328件中 91 - 100件表示
  • ギジェットは15才

    ギジェットは15才から見たWashington Postワシントン・ポスト

    In Malibu, Gidget's Up Interview with Zuckerman, Washington Post, September 16, 2005ギジェットは15才 フレッシュアイペディアより)

  • 石巻日日新聞

    石巻日日新聞から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    これらの壁新聞発行をワシントン・ポストが報じ 、ニュース・ジャーナリズム博物館ニュージアムが7枚を永久保存する。また国際新聞編集者協会はこの新聞発行について石巻日日新聞に特別褒賞を授与した。さらに、「東日本大震災で困難に直面しながら、地元新聞社としての役割と責務を果たした」として、2011年に第59回菊池寛賞を受賞。石巻日日新聞 フレッシュアイペディアより)

  • 米中冷戦

    米中冷戦から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    そして、遂にアメリカ政界の重鎮であるヘンリー・キッシンジャー元米国務長官が、2011年1月14日付け米紙ワシントン・ポストに寄稿、「米中は冷戦を避けなければならない」と述べ、米中が冷戦状態に入りつつあると警鐘を鳴らす記事が掲載された。キッシンジャーは米中が冷戦状態に入った場合、「核拡散や環境、エネルギー、気候変動など、地球規模で解決が必要な問題について、国際的に(米中の)どちらに付くかの選択を迫ることになり、各地で摩擦が発生する」と述べた。米中冷戦 フレッシュアイペディアより)

  • ダグラス・マッカーサー2世

    ダグラス・マッカーサー2世から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    陸軍の英雄であるマッカーサー元帥の甥、さらにトルーマン政権の副大統領を務めたアルバン・W・バークリーの女婿(1934年にローラ・ルイーズと結婚)でもあったことから本国政界での知名度も高く、アイゼンハワーや国務長官のジョン・フォスター・ダレスとも親しい関係にある、実力派の大使として知られていた。退官後はワシントン・ポスト編集顧問などを務めたが、1997年心不全の発作で死去。ダグラス・マッカーサー2世 フレッシュアイペディアより)

  • Million Dollar Home Page

    Million Dollar Home Pageから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    コンセプトは「単純で見事」、「賢い」、「巧妙だ」、「(広告)媒体としてはユニークで、しかも少し楽しい」などと評された。ノッティンガム大学の Martin Binks 教授は、「単純さが見事だ。……広告主はその目新しさに惹かれる。……このサイトは1つの現象となった」と述べた。アメリカの Popular Mechanics 誌では、「内容は何もない。素晴らしいグラフィックスも景品もパリス・ヒルトンの動画もない。CMしか放送しないテレビのチャンネルや、広告しか掲載していない雑誌を想像してみればよい。それがミリオンダラー・ホームページだ。バイラルマーケティングの力を見せつけた驚くべき実例だ」と述べている。ワシントン・ポスト紙の Don Oldenburg は、このサイトを賞賛しない記事を書いた数少ない人の1人で、「安っぽい、詐欺まがいの広告やスパムやバナー広告やポップアップの荒野」と評した。Oldenburg はさらに、「合成ステロイドの掲示板、見ずにはいられない転覆した広告列車のようなものだ。あなたがこれまでに見た全てのポップアップ広告を集めたかのように感じるだろう。それはインターネットそのものであり、これを見たあとは急にシャワーを浴びたくなる」と続けた。Million Dollar Home Page フレッシュアイペディアより)

  • ユージーン・マッカーシー

    ユージーン・マッカーシーから見たThe Washington Postワシントン・ポスト

    Gentle Senator, Presidential Hopeful Empowered U.S. Antiwar Movement ? The Washington Postユージーン・マッカーシー フレッシュアイペディアより)

  • ボスウォッシュ

    ボスウォッシュから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    この地域には、ニューヨーク証券取引所、NASDAQ、ホワイトハウスおよびアメリカ合衆国議会議事堂があり、国際連合本部ビルや、ABC、NBC、CBS、FOXの本社があり、またニューヨーク・タイムズ会社やワシントン・ポストの本社、さらに8つのアイビー・リーグ大学のうち6つまでが存在する。ステート・ストリート、シティグループおよびフィデリティのような金融会社の本社がこの地域の中にある。この地域はアメリカ合衆国の経済活動の5分の1を占めており、フォーチューン世界の500社のうち58社が存在する。ボスウォッシュ フレッシュアイペディアより)

  • ポール・アタナシオ

    ポール・アタナシオから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1984年から1987年までワシントン・ポストで映画批評を担当。その後、『ホミサイド/殺人捜査課』といったテレビシリーズの脚本を書き始める。1994年の『クイズ・ショウ』と1997年の『フェイク』でアカデミー脚本賞にノミネートされた。2009年に公開予定の『エデンの東』の脚本も手がけた。ポール・アタナシオ フレッシュアイペディアより)

  • 南京 (映画)

    南京 (映画)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    米紙ワシントン・ポストによると、この映画のプロデューサーで当時アメリカ・オンライン(AOL)の副会長であったテッド・レオンシス(2007年末現在、名誉副会長)が、『ザ・レイプ・オブ・南京』を著した中国系アメリカ人女性作家アイリス・チャンの自殺をめぐる古新聞の記事を目にしたのが、製作のきっかけだったと同紙に説明している。監督のビル・グッテンタグは、アカデミー賞短編ドキュメンタリー賞を2度受賞している人物。南京 (映画) フレッシュアイペディアより)

  • バラク・オバマの国籍陰謀論

    バラク・オバマの国籍陰謀論から見たWashington Postワシントン・ポスト

    American political writer Dana Milbank, writing for the Washington Post, describes the Obama citizenship theories of Bob Schulz (chairman of the We the People Foundation, which in 2008 publicly challenged Obama's citizenship) as "hysteria". Colorado elector Camilla Auger, responding to lobbying of members of the state's electoral college, commented: "I was concerned that there are that many nutty people in the country making depressing, absurd allegations. There are so many problems in the country right now, we need to work together."バラク・オバマの国籍陰謀論 フレッシュアイペディアより)

328件中 91 - 100件表示

「米紙ワシントン・ポスト」のニューストピックワード