328件中 21 - 30件表示
  • ハロラン芙美子

    ハロラン芙美子から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    長崎県大村市生まれ。旧本名・森史子。1962年、福岡県立修猷館高等学校卒、1966年、京都大学文学部史学科卒、1970年、コロンビア大学大学院修士課程修了、1973年まで同大学東アジア研究所勤務、1976年まで日本国際交流センター勤務、1978年、米国人ジャーナリストのリチャード・ハロラン(元ワシントン・ポスト東京支局長、元ニューヨーク・タイムズ東京支局長)と結婚。1977年から1979年まで、ジャパン・エコノミック・インスティテュート勤務。1980年、『ワシントンの町から』で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。1990年よりハワイ州ホノルルに住む。ハロラン芙美子 フレッシュアイペディアより)

  • 24保安法波動

    24保安法波動から見たワシントンポスト紙ワシントン・ポスト

    この「24保安法波動」に対し、アメリカ国務省は遺憾の意を表明するとともにアイゼンハワー大統領が駐韓米大使を通じて、国家保安法悪用に対する警告の親書を李承晩大統領に手渡した。また、ワシントンポスト紙は今回の事件は「警察国家的手法」であると酷評する社説を掲載、イギリスのロンドンタイムズ紙は「韓国には事実上野党の存在がありえない」として「たとえ李大統領が次回の選挙に出馬しても支持は受けられないだろう」と翌々年の3・15不正選挙を予言するかのような記事を掲載した。24保安法波動 フレッシュアイペディアより)

  • トマス・ナイズ

    トマス・ナイズから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2010年9月14日、ワシントン・ポスト紙は行政管理予算局長に転任するジェイコブ・ルー国務副長官(管理・資源担当)の後任に、ナイズが指名される公算が大きいと報じた。ブルームバーグやロイターなども同様の報道を行った。ホワイトハウスは2010年9月29日、バラク・オバマ大統領がナイズを国務副長官に指名した旨を発表した。ナイズは2010年12月22日に上院の承認を受けた後、2011年1月3日に就任宣誓を行い国務副長官に就任した。トマス・ナイズ フレッシュアイペディアより)

  • アート・バックウォルド

    アート・バックウォルドから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    アート・バックウォルド(Art Buchwald)ことアーサー・バックウォルド(Arthur Buchwald、1925年10月20日 - 2007年1月17日)は、アメリカ合衆国のユーモア作家。ワシントン・ポストにおいて長期に連載したコラムニストとして知られ、他の多くの新聞にも配信されていた。アート・バックウォルド フレッシュアイペディアより)

  • 山岡清二

    山岡清二から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    大阪府生まれ。1962年国際基督教大学卒業。共同通信記者、米国務省通訳官、ワシントン・ポスト記者(東京支局)を経てフリーとなり、評論、翻訳、通訳、ラジオ時事解説、コンサルティングなど。衆議院国際会議課顧問、文部省教科書審議会委員(外国語部会長)、『ニューズウィーク日本版』編集顧問など。1988年東洋英和女学院短期大学国際教養科教授、2001年東洋英和女学院大学・国際社会学部教授。2007年定年退任、名誉教授。山岡清二 フレッシュアイペディアより)

  • ジェリー・ホワイト (政治活動家)

    ジェリー・ホワイト (政治活動家)から見たワシントンポストワシントン・ポスト

    地雷生存者ネットワークのディレクターになる以前は大量破壊兵器反対キャンペーンの活動家であった。ニューヨークタイムズ、ワシントンポスト、ウォールストリート・ジャーナル、ニューリパブリックのインタビューや執筆に携わった。核軍縮のウィスコンシンプロジェクトのアシスタントディレクター、リスクレポートの受賞した出版物の編集者、アメリカの障害者団体(Amputee Coalition of America)の役員を務めた。国連や上院議会の会議前に証言するなど、メディアに広範囲にわたって活動している。ジェリー・ホワイト (政治活動家) フレッシュアイペディアより)

  • ジェイムズ・グラスマン

    ジェイムズ・グラスマンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1993年7月から2004年7月までワシントン・ポスト紙で投資コラムニスト。政治経済に関する論説コラムも執筆。ウォールストリート・ジャーナル、ロサンゼルス・タイムズ、フォーブス、その他の刊行物にも記事を寄稿。アトランティック (雑誌)社長、ニュー・リパブリック発行者、USニューズ&ワールド・レポート取締役副社長、ロール・コール編集長兼共同オーナーを歴任。ジェイムズ・グラスマン フレッシュアイペディアより)

  • 概念計画8022-02

    概念計画8022-02から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    概念計画8022-02(CONPLAN 8022-02)とは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)やイランなどの国家からの「差し迫った」脅威による不測の事態に対応するため、アメリカ戦略軍により正式に立案された軍事準備計画である。ワシントン・ポストなどの報道によると、本計画の策定は2003年11月に完了し、結果先制攻撃ならびに攻撃的打撃能力を得たとしている。主に地中深くを潜行するロケット弾や爆弾型の戦術核兵器(または)、コンピュータウイルス、レーダー撹乱技術を用い先制攻撃を仕掛けることが計画に挙げられている。概念計画8022-02 フレッシュアイペディアより)

  • 自衛隊ペルシャ湾派遣

    自衛隊ペルシャ湾派遣から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    湾岸戦争に際して日本は、130億ドルにも上る資金協力を行った。それにもかかわらず、クウェートが湾岸戦争終結直後に、ワシントン・ポスト紙の全面を使って謝意を表した広告には、クウェート解放に貢献した全ての国の国旗が掲載されていたが、金銭的貢献しか行わなかった日本は除かれていた。しかしながら、掃海部隊派遣後は、クウェートで日本の国旗が新たに他国に加わって印刷された記念切手が発行されるなど、危険を伴った人的貢献に接して、外国における評価が一変する。自衛隊ペルシャ湾派遣 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ネグロポンテ

    ジョン・ネグロポンテから見たThe Washington Postワシントン・ポスト

    "Negroponte's Time in Honduras at Issue" (Michael Dobbs for The Washington Post, 2005年3月21日)ジョン・ネグロポンテ フレッシュアイペディアより)

328件中 21 - 30件表示

「米紙ワシントン・ポスト」のニューストピックワード