328件中 11 - 20件表示
  • ルワンダ虐殺

    ルワンダ虐殺から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    4月9日、国連監視団はのポーランド人教会にて多数の児童が虐殺されるのを目撃した()。同日に、高度に武装化した練度の高い欧州軍の兵士1000人が、ヨーロッパ市民の国外避難を護衛するためにルワンダ入りした。この部隊は国際連合ルワンダ支援団を援護するための滞在は一切行わなかった。9日になると、ワシントン・ポスト紙が同国駐在員を恐怖させた事件として、国際連合ルワンダ支援団の職員が殺害された事実を報道した。また、4月9日から10日にかけて、アメリカのローソン駐ルワンダ大使と250人のアメリカ人が国外へ避難した。ルワンダ虐殺 フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    同紙は1851年にニューヨーク市で発行していた、ニューヨーク・トリビューン紙に対する高級新聞というスタイルをとり、創刊された。当初は、優れた体裁が人気を集め、順調に発行部数を伸ばしたが、南北戦争後に、南部に対する寛大な論調が反感を呼び、一時低迷した時期もある。その後20世紀に入ると、世界各地に取材網を張り巡らせ、など、ワシントン・ポストやウォール・ストリート・ジャーナルと並ぶアメリカを代表する高級紙としての地位を確立した。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • 対テロ特別班

    対テロ特別班から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントン・ポスト社で資料調べをするため単独別行動をとる。対テロ特別班 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤昭弘

    佐藤昭弘から見たワシントンポストワシントン・ポスト

    神奈川県茅ヶ崎市生まれ。神奈川県立平塚高等学校、青山学院大学英米文学部卒業。朝日新聞社に入社し、朝日イブニングニュース」記者として3年間勤務したのち、米国のAP通信社東京支局記者となる。同社に在籍したまま渡米し、南イリノイ大学に留学。その後、ワシントンポスト外信部にコピーエディターとして採用される。1972年、コロンビア大学大学院ジャーナリズム学部に進み、修士号を得る。UPI通信社ニュージャージー州支局記者として5年間の勤務を経て、ニューヨークのダウ・ジョーンズ社に入社、「APダウジョーンズ経済通信」東京支局長、ニュースエディター、アジア太平洋地域総局長を歴任。佐藤昭弘 フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・ベイヤー

    アンドリュー・ベイヤーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1960年代後半から競馬記者としての活動を開始。1970年代に競走馬の走破タイムなどを元にしたベイヤー指数を考案。1992年からはアメリカで最大のシェアを占める競馬新聞のデイリーレーシングフォームにその指数が掲載されている。スピード指数を用いる予想方法は日本にも多大な影響を与えており独自の指数も多数発表されている。また競馬に関するコラムニストとしての一面も持ち合わせておりワシントン・ポストでコラムを執筆しているほか、著書は日本でも訳されて出版されている。アンドリュー・ベイヤー フレッシュアイペディアより)

  • ポール・アーメンターノ

    ポール・アーメンターノから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    全国ネットのラジオやテレビ番組への出演の機会も多く、これまでに、FOXニュース、MSNBC、CBSニュースなどに出演。彼が書いた記事やリサーチの結果は、ニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト紙、クリスチャン・サイエンス・モニター紙を含む500以上の媒体および十数冊の教科書や選集に掲載されている。2008年には「Project Censored Real News Award for Outstanding Investigative Journalism」賞を受賞。ポール・アーメンターノ フレッシュアイペディアより)

  • クリストファー・ヒル

    クリストファー・ヒルから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2008年4月11日、ワシントン・ポストは北朝鮮の核開発に関する暫定的な合意がまとまり、制裁の解除が決まったと報じた。この合意内容には、北朝鮮が主な核施設の稼働を停止し、プルトニウムの保有量を完全に公開することなどが含まれている。交渉団長を務めたヒルは「プルトニウムに焦点を当てたのは、核爆弾に直結するウラン濃縮に関する疑惑を解くためである。プルトニウム自体に関して疑いはなく動かぬ証拠を握っている。」と述べた。クリストファー・ヒル フレッシュアイペディアより)

  • トレインズ

    トレインズから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2007年10月時点での編集者はシャーロット・オブザーバー誌のライターであったジム・リンと、以前は『ワシントン・ポスト』紙のライターであった『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』誌のレポーターであるドン・フィリップスがコラムを担当している。トレインズ フレッシュアイペディアより)

  • PBSニュースアワー

    PBSニュースアワーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    週に一度の頻度で最近の政治問題に関する小規模な討論が行われる。司会はシニア・コレスポンダントのレイ・スアレズが務め、保守派の代表としてニューヨーク・タイムズのデイヴィッド・ブルックス、リベラル側としてワシントン・ポストなどに寄稿するシンジケイティッド・コラムニストのマーク・シールズが互いの政治的立場からの意見を述べる。PBSニュースアワー フレッシュアイペディアより)

  • 和村幸得

    和村幸得から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2011年に発生した東日本大震災の際、普代村では防潮堤の外側にあった漁業施設は津波によりほぼ全滅、603隻あった漁船は40隻前後にまで減少したが、防潮施設に守られた内側では死者0名(行方不明者1名)、住居への被害0件と、沿岸部の他自治体に比べて被害は極めて軽微に留まった。これにより和村は震災直後から全国的な注目を集め、日本のメディアのみならず、米国の『ワシントン・ポスト』紙も取り上げた。震災後、堤防に手を合わせたり、和村の墓に線香を供える人も見られた。和村幸得 フレッシュアイペディアより)

328件中 11 - 20件表示

「米紙ワシントン・ポスト」のニューストピックワード