555件中 31 - 40件表示
  • ジェイムズ・グラスマン

    ジェイムズ・グラスマンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1993年7月から2004年7月までワシントン・ポスト紙で投資コラムニスト。政治経済に関する論説コラムも執筆。ウォールストリート・ジャーナル、ロサンゼルス・タイムズ、フォーブス、その他の刊行物にも記事を寄稿。アトランティック (雑誌)社長、ニュー・リパブリック発行者、USニューズ&ワールド・レポート取締役副社長、ロール・コール編集長兼共同オーナーを歴任。ジェイムズ・グラスマン フレッシュアイペディアより)

  • クレイ郡 (ケンタッキー州)

    クレイ郡 (ケンタッキー州)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2010年7月の「ワシントン・ポスト」に拠ると、クレイ郡はケンタッキー州では最悪、アメリカ合衆国内でも最悪クラスに不健康な郡になっていた。郡内の肥満率が高い。クレイ郡 (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

  • マシュー・カーター

    マシュー・カーターから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1981年、同僚のマイク・パーカーとともにビットストリーム社を設立。1991年に退社し、シェリー・コーンと共にカーター&コーン・タイプ社を設立。カーターは書体の可読性の改善に尽力し、アップルコンピュータとマイクロソフトに書体を提供した。Georgia と Verdana の2書体は、コンピュータスクリーン上での使用を前提に設計された。また、カーターはタイム、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、ボストン・グローブ、WIRED、ニューズウィークといった雑誌出版社にも書体を提供した。マシュー・カーター フレッシュアイペディアより)

  • イラク・イスラム軍

    イラク・イスラム軍から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2003年のイラク戦争開戦に伴い同年夏に結成された組織で、イラク国内では最大規模のイスラーム主義・民族主義組織であるとされる。指導者のイスマーイール・ジュブーリーは、ワシントン・ポスト紙とのインタビューにおいて「イラク・イスラーム軍にはスンナ派だけではなく、シーア派やクルド人もいる」と表明した。イラク・イスラム軍 フレッシュアイペディアより)

  • ポール・アーメンターノ

    ポール・アーメンターノから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    全国ネットのラジオやテレビ番組への出演の機会も多く、これまでに、FOXニュース、MSNBC、CBSニュースなどに出演。彼が書いた記事やリサーチの結果は、ニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト紙、クリスチャン・サイエンス・モニター紙を含む500以上の媒体および十数冊の教科書や選集に掲載されている。2008年には「Project Censored Real News Award for Outstanding Investigative Journalism」賞を受賞。ポール・アーメンターノ フレッシュアイペディアより)

  • アール・ラウアー・バッツ

    アール・ラウアー・バッツから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントン・ポスト紙はバッツの発言に関して、「政府関係筋は『政府高官は誰一人として疑念を抱いていない』と口を揃えた」と報じた。AP通信はバッツの発言を各報道機関に伝達した。コロンビア・ジャーナリズム・レビュー誌によると、2紙がバッツの発言をありのままに報道した。1紙はオハイオ州トレドのザ・ブレイド紙、もう1紙はウィスコンシン州マディソンのキャピタル・タイムズ紙であった。他の新聞はバッツの言葉を引用する際、「しまりのいい」に続く女性器を表す名詞や、「暖かい場所」にかかる排泄物を意味する目的語について、別の表現に置換したり伏字にして言及した。テキサス州ラボックのラボック・アヴァランチ・ジャーナル紙は、新聞社内ではオリジナルの発言が使用可能であると述べたため、200人を超える人が原文を読むために新聞社を訪れた。カリフォルニア州サンディエゴのサンディエゴ・イヴニング・トリビューン紙は、要求があれば誰にでも原文のコピーを郵送すると公表し、3000人を超える読者が郵送を希望した。アール・ラウアー・バッツ フレッシュアイペディアより)

  • フォールズチャーチ (バージニア州)

    フォールズチャーチ (バージニア州)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    「ザ・フォールズチャーチ・タイムズ」はオンラインのニュースと意見のサイトであり、2008年に始められた。「ザ・フォールズチャーチ・ポスト」は地域社会のオンライン・ニューズマガジンであり、日々更新され、2週間に1度は大きな記事が載る。全国紙や地域紙である「ワシントン・イグザミナー」、「ワシントン・タイムズ」、「ワシントン・ポスト」も入手できる。フォールズチャーチ (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • アンドリュー・ベイヤー

    アンドリュー・ベイヤーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1960年代後半から競馬記者としての活動を開始。1970年代に競走馬の走破タイムなどをもとにしたベイヤー指数を考案。1992年からはアメリカで最大のシェアを占める競馬新聞のデイリーレーシングフォームにその指数が掲載されている。スピード指数を用いる予想方法は日本にも多大な影響を与えており独自の指数も多数発表されている。また競馬に関するコラムニストとしての一面も持ち合わせておりワシントン・ポストでコラムを執筆しているほか、著書は日本でも訳されて出版されている。アンドリュー・ベイヤー フレッシュアイペディアより)

  • カプラン

    カプランから見たワシントンポストワシントン・ポスト

    現在では高等教育(大学や専門学校)から、専門プログラム(ファイナンス等やメディカル)、テスト対策コース、英語学校等を経営・運営している。現在のCEOはAndrew Rosen。年間売上高2.6ビリオン。1984年にアメリカのワシントンポストに買収され、子会社になった。カプラン フレッシュアイペディアより)

  • キース・オルバーマン

    キース・オルバーマンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2007年1月、ワシントン・ポスト紙のハワード・カーツは、オルバーマンの番組をビル・オライリーの番組『ジ・オライリー・ファクター』に対抗するリベラルなものと位置づけていると書いた。また、保守派のメディア監視団体メディアリサーチセンターは2005年6月30日から1年間オルバーマンの番組のなかで「世界で最悪」とされた人々を分析した結果、600人の「世界で最悪」リストのうち29%(174人)が彼らの定義によるところの保守派であり、6%(23人)がリベラル派であったと報じた。キース・オルバーマン フレッシュアイペディアより)

555件中 31 - 40件表示