前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
328件中 1 - 10件表示
  • 慰安婦の年表

    慰安婦の年表から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    3月24日 米紙『ワシントン・ポスト』が「安倍晋三の二枚舌(Shinzo Abe's Double Talk)」と題する社説を掲載。歴史的な記録により、日本が慰安婦を強制連行したことは「北朝鮮が日本の市民を拉致した証拠に劣らず説得力がある」、「拉致問題で国際的な支援を求めるなら、彼は日本の犯した罪の責任を率直に認め、彼が名誉を傷つけた被害者に謝罪すべきだ」とし、「河野談話」を後退させてはならないと主張した。慰安婦の年表 フレッシュアイペディアより)

  • ディープ・スロート (ウォーターゲート事件)

    ディープ・スロート (ウォーターゲート事件)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ディープ・スロートは、「内部告発を行なった」わけではない。つまり、世間に対して、自ら何かを訴えたわけではない。また、何らかの具体的な情報を自分で漏らしたわけでもない。具体的に情報を世間に明かしたのは、ワシントン・ポストの二人の記者である。ディープ・スロート (ウォーターゲート事件) フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)

    トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2010年5月2日、ワシントン・ポストは自動車コラムニストのウォーレン・ブラウンの記事「A sweet salvo from Seoul(ソウルからの甘い爆撃)」において、ヒュンダイの新型ソナタは、日本車よりも優れており、米国で高い評価を受けているとしたうえで、試乗比較の結果、「ソナタに乗ってみれば、韓国車が日本車に勝っていることが実感できる」と紹介した。デザイン、インテリア、安全性、性能、品質においてソナタは、トヨタのカムリ、ホンダのアコード、日産のアルティマを圧倒し、またソナタはシボレー「マリブ」、フォード「フュージョン」の脅威になるとした。トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・タイムズ

    ワシントン・タイムズから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントンD.C.に本部がある。発行部数は2009年12月現在、8万5000部で、紙名が混同されやすい有力紙『ワシントン・ポスト』紙(58万3000部)の約7分の1程度である。ワシントン・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • ウォーターゲート事件

    ウォーターゲート事件から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    事件は、ニクソン共和党政権の野党だった民主党本部があるウォーターゲート・ビル(ワシントンD.C.)に、不審者が盗聴器を仕掛けようと侵入したことから始まった。当初、ニクソン大統領とホワイトハウスのスタッフは「侵入事件と政権とは無関係」との立場を取ったが、ワシントン・ポストなどの取材から次第に政権による野党盗聴への関与と司法妨害が明らかになり、世論の反発によって、アメリカ史上初めて現役大統領が任期中に辞任に追い込まれる事態となった。ウォーターゲート事件 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件陰謀説

    アメリカ同時多発テロ事件陰謀説から見たワシントンポストワシントン・ポスト

    ワシントンポストは、911事件当日のペンタゴンの攻撃を報道する記事で、現場証言として、ペンタゴン職員のErvin Brownが「小型飛行機の残骸のようなものが地面にあるのを見た」同じくTom Seibertが「ミサイルのような音を聞いた後、爆発が起きた」と発言した、と報じた。アメリカ同時多発テロ事件陰謀説 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・クラウトハマー

    チャールズ・クラウトハマーから見たワシントンポストワシントン・ポスト

    チャールズ・クラウトハマー(Charles Krauthammer, 1950年3月13日 - )はアメリカのコラムニスト、評論家。FOXニュースにゲストコメンテーターとしてレギュラー出演している。ワシントンポスト、タイム、ウィークリー・スタンダード誌で執筆活動をしている。日本では統一教会の日刊紙『世界日報 (日本)』のコラム「ビューポイント」の常連寄稿者の一人。チャールズ・クラウトハマー フレッシュアイペディアより)

  • アンドルー・カード

    アンドルー・カードから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    マサチューセッツ州民主党代表(2001年当時)のフィリップ・ジョンストンは、マサチューセッツ州下院で種々の法改正を発効させるべく、カードと協力した。2000年2月、ジョンストンはワシントン・ポストに対し、「私は非常に党派心の強い、自由主義的民主党員であり、我々は共に、実に見事に働いた」と語った。それは、選挙後の混乱が収束する頃にカードが大統領首席補佐官に任命されたことが明らかになった際、連邦議会の至る所で言われた心情であった。アンドルー・カード フレッシュアイペディアより)

  • ユニシス

    ユニシスから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2005年10月、ワシントン・ポスト紙はユニシスがとの10億から30億ドルの契約において、契約上許されていない長時間の残業を高い単価で計上していたと報じた。ユニシスはこれを否定している。ユニシス フレッシュアイペディアより)

  • ウォーレン・バフェット

    ウォーレン・バフェットから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    バフェットは1930年にネブラスカ州オマハで証券業を営むハワード・バフェットとレイラ・バフェットとの間に生まれた。バフェットは幼い頃からビジネスを始めていた。例えば祖父からコーラを6本25セントで購入し、それを1本5セントで売ったり、ワシントン・ポストの配達のアルバイト、ゴルフ場のボール拾い、競馬の予想新聞売りなどを行っていた。ウォーレン・バフェット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
328件中 1 - 10件表示

「米紙ワシントン・ポスト」のニューストピックワード