザビア・クガート

    ザビア・クガートから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1900年、スペイン・カタルーニャのジローナで生まれる。本名はフランセスク・ダシス・シャビエ・クガ・ミンガイ・デ・ブル・イ・デウロフェウ(Francesc d'Assís Xavier Cugat Mingall de Bru i Deulofeu)。5歳の時に家族ともどもキューバに移住する。ハバナでクラシック音楽のバイオリニストとして教育を受ける。1915年7月6日、家族とともにニューヨークに移住する。早いうちに音楽業界で活躍し、タンゴがブームなっていた時代にバイオリニストとして楽団『ザ・ジゴロス』(The Gigolos)に所属する。しばらくして、『ロサンゼルス・タイムズ』で漫画を担当した。漫画家としての仕事は長く続かず、音楽業界に戻ってバイオリストとしてよりは編曲そして指揮の方面で活躍することとなる。ザビア・クガート フレッシュアイペディアより)

  • 全インドサッカー連盟

    全インドサッカー連盟から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    かつてはアジアの強豪国の一つに数えられていた協会が組織するサッカーインド代表は、1950年ブラジルワールドカップアジア予選にエントリーした3カ国のうち(当時、アジアは第二次世界大戦後で、植民地から独立した国は国家建設に忙しく、その他の国も戦後の復興で余裕が無かった)、ビルマ(現ミャンマー)とフィリピンが予選を棄権した為、1950年ブラジルワールドカップ(W杯)本大会出場権を得た。ところが、裸足での参加を国際サッカー連盟(FIFA)に拒否されたという理由で、大会直前に参加を辞退した。その後、1952年ヘルシンキ五輪(ヘルシンキ五輪ではインド代表が出場し、裸足でプレーした)の後、サッカー競技規則第4条競技者の用具の項でシューズ着用義務が明確に規定されるようになった。このように長年にわたって、裸足でのプレーを拒まれたため、インドが1950年のワールドカップを棄権したものと考えられてきたが、2011年のロサンゼルス・タイムズ紙の調査で、「一番の大きな理由は、当時のインドにとっては、オリンピックのみが重要で、FIFAワールドカップの重要性を認識していなかった財政難の協会がオリンピックに集中したかった為」と判明した(もう一つの棄権理由だったブラジルワールドカップの旅費も、実際はW杯組織委員会が大部分を負担すると約束していたことが分かっている)。全インドサッカー連盟 フレッシュアイペディアより)

  • クーリエ・ジャポン

    クーリエ・ジャポンから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズ (Los Angeles Times)』クーリエ・ジャポン フレッシュアイペディアより)

  • 韓国日報

    韓国日報から見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    創立以来、韓国日報社は韓国を訪れる英語話者や外交団に対し、韓国関連の情報を提供することを使命としている。また、今日ではニューヨーク・タイムズやロサンゼルスタイムズのWorld Reportsから公式認可を受け、それらの記事も載せている。韓国日報 フレッシュアイペディアより)

183件中 51 - 60件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード