555件中 11 - 20件表示
  • バラク・オバマの広島訪問

    バラク・オバマの広島訪問から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2016年4月2日、岸田外相がG7外務大臣会合においてケリー国務長官を含む各国の外務大臣が平和記念公園を訪れることを発表。4月11日、ケリーが広島平和記念公園を訪問し、広島平和記念資料館(原爆資料館)の展示内容は衝撃的で胸をえぐられるようだとコメントした。これが現職のアメリカ合衆国閣僚、並びに国務長官として初の平和記念公園への訪問だった。しかしオバマの広島訪問の可能性については実現を望みつつ可能性は不明とした。そしてアメリカ政府はケリーの広島訪問が国内世論に与える影響を見極め、保守派寄りのワシントン・ポスト、リベラル寄りのニューヨーク・タイムズが両紙揃ってオバマの広島訪問を後押しする社説を掲載し、日本の侵略行為を批判する保守派からもオバマが被爆者を慰霊すること自体には異論を唱えないなど、ホワイトハウスはオバマの広島訪問が世論の理解を得られると判断し、実現に向け動き出した。バラク・オバマの広島訪問 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ同時多発テロ事件陰謀説

    アメリカ同時多発テロ事件陰謀説から見たワシントンポストワシントン・ポスト

    ワシントンポストは、911事件当日のペンタゴンの攻撃を報道する記事で、現場証言として、ペンタゴン職員のErvin Brownが「小型飛行機の残骸のようなものが地面にあるのを見た」同じくTom Seibertが「ミサイルのような音を聞いた後、爆発が起きた」と発言した、と報じた。アメリカ同時多発テロ事件陰謀説 フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・ベゾス

    ジェフ・ベゾスから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ジェフリー・プレストン・ベゾス(Jeffrey Preston Bezos, 1964年1月12日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、作家、教育者。Amazon.com の共同創設者でありCEO、取締役会長、社長。出生名はジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン(Jeffrey Preston Jorgensen)。世界最大の資産家であり、フォーブスの長者番付によると2018年時点で1120億ドルの資産を有する。2013年に米有力新聞ワシントン・ポストを買収しオーナーとなった。ジェフ・ベゾス フレッシュアイペディアより)

  • アンドルー・カード

    アンドルー・カードから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    マサチューセッツ州民主党代表(2001年当時)のフィリップ・ジョンストンは、マサチューセッツ州下院で種々の法改正を発効させるべく、カードと協力した。2000年2月、ジョンストンはワシントン・ポストに対し、「私は非常に党派心の強い、自由主義的民主党員であり、我々は共に、実に見事に働いた」と語った。それは、選挙後の混乱が収束する頃にカードが大統領首席補佐官に任命されたことが明らかになった際、連邦議会の至る所で言われた心情であった。アンドルー・カード フレッシュアイペディアより)

  • ウォーターゲート事件

    ウォーターゲート事件から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    やがて犯人グループがニクソン大統領再選委員会(またはCRP)の関係者であることが分かり、当初ニクソン大統領とホワイトハウスのスタッフは「侵入事件と政権とは無関係」との立場を取ったが、ワシントン・ポストなどの取材から次第に政権内部がこの盗聴に深く関与していることが露見する。ウォーターゲート事件 フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    安倍は3月1日に「旧日本軍の強制性を裏付ける証言は存在していない」と発言、5日には対日決議案は「客観的事実に基づいていない」と述べた。安倍は他方で当時の慰安婦の経済状況について考慮すべきこと、斡旋業者が「事実上強制していたケースもあった。広義の解釈では強制性があった」とも発言した。この安倍発言は国内外で大きな波紋を呼び、ワシントン・ポストは「二枚舌」と批判した。31日にはアジア女性基金が解散。またアルジャジーラは「アメリカ合衆国は日本と中国・韓国との間に問題を作り出そうとしている」と報じた。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)

    トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2010年5月2日、ワシントン・ポストは自動車コラムニストのウォーレン・ブラウンの記事「A sweet salvo from Seoul(ソウルからの甘い爆撃)」において、ヒュンダイの新型ソナタは、日本車よりも優れており、米国で高い評価を受けているとしたうえで、試乗比較の結果、「ソナタに乗ってみれば、韓国車が日本車に勝っていることが実感できる」と紹介した。デザイン、インテリア、安全性、性能、品質においてソナタは、トヨタのカムリ、ホンダのアコード、日産のアルティマを圧倒し、またソナタはシボレー「マリブ」、フォード「フュージョン」の脅威になるとした。トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ニューヨーク・タイムズ

    ニューヨーク・タイムズから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    同紙は1851年にニューヨーク市で発行していた、ニューヨーク・トリビューン紙に対する高級新聞というスタイルをとり、創刊された。当初は、優れた体裁が人気を集め、順調に発行部数を伸ばしたが、南北戦争後に、南部に対する寛大な論調が反感を呼び、一時低迷した時期もある。その後20世紀に入ると、世界各地に取材網を張り巡らせ、ワシントン・ポストやウォール・ストリート・ジャーナルと並ぶアメリカを代表する高級紙としての地位を確立した。ニューヨーク・タイムズ フレッシュアイペディアより)

  • 1917年のスパイ活動法

    1917年のスパイ活動法から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1971年6月、ダニエル・エルズバーグとアンソニー・ルッソは1917年のスパイ活動法によって重罪の容疑がかけられた。なぜなら彼らにはペンタゴン・ペーパーズとして知られるようになった機密の書類を公にする法的権限はなかったからである。ニューヨーク・タイムズ社対アメリカ合衆国事件において、最高裁は政府が表現の自由の抑制にうまくいった事例がなかったことを見出したが、判決の多数意見は政府はそれでもニューヨーク・タイムズとワシントン・ポストが機密を暴露する記事を掲載したことはスパイ活動法に違反しているという判断を下した。エルズバーグとルッソのスパイ活動法違反に対する容疑は無罪とはならなかったが、政府が関与した事件において、誤った裁判に基づいていたとして釈放された。1917年のスパイ活動法 フレッシュアイペディアより)

  • ユニシス

    ユニシスから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2005年10月、ワシントン・ポスト紙はユニシスがとの10億から30億ドルの契約において、契約上許されていない長時間の残業を高い単価で計上していたと報じた。ユニシスはこれを否定している。ユニシス フレッシュアイペディアより)

555件中 11 - 20件表示