322件中 81 - 90件表示
  • ジョーイ・ギブスン

    ジョーイ・ギブスンから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    Los Angeles Times, "Another Award For June Playmate", 1967-12-12, Page D19.ジョーイ・ギブスン フレッシュアイペディアより)

  • マイネットワークTV

    マイネットワークTVから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    2006年1月24日にWBの親会社であるタイム・ワーナーと、UPNを運営していたCBSコーポレーションが互いに所有するネットワークを閉鎖し、新たなネットワークを開設することを発表した。そして、新たにCWテレビジョンネットワーク(CW)が開設されることになったが、主にWBに資本参加していたトリビューン社(有力紙シカゴ・トリビューンやロサンゼルス・タイムズの親会社)が保有していたWBの加盟局や、CBSコーポレーションが保有していたUPNの直営局が新しいネットワークの番組を放送することになった。マイネットワークTV フレッシュアイペディアより)

  • メープル・ベーコン・ドーナッツ

    メープル・ベーコン・ドーナッツから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルスの「オリジナル・パントリー・カフェ」はこのエリアでは人気の「85年もの間かわらぬものを約束してきた」大衆食堂で、ランチにBLTサンドイッチやプルド・ポークサンドを出すのと同じように、ビジネス街の朝にメープルシロップをかけたベーコンドーナッツを提供している。やはりロサンゼルスのビジネス街にある「ニッケル・ダイナー」もこの料理を出しており、ウェブサイトには「メープル・グレーズド・ベーコン・ドーナッツの故郷」というスローガンを掲げている。人前に姿を見せないことで知られる作家ジョン・トウェルヴ・ホークスについて書いたロサンゼルス・タイムズ紙のキャロリン・ケロッグは、ニッケル・ダイナーのメープル・ベーコン・ドーナツが「とっても美味しい。これのためなら誰でも隠れ家から出てくるはず」と書いている。メープル・ベーコン・ドーナッツ フレッシュアイペディアより)

  • 中国の汚染タンパク質輸出問題

    中国の汚染タンパク質輸出問題から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    リコールの余波により、消費者の間からメニュー・フーズ社に対して調査を行うことや、連邦政府のペットフードの安全性と品質管理への対処、FDAがリコールへの対応を行うことを促す声が起こった。4月1日に、民主党のディック・ダービン上院議員はFDAのペットフードの調査システムの弱点を指摘した。週の初め、民主党のローザ・デラウロ下院議員は、ペットフードの製造設備の欠陥についてFDAに分析を依頼し、リコールが起こってからは対策がとられてきた。4月6日、ダービン上院議員は連邦政府の人間の食品及びペットフードの検査プロセスを批判し、この問題に関する公聴会の開催を要求した。ロサンゼルス・タイムズのダービン上院議員へのインタビューによると、ダービン上院議員はFDAが国家標準を設定し、ペットフードの生産設備の検査ルールを設けること、また企業による自主回収に頼るのではなく、FDAがリコールを行うことを製造者に指導できるように連邦法を改正することを求めている。中国の汚染タンパク質輸出問題 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ボイド (作家)

    ウィリアム・ボイド (作家)から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    1995年:"The Blue Afternoon" でロサンゼルス・タイムズ・ブック・プライズ フィクション部門受賞ウィリアム・ボイド (作家) フレッシュアイペディアより)

  • ポップ・ポップ

    ポップ・ポップから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ザック・ジョンソンはオールミュージックにおいて5点満点中3点を付け「彼女が1979年のデビュー作で提示したフォーク的スタイルのファンは、これらのソウルフルなジャズの解釈に大した価値を見出せないかもしれないが、それでも本作は彼女の発展的な才覚、そして単一のカテゴリに縛られるのを良しとしない意志を提示している」と評している。一方、レナード・フェザーは『ロサンゼルス・タイムズ』紙に批判的なレビューを寄稿し「一連のポップと疑似ジャズのクロスオーヴァー作品としては最新かつ最低な、大胆だができそこないの作品」「彼女はひどい風邪をひいていたのか、たまたま鼻炎だったのか、それとも彼女はこれがソウルフルに聴こえると思ったのか?」と評している。ポップ・ポップ フレッシュアイペディアより)

  • ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ワンダーランド

    ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ワンダーランドから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズ』紙の Mary McNamara は「お約束の”善”やら”美”やらに溢れており、赤の女王の城や白ウサギの耳のCG映像も素晴しい。ストーリー運びも良く、役者の息...特にソフィー・ロウとマイケル・ソーチャのそれはピッタリ合っている。さらに、機知に富んだ台詞、意外なキャラクター設定、ヴィクトリア・ゴシック調のスチームパンクな映像により、ABCはファミリー・アワーをまたもや再定義することになるかもしれない」などと称賛した。ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ワンダーランド フレッシュアイペディアより)

  • 最愛の大地

    最愛の大地から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ジョリーは『ロサンゼルス・タイムズ』のインタビューで「制作にあたって、わたしはたくさんの本や書類を参照しました。つまり、今回の作品は多くのストーリーを組み合わせたものなのですが、わたしは問題の本を読んだことはありません」とコメントした。最愛の大地 フレッシュアイペディアより)

  • 路上のソリスト

    路上のソリストから見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    『路上のソリスト』(原題: The Soloist)は、2009年のアメリカ映画。『ロサンゼルス・タイムズ』紙の記者スティーヴ・ロペスがホームレスの音楽家ナサニエル・エアーズとの交流を綴った連載コラムを映画化。路上のソリスト フレッシュアイペディアより)

  • 倒壊する巨塔

    倒壊する巨塔から見たロサンゼルス・タイムズロサンゼルス・タイムズ

    ロサンゼルス・タイムズ図書賞最終候補倒壊する巨塔 フレッシュアイペディアより)

322件中 81 - 90件表示

「米紙ロサンゼルス・タイムズ」のニューストピックワード