前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
555件中 1 - 10件表示
  • ドナルド・トランプ

    ドナルド・トランプから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    かねてから政界進出に興味があることを公言しており、2000年の大統領選挙に出馬したがその後撤退した。しかしその後、2015年6月16日に2016年アメリカ合衆国大統領選挙へ共和党から出馬することを表明。トランプの初期キャンペーンは大々的にメディアの注目を浴び、広く一般の支持を集めた。2015年6月以来、共和党の世論調査では継続してトップの支持率を保っていた。メキシコ系やヒスパニック系の不法移民に関する発言は、外国人嫌悪と取られることから共和党主流派の方針と決定的に相反するという指摘も受けており、ワシントン・ポスト、エコノミスト、ニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ハフィントン・ポストなどのメディアからは大きな批判を浴びた。ドナルド・トランプ フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦の年表

    慰安婦の年表から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    3月24日 米紙『ワシントン・ポスト』が「安倍晋三の二枚舌(Shinzo Abe's Double Talk)」と題する社説を掲載。歴史的な記録により、日本が慰安婦を強制連行したことは「北朝鮮が日本の市民を拉致した証拠に劣らず説得力がある」、「拉致問題で国際的な支援を求めるなら、彼は日本の犯した罪の責任を率直に認め、彼が名誉を傷つけた被害者に謝罪すべきだ」とし、「河野談話」を後退させてはならないと主張した。慰安婦の年表 フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・L・パーク

    ロバート・L・パークから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    パークはまた、ニューヨーク・タイムズ、ニューズデイ、USAトゥデイ、ワシントン・ポスト、Space.com、Quackwatch、Skeptical Inquirer magagineで、op-edなどの記事を書いた。パークは2004年からサイコップ(超常現象の科学的調査のための委員会)のフェローである。ロバート・L・パーク フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ジェファーソン・ブライス・ジュニア

    ウィリアム・ジェファーソン・ブライス・ジュニアから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1943年9月3日にヴァージニア・デル・キャシディと4回目の結婚をした。1945年に妊娠し、息子ビルを出産した。ビルが生まれる前に、ブライスは自動車事故で死亡した。後にヴァージニアはロジャー・クリントン・シニア と再婚した。ヴァージニアは50年後の父の日にワシントン・ポストがブライスについての広範な記事を掲載するまで、ブライスの以前の結婚について知らなかった。ウィリアム・ジェファーソン・ブライス・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・タイムズ

    ワシントン・タイムズから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントンD.C.に本部がある。発行部数は2009年12月現在、8万5000部で、紙名が混同されやすい有力紙『ワシントン・ポスト』紙(58万3000部)の約7分の1程度である。ワシントン・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • センター・フォー・パブリック・インテグリティ

    センター・フォー・パブリック・インテグリティから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2013年、調査ジャーナリスト国際連合(ICIJ)はオフショア銀行秘密口座の所有権に関する260ギガバイトのデータに基づいて、15ヶ月に渡る調査結果を公表した。このデータはジェラルド・ライルが、ファイアーパワー社のスキャンダルの調査の結果取得したものである。ICIJはオフショア銀行の調査連載を製作するために、ガーディアンやBBC、ル・モンドやワシントン・ポスト、スイスのソンタグ・ツァイトゥングや南ドイツ新聞、北ドイツ放送、朝日新聞と提携した。ICIJと提携報道機関は所有権情報を使って、世界中の政府の汚職や富裕層の租税回避の仕組み、ポンジ・スキームに使われた秘密オフショア口座や秘密化を促進する主要銀行の積極的な役割、それらの活動を可能にする戦略や行為者を報道した。2014年前半、ICIJは「オフショア・リーク」の一部を発表し、中国の政治的・財政的エリートの親類縁者が蓄財するためにオフショアのタックス・ヘイブンを使っていることを報じた。また秘密口座の中には日本の丸紅や東北電力の口座も含まれていると言う。センター・フォー・パブリック・インテグリティ フレッシュアイペディアより)

  • ネットワーク中立性

    ネットワーク中立性から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ネットワーク中立性の法制化に反対するインターネット技術者もおり、例えば David Farber やTCPの発明者ロバート・カーンがいる。カーンは、ネットワーク中立性は一種のスローガンであり、インターネットの中核における技術革新を止めてしまうおそれがあるとしている。Farberはインターネットの主なプロトコルの継続的な研究開発が必要であると強く主張してきた。彼は研究者仲間と共同でワシントン・ポスト紙に署名記事を発表し、その中で「インターネットには改造が必要である。残念なことに法規制が強化されれば、古いインターネットを保つことになり、新しいインターネットの誕生を阻害するおそれがある」と記している。ネットワーク中立性 フレッシュアイペディアより)

  • ルワンダ虐殺

    ルワンダ虐殺から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    4月9日、国連監視団はのポーランド人教会にて多数の児童が虐殺されるのを目撃した()。同日に、高度に武装化した練度の高い欧州各国軍の兵士1000人が、ヨーロッパ市民の国外避難を護衛するためにルワンダ入りした。この部隊は国際連合ルワンダ支援団を援護するための滞在は一切行わなかった。9日になると、ワシントン・ポスト紙が同国駐在員を恐怖させた事件として、国際連合ルワンダ支援団の職員が殺害された事実を報道した。4月9日から10日にかけて、アメリカのローソン駐ルワンダ大使と250人のアメリカ人が国外へ避難した。ルワンダ虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • グローリー/明日への行進

    グローリー/明日への行進から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    『シカゴ・サンタイムズ』のリチャード・ローパーは「『グローリー/明日への行進』は重要な歴史の教えでありながら授業のように感じさせない。学校が始業したら、全米の中学校は課外授業としてこの映画を観させるべきだ」と映画を称えた。ジョー・モーゲンスターンは『ウォール・ストリート・ジャーナル』に寄せて「このエイヴァ・デュヴァーネイの伝記映画はキング博士とその同胞を行動へと駆り立てた人種差別主義の残忍さを描くことで、博士の遺産に最高の形で敬意を捧げている」と書いた。『ニューヨーク・タイムズ』のA・O・スコットは映画の演技、演出、脚本、撮影を称え、「たとえ何が起こるかわかっていても、『グローリー/明日への行進』はサスペンスと驚きをもって行進する。事件と魅力的なキャラクターにあふれたそれは、手際よく、確固とした映画的ストーリーテリングの勝利である」と書いた。『ローリング・ストーン』のピーター・トラヴァースは、「デュヴァーネイの人種的不正義に立ち向かったマーティン・ルーサー・キングの1965年の投票権を求める行進に対する考察は、今日との相関にあって痛ましい。オイェロウォの感動的で熱のこもったキング役の演技は最上級の栄誉に値する」と述べた。デイヴィッド・デンビーは『ザ・ニューヨーカー』に「これが映画だ、ケーブルテレビのドラマより叙述的で、壮大で、胸を揺さぶる」と書いた。『ワシントン・ポスト』のアン・ホーナデイは「エイヴァ・デュヴァーネイは『グローリー/明日への行進』で胸を揺さぶり、しばしばスリリングで、不気味なほどタイムリーなドラマを作り上げた」「彼女は彼 (キング) を人間的な矛盾や欠点、そして卓越した政治的手腕をもった生き生きした人物として描いている」と述べた。グローリー/明日への行進 フレッシュアイペディアより)

  • PRISM (監視プログラム)

    PRISM (監視プログラム)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2013年6月6日、ガーディアンとワシントン・ポスト両紙が、当時NSA勤務者だったエドワード・スノーデンからの内部告発による調査報道によって、極秘プログラムの存在が明らかとなり、アメリカ合衆国連邦政府筋もこの機密計画の存在を認めた。PRISM (監視プログラム) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
555件中 1 - 10件表示