322件中 61 - 70件表示
  • 物語のはじまり

    物語のはじまりから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズ』の Mary McNamara は、本作は魅力をじっくりと醸し出すように巧妙に仕組まれているとし、同じくおとぎ話をモチーフとする2011年秋の新番組『GRIMM/グリム』より高く評価した。また、モリスン演じるエマについても、キャラクターが置かれた立場上、当然のことながらシニカルでとげとげしいものの、視聴者を引き付けておくのに十分な知性と快活さを備えていると評した。物語のはじまり フレッシュアイペディアより)

  • ニュービー

    ニュービーから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    もともと口語表現であるため、綴りは様々である。"newbie" 以外に "newby"、"nubie"、"newbee" などがある。例えば、1985年8月のロサンゼルス・タイムズの記事に "It had to do with newbees. I could be wrong on the spelling, but newbees are the rookies among the Blue Angels..." という文章がある。ニュービー フレッシュアイペディアより)

  • スチュアート・ネヴィル

    スチュアート・ネヴィルから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    『ベルファストの12人の亡霊』(原題:The Twelve またはThe Ghosts of Belfast )は、2009年のニューヨーク・タイムズとロサンゼルス・タイムズの両紙の「2009年のベスト」とデイリー・メール紙の「アルティメット・サマー」リストに選ばれた。ニューヨーク・タイムズ、アイリッシュ・タイムズ、ロサンゼルス・タイムズ、、ガーディアンなどアメリカ合衆国、アイルランド、イギリスなど各国の新聞・雑誌にレビューが寄せられた。スチュアート・ネヴィル フレッシュアイペディアより)

  • 佐野一彦

    佐野一彦から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1990年 - “ダイアグノスティック・ウィザードリイ”(ロサンゼルス・タイムズ)でPrint誌主催リージョナル賞 受賞。“パイオニアズ”(ロサンゼルス・タイムズ)でGraphic Design誌主催USA・DESl賞 受賞。佐野一彦 フレッシュアイペディアより)

  • 中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟

    中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルスにも事務所が置かれ、映画産業におけるLGBTの人々の描写について映画会社などと連携を行っている。雑誌『エンターテインメント・ウィークリー』はGLAADをハリウッドにおける最も強力な団体の一つと表現し、ロサンゼルス・タイムズは「メディアへのロビー活動においておそらく最も成功した組織」と表現している。中傷と闘うゲイ&レズビアン同盟 フレッシュアイペディアより)

  • ピュー研究所

    ピュー研究所から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    研究所及びそのプロジェクトはより融資を受けている。1990年、は当時のタイムズ・ミラー・センターの初の編集長になった。当時はロサンゼルス・タイムズの親会社であったタイムズ・ミラーにより人々の意見を集約する役割を果たしていた。ピュー研究所 フレッシュアイペディアより)

  • ザビア・クガート

    ザビア・クガートから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1900年、スペイン・カタルーニャのジローナで生まれる。本名はフランセスク・ダシス・シャビエ・クガ・ミンガイ・デ・ブル・イ・デウロフェウ(Francesc d'Assís Xavier Cugat Mingall de Bru i Deulofeu)。5歳の時に家族ともどもキューバに移住する。ハバナでクラシック音楽のバイオリニストとして教育を受ける。1915年7月6日、家族とともにニューヨークに移住する。早いうちに音楽業界で活躍し、タンゴがブームとなっていた時代にバイオリニストとして楽団『ザ・ジゴロス』(The Gigolos)に所属する。しばらくして、『ロサンゼルス・タイムズ』で漫画を担当した。漫画家としての仕事は長く続かず、音楽業界に戻ってバイオリストとしてよりは編曲そして指揮の方面で活躍することとなる。ザビア・クガート フレッシュアイペディアより)

  • Terra Nova 〜未来創世記

    Terra Nova 〜未来創世記から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2011年6月、パイロット版を見たジャーナリストの投票により、で「最もエキサイティングな新シリーズ」の8作品のうちの1作となった。『Pittsburgh Post-Gazette』では『Outcasts』と比較された。『ロサンゼルス・タイムズ』では、「秋季で最もエキサイティングな番組」と書かれた。『ニューヨーク・ポスト』では「良い家族の娯楽」と呼ばれた。『ウォール・ストリート・ジャーナル』では「各エピソードは映画のようなプロダクション・バリューで、古くチープなセット・シリーズを滅ぼす」と書かれた。『ワシントン・ポスト』では「文字通りこの秋最大のテレビ番組『Terra Nova』は、タイムトラベル、間違ったユートピア、『スイスのロビンソン』型の結束、空腹の恐竜、全てがある。それらすべてが輝いている。」と書かれた。Terra Nova 〜未来創世記 フレッシュアイペディアより)

  • イングルーヴス

    イングルーヴスから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Robb McDaniels of INgrooves dishes on the state of digital music by Alex Pham(ロサンゼルス・タイムズ、2012年5月8日)イングルーヴス フレッシュアイペディアより)

  • ミーガン・アボット

    ミーガン・アボットから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズ』などメジャーな雑誌や新聞に記事を書いたことがある。また、小説家のとブログを書いている。ミーガン・アボット フレッシュアイペディアより)

322件中 61 - 70件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード