322件中 71 - 80件表示
  • スリ・クルーズ

    スリ・クルーズから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    アメリカでは「Suri」というファーストネームに関して論争が起こり、疑問の声も挙がった。クルーズ夫妻は『ロサンゼルス・タイムズ』で「ヘブライ語とペルシア語の両方にある単語」であり、ヘブライ語では「プリンセス」「赤い薔薇」、ペルシア語では「赤」を意味しており、女性の名前としてよく使われると説明した。しかし、多くのメディアはクルーズ夫妻は言葉を誤訳していると指摘した。「Suri」はアラビア語でもヘブライ語でも専ら「シリア人」を意味しプリンセスという意味にはあまり使われない。ヘブライ語でプリンセスを意味するのは、「Sarah(サラ)」である。イディッシュ語の「Sarah(サラ)」の派生語に「Sari(サリ、一部地域ではスリとも発音する)」というものがあり、これを夫妻は間違ったのではないかと指摘されている。他にもサンスクリット語では「支配者」を意味し、ヒンディー語では「少年」であり、インドの方言では「とんがった鼻」を意味するとされる。日本語なら窃盗の「掏摸」であり、「Oops! Suri means pickpocket(おっと!スリは掏摸の意味だ)」といった記事も多数書かれている。スリ・クルーズ フレッシュアイペディアより)

  • J・J・ケイル

    J・J・ケイルから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ケイルは、1938年12月5日にアメリカ合衆国オクラホマ州オクラホマシティで生まれた。そして、同州のタルサで育ち、1956年にタルサ・セントラル高校を卒業した。1960年代初期に他の若いタルサのミュージシャン達と一緒にロサンゼルスへ引っ越し、最初はスタジオ技術者として働いていた。結局アーティストとしてはほとんど成功しなかったため、1970年にエリック・クラプトンの「After Midnight」を録音するまでは、タルサに戻って音楽業界から離れることを考えていた。ケイルの最初のアルバム『Naturally』で彼のスタイルが確立され、ロサンゼルス・タイムズの記者は「ケイルの流れるようなギターと簡素なボーカルにより、ブルースとフォーク、ジャズの融合される独特の音。ドラム・マシーンや型にとらわれないミキシングにより、アメリカ音楽のルーツの純粋主義者とはまた異なる種類である」と評した。J・J・ケイル フレッシュアイペディアより)

  • ズハイル・ターリブ・アブドゥッ=サッタール・アッ=ナキーブ

    ズハイル・ターリブ・アブドゥッ=サッタール・アッ=ナキーブから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    投降する数週間前に、ズハイルは米紙「ロサンゼルス・タイムズ」とのインタビューに応じ、旧政権時代を振り返った。36年間イラク軍に勤めている間、自分は『ただ命令に従ってきた。それが軍だった。ある地位から別の地位に動くだけ』と答え、『私は命令に従っていただけだ。しかし、私が政権を信じていたかどうかという質問には答えない』とした。ズハイル・ターリブ・アブドゥッ=サッタール・アッ=ナキーブ フレッシュアイペディアより)

  • マジカル・ニグロ

    マジカル・ニグロから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2007年3月、アフリカ系アメリカ人の評論家デビッド・エーレンシュタインは「マジック・ニグロとしてのオバマ」と題した文章をロサンゼルス・タイムズに寄稿した。この記事はパロディ作者のポール・シャンクリンにインスピレーションを与え「バラク・ザ・マジックニグロ」という歌まで書かせた。この歌はラッシュ・リンボーのラジオ番組で放送されている。マジカル・ニグロ フレッシュアイペディアより)

  • スー・シルベスター

    スー・シルベスターから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    評論家たちから絶賛されており、『ロサンゼルス・タイムズ』のメアリー・マクナマラは「リンチ1人だけで『glee/グリー』を見る価値が生まれる」と評した。また『エンターテインメント・ウィークリー』のケン・タッカーはスーを「偉大なブロードウェイミュージカルの悪役が茶の間へ進出した」と称えた。2011年1月16日、リンチはゴールデングローブ賞助演女優賞をスー役で獲得、同じくエミー賞コメディ部門助演女優賞でも獲得した。スー・シルベスター フレッシュアイペディアより)

  • ワン・モア・フロム・ザ・ロード

    ワン・モア・フロム・ザ・ロードから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    エド・キングの後任として加入した新ギタリスト、スティーヴ・ゲインズの初参加アルバムに当たり、本作に収録されたライブの初日に当たる7月7日の公演は、ゲインズ加入後からわずか3度目のライブであった。ロニー・ヴァン・ザントは1976年10月24日付の『ロサンゼルス・タイムズ』に掲載されたインタビューにおいて「俺達はギタリストが3人の編成で、嘘偽りのないライブ・アルバムをすぐに作ろうと決めた」と語っている。本作に収録されたアトランタ公演は3日連続で行われ、プロデューサーのトム・ダウドによれば、バンドとダウドは2日目の公演の終了後にライブ録音を聴き直し、最終日のセットリストはダウドが「この曲はもう一度やってみるべきだ」と判断した曲が重視されたという。ワン・モア・フロム・ザ・ロード フレッシュアイペディアより)

  • 2005年の中国における反日活動

    2005年の中国における反日活動から見たロサンゼルスタイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルスタイムズ?「不幸にも日本は中国の政治的な術中にはまっている」「中国は日本を脅迫している」2005年の中国における反日活動 フレッシュアイペディアより)

  • コンラート・ファイト

    コンラート・ファイトから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1893年、彼はベルリンの労働者階級が住む地域で、Hans Walter Conrad Weidt として生まれた。(彼の初期の主張によって、ポツダム生まれと誤記された資料もある。) 彼は、1916年から亡くなるまで、100作以上の映画に出演した。彼のサイレント映画時代の最も有名な2つの作品は、残忍な夢遊病者を演じた『カリガリ博士』(1919)と、醜いサーカス芸人を演じた『笑う男』(1928)である。ロサンゼルス・タイムズは、次のように評した。「コンラート・ファイトはヴィクトル・ユーゴーの小説を基にしたセミ・サイレント映画で主役を演じた。領主の息子である彼は、彼の父親が王に無礼を働いたため、その顔に永遠の笑みを刻まれた」。コンラート・ファイト フレッシュアイペディアより)

  • コーコラン (カリフォルニア州)

    コーコラン (カリフォルニア州)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    コーコランの町は、南カリフォルニアの著名土地開発業者で、西部では150ほどの町を造ってきたホバート・ジョンストン・ウィットリーによって設立された。ウィットリーはコーコランの町の建設で指導的な役割を果たしので、町のメインストリートにその名前が付けられている。ウィットリーが1905年にこの地域を見に来た時には、鍛冶屋、小さな店舗、点在する家屋と、草を食む野生のブタ、馬、牛の群れがいる緑豊かな未開発の土地が広がっているだけだったが、ここを気に入り、32,000エーカー (130 km2) の土地を購入して開発を始めた。ウィットリーが設立したバンナイズやカノガパークなどサンフェエルナンド・バレーの町と同様に、ロサンゼルスの重要な事業家の支援でその所有地の価値を上げた。当初は「ロサンゼルス・タイムズ」の社長ハリソン・グレイ・オーティスに因んでこの町を「オーティス」と名付け、通りの名もオーティス、シャーマン、レッツ(ブロードウェイの店舗)およびロス(ウィットリーの息子ロス・ウィットリーに因む)と名付けたが、これらもオーティスとの結び付きを示している。ウィットリーはそれまで西部の町150ほどの所有権を取り、購入し、設立してきたが、コーコランの町が最後期のものになった。コーコラン (カリフォルニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ビーフ・ウェリントン

    ビーフ・ウェリントンから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    リア・ハイスロップは『テレグラフ』に寄稿した文章で、パイ生地に入れて焼いた肉はウェリントンが有名になる前に既にイギリス料理としてよく作られる品となっていたと述べ、フランス料理のフィレ・ド・ブーフ・アン・クルート(filet de bœuf en croûte、「パイ生地に入った牛肉」)との類似から、「ビーフ・ウェリントン」という名称が「大陸風の流行っていた料理を時宜に合わせて愛国的に改名した」結果なのではないかと考察している。しかしながらハイスロップは、この料理には19世紀の時点でレシピがないということにも注意を促している。1903年の『ロサンゼルス・タイムズ』に「ウェリントン風牛のヒレ肉」("fillet of beef, a la Wellington")への言及があるが、オックスフォード英語辞典は料理名の初出として1939年にニューヨークで出た料理ガイドにある「テンダーロインのビーフ・ウェリントン」("Tenderloin of Beef Wellington")をひいており、これは調理後に冷やしてパイ生地で巻く料理であったようである。ビーフ・ウェリントン フレッシュアイペディアより)

322件中 71 - 80件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード