322件中 51 - 60件表示
  • レナード・フェザー

    レナード・フェザーから見たロサンジェルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロンドンにおいて、厳格な国教会信者の、上位中流階級のユダヤ人の家庭に生まれる。正式な音楽教育は受けなかったが、ピアノやクラリネットを演奏するようになり、十代後半にはすでにジャズや映画についての文章を手懸けていた。21歳で初めて渡米し、イギリスやアメリカでレコード・プロデューサーとして働いた後、1939年にニューヨーク・シティに定住する。1960年にロサンジェルスに移住して、歿年まで『ロサンジェルス・タイムズ』紙の首席ジャズ評論家を務めた。80歳でカリフォルニア州のシャーマン・オークスにて永眠。レナード・フェザー フレッシュアイペディアより)

  • パルム・ドッグ賞

    パルム・ドッグ賞から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2002年6月に初めて取り上げられて以来、『ファイナンシャル・タイムズ・ドイチランド』、『シドニー・モーニング・ヘラルド』、『ニューヨーク・タイムズ』、BBC、『ロサンゼルス・タイムズ』、『ABCニュース』などの世界の主要報道機関によって報じられている。パルム・ドッグ賞 フレッシュアイペディアより)

  • レナード・ウィバーリー

    レナード・ウィバーリーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ダブリンに生まれる。父はクイーンズ大学ベルファスト農学教授のトーマス・ウィバーリー(Thomas Wibberley)。9歳の時に一家でロンドンに移る。16歳の時に父が亡くなったために、出版社で働くことになり、サンデー・ディスパッチ紙、デイリー・ミラー紙で見習いなどをした後、工員や皿洗いなどさまざまな職業を経験する。1943年にアメリカに渡り、ロンドン・イブニング・ニュースの海外特派員、AP通信の編集者などを勤める。1947年にカリフォルニアに移り、ロサンゼルス・タイムズに勤めながら小説の執筆を始める。1952年に最初の小説The King's Beardを発表し、以後ハーモサ・ビーチに住んで作家専業となる。レナード・ウィバーリー フレッシュアイペディアより)

  • ピープルズ・チョイス・アワード

    ピープルズ・チョイス・アワードから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    歴代受賞者一覧 ロサンゼルス・タイムズピープルズ・チョイス・アワード フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ネクスト・デイ

    ザ・ネクスト・デイから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    「息をのむほど美しい、見事なカムバック」 - ロサンゼルス・タイムズザ・ネクスト・デイ フレッシュアイペディアより)

  • スーザン・ルッチ

    スーザン・ルッチから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    スーザン・ヴィクトリア・ルッチ(Susan Victoria Lucci、1946年12月23日 - )は、アメリカ合衆国の女優、テレビ司会者、作家、企業家。ABCの昼ドラ『オール・マイ・チルドレン』のエリカ・ケイン役で知られる。この役はアイコンと考えられており、、『ニューヨーク・タイムズ』、『ロサンゼルス・タイムズ』で昼ドラ出演者の中で最も出演料が高いとされ、『TVガイド』から「昼ドラの女王」と呼ばれている。1991年初頭、彼女の年俸は100万ドル以上と伝えられた。スーザン・ルッチ フレッシュアイペディアより)

  • ポモナ (カリフォルニア州)

    ポモナ (カリフォルニア州)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ポモナ地域の主要日刊紙は「ロサンゼルス・タイムズ」である。「ラ・オピニオン」は主要スペイン語新聞である。他に次のような様々な地域新聞、週刊紙および雑誌がある。ポモナ (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • デビッド・ギルバート

    デビッド・ギルバートから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    また、ミシガン大学教授ジェフリー・ライカー博士は、ショーン・ケインとロサンゼルス・タイムズの記者が急加速の原因をマットではなく、トヨタの電子制御スロットルシステムにあると執拗に主張し、この騒動をつくったが、制御機関に問題はないとした。2011年に、このライカーの見解は、米運輸省の調査で追認された。デビッド・ギルバート フレッシュアイペディアより)

  • グル・モハメッド

    グル・モハメッドから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    この記録に限らず、長さに関する記録では、二次資料によって提示される数値が個々に大きな差異があってどれが正しいものか判断に窮する場合があるが、これは、メートル法とヤード・ポンド法という2種の異なる単位系のどちらに基準が置かれているのか明確でない場合があることと、異なる単位系で示される数値が換算して合致しない場合が多々あることに原因する混乱と思われる。本件の場合、メートル法に基準が置かれているはずであるが、ギネスブックが示す身長の数値 57 cm / 1 ft 10.4 in は微妙に換算数値が合わないのであり、メートル法に基準を置くなら正確には 57 cm / 1 ft 10.44 in、ヤード・ポンド法に基準を置くなら 56.9 cm / 1 ft 10.4 in である。また、ロサンゼルス・タイムズなどが記す数値は端数を削った 22 inであり、これをメートル換算してしまった二次・三次資料では 55.88 cm と大きな誤差が生じてしまっている。グル・モハメッド フレッシュアイペディアより)

  • デヴィッド・エバーショフ

    デヴィッド・エバーショフから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    短編小説の最初のコレクションを発表したのは2001年でフェロGrumley賞、ラムダ文学賞受賞。ロサンゼルス・タイムズで「今年のベスト本」の一つに選ばれた。デヴィッド・エバーショフ フレッシュアイペディアより)

322件中 51 - 60件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード