555件中 91 - 100件表示
  • 外国情報監視法

    外国情報監視法から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2007年10月7日、ワシントン・ポスト紙は下院の民主党の議員たちが、1年間の令状と司法省の監察総監にそれらの令状の監察と外国情報活動監視裁判所の特別法廷と議会に4半期ごとの報告を求める法案を導入することを計画していると伝えた。提出された法案には、政府がNSAに令状のない監視計画を指示していたことと関係のある電気通信事業者が直面していた訴訟の免除は含まれていなかった。下院の民主党の議員たちは、政府は彼らが企業が直面している負担を軽減する訴訟の免除ができないと考えた計画の根拠について説明する要求された書類の提出を保留すると語った。外国情報監視法 フレッシュアイペディアより)

  • レストン (バージニア州)

    レストン (バージニア州)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    レストンはワシントンD.C.の商圏に属するため、ワシントン・ポストおよびワシントン・タイムズの配達地域である。この他に、地元紙として『フェアファックス・カウンティ・タイムズ』と『レストン・コネクション』がある。レストン (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ダンビル (バージニア州)

    ダンビル (バージニア州)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ザ・ワシントン・ポスト(日曜のみ)ダンビル (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • ロマン・ローゼン

    ロマン・ローゼンから見たワシントンポストワシントン・ポスト

    ローゼン家は、代々音楽家や軍人を輩出してきたバルト・ドイツ系ロシア貴族の家系で、1812年ボロジノの戦いでアストラハンスキー連隊を率いて戦ったことがバルクライ・ド・トーリ将軍配下のボロージン少将の公式報告書に記載されている。1905年7月5日付けのワシントンポスト紙はレポートの中でローゼン家が、スウェーデンに起源を持つことを紹介している。ロマン・ローゼン フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・スカイラー

    ジョージ・スカイラーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    30年代、スカイラーはさまざまな筆名を用いて「ピッツバーグ・クーリエ」上に短編小説を書き散らしたほか、「」や「」、W・E・B・デュボイスの「」といった格式ある黒人雑誌にも執筆している。スカイラーの文章は「」や「」のような主流誌や「ワシントン・ポスト」、「ニューヨーク・イヴニング・ポスト(ニューヨーク・ポストの前身)」などにも見ることができる。ジョージ・スカイラー フレッシュアイペディアより)

  • KH-12

    KH-12から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2013年8月30日にワシントン・ポスト紙は、エドワード・スノーデンがリークした資料の中に含まれていた米国政府の諜報プログラムの2013会計年度予算の米国議会への予算説明書 (National Intelligence Program - FY 2013 Congressional Budget Justification) から、今まで謎に包まれていた米国の諜報活動に関する新たな事実が判明したと報じた。この資料の中には複数のスパイ衛星の名称が記述されており、下表の KH-12-6, KH-12-7に該当する衛星の正式名称は EIS (Enhanced Imagery System) であるらしいことが判明した。シリーズのこの2基以外の衛星も EIS と呼ばれているかは不明である。この後継機として2012会計年度から EECS (Evolved Enhanced CRYSTAL System) の整備が始まることも明らかになっている。このリーク資料の一部はCryptomeで閲覧可能である 。KH-12 フレッシュアイペディアより)

  • ランス・アームストロングのドーピング問題

    ランス・アームストロングのドーピング問題から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2012年(以下、年が記されていないものについては2012年のことを指す)6月12日、全米アンチドーピング機関(USADA)はアームストロングに対し正式にドーピング違反であるとの判定を下した。ウォールストリートジャーナルはこれについて、「ツール・ド・フランスでの通算7回の総合優勝記録を一部ないしすべてはく奪される可能性がある」と報じた。USADAは、12日にアームストロング宛に15ページに亘る告発状を送付。またワシントン・ポストにも同様の書面が送付され、14日、同紙が内容の概要を公開。USADAによると、アームストロングにはエリスロポエチン(EPO)、輸血(時ドーピング)、テストステロン、コルチコステロイド及びそのマスキング剤の使用疑惑があり、さらにそれらを他の選手に横流ししていた可能性があるとしている。またUSADAは、当時アームストロングのチーム・マネジャーであったヨハン・ブリュイネールが深く関与している点も告発している。さらに上記に関連して、かつてUCIのバイオロジカルパスポートのパネラーだったマイケル・アシェンデン博士は、UCIがアームストロングのドーピング違反隠ぺいに関与していた可能性に含みを持たせる発言を行った。これに対し、1999年から2004年までUSポスタル、2009年及び2010年までアスタナのチームドクターを務めたガルシア・デル・モラルは、USADAのアームストロングに対する告発状を全否定した。ランス・アームストロングのドーピング問題 フレッシュアイペディアより)

  • トーニャ・サンダース

    トーニャ・サンダースから見たワシントンポストワシントン・ポスト

    ワシントンポスト-Teee Williamsトーニャ・サンダース フレッシュアイペディアより)

  • 江口愛実

    江口愛実から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    日本国外でも、イギリスのデイリー・テレグラフ、アメリカ合衆国のワシントン・ポスト・ウォールストリート・ジャーナルなどの新聞で取り上げられた。江口愛実 フレッシュアイペディアより)

  • マーシャル・プロジェクト

    マーシャル・プロジェクトから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2013年11月、ニール・バースキーは刑事司法に特化した報道機関を思いつき、ニューヨーク・タイムズの自分のOp-ed記事の執筆者紹介欄にプロジェクトの簡単な説明とウェブサイトのアドレスを掲載した。数週間の間に刑事司法に関心を持つ寄付団体がこのプロジェクトに資金援助を申し出たので、バースキーはそれらの団体と提携した。ビル・ケラーは2003年7月から2011年9月まで約8年間に渡ってニューヨーク・タイムズの編集長を務めた人物であり、2014年2月にプロジェクトに加わった。2014年8月、プロジェクトはワシントン・ポストと共に調査報道を行い、最初の記事がプロジェクトとワシントン・ポストのウェブサイトに掲載された。10月にはと共に調査報道を行い、11月にプロジェクトが正式に始まった。2014年の報道によると、プロジェクトの年間予算は500万ドルを見込んでおり、資金の2割をバースキーが出資していると言う。2015年2月現在、プロジェクトには21人の常勤記者が居り、約1万人の読者に毎日メールで記事の更新を通知している。2016年、常勤記者のがピューリッツァー賞を受賞した。マーシャル・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

555件中 91 - 100件表示