328件中 31 - 40件表示
  • ダニエル・ピンク

    ダニエル・ピンクから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ダニエル・ピンク(、1964年)は、アメリカ合衆国の作家で、ビル・クリントン政権下のロバート・ライシュの補佐官を経て、1995年から1997年までアル・ゴア副大統領の首席スピーチライターを務めた。その後、フリーエージェントを宣言して、ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの記事や論文を執筆している。ダニエル・ピンク フレッシュアイペディアより)

  • アール・ラウアー・バッツ

    アール・ラウアー・バッツから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントン・ポスト紙はバッツの発言に関して、「政府関係筋は『政府高官は誰一人として疑念を抱いていない』と口を揃えた」と報じた。AP通信はバッツの発言を各報道機関に伝達した。コロンビア・ジャーナリズム・レビュー誌によると、2紙がバッツの発言をありのままに報道した。1紙はオハイオ州トレドのザ・ブレイド紙、もう1紙はウィスコンシン州マディソンのキャピタル・タイムズ紙であった。他の新聞はバッツの言葉を引用する際、「しまりのいい」に続く女性器を表す名詞や、「暖かい場所」にかかる排泄物を意味する目的語について、別の表現に置換したり伏字にして言及した。テキサス州ラボックのラボック・アヴァランチ・ジャーナル紙は、新聞社内ではオリジナルの発言が使用可能であると述べたため、200人を超える人が原文を読むために新聞社を訪れた。カリフォルニア州サンディエゴのサンディエゴ・イヴニング・トリビューン紙は、要求があれば誰にでも原文のコピーを郵送すると公表し、3000人を超える読者が郵送を希望した。アール・ラウアー・バッツ フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・ジョセフ (政治家)

    ロバート・ジョセフ (政治家)から見たThe Washington Postワシントン・ポスト

    "Moscow's Missile Gambit" The Washington Post, March 13, 2008. (with J. D. Crouch); also atロバート・ジョセフ (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・フィッシャー

    エイドリアン・フィッシャーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1968年、フィッシャーは個人弁護士となり、弁護士事務所を立ち上げた。フィッシャーはまた、ワシントン・ポスト紙で顧問弁護士となった。フィッシャーは1969年から1975年までジョージタウン大学法律センターで学部長に就任した。フィッシャーは1977年から1980年まで同法律センターで法学の教授を務めた 。エイドリアン・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • ボグダノフ事件

    ボグダノフ事件から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2002年に議論が始まった頃、膨大な量の記事が『ニューヨーク・タイムズ』、『ワシントン・ポスト』、『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』、『エコノミスト』、The Chronicle of Higher Education、『プラウダ』、『ディー・ツァイト』、『ルモンド』紙などの全世界のメディアに掲載された。ボグダノフ事件 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーコロンバイン大虐殺RPG!

    スーパーコロンバイン大虐殺RPG!から見たワシントンポストワシントン・ポスト

    ゲーム性について、ワシントンポスト紙のジョゼ・アントニオ・バルガス(Jose Antonio Vargas)は「特に残虐というものではない(not especially bloody)」と評した。スーパーコロンバイン大虐殺RPG! フレッシュアイペディアより)

  • ピューリッツァー賞 ニュース速報報道部門

    ピューリッツァー賞 ニュース速報報道部門から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2008年 ワシントン・ポストのスタッフ達:バージニア工科大学での乱射事件においての紙面・オンラインによる多面的な報道に対して。ピューリッツァー賞 ニュース速報報道部門 フレッシュアイペディアより)

  • Casio F91W

    Casio F91Wから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1996年のワシントン・ポストの記事ではアブドゥル・ハキム・ムラド、ワリ・カーン・アミン・シャー、ラムジ・ユセフが、広く入手できるカシオ製デジタルウオッチを用いた時限爆弾の起爆方法を開発したとされている。Casio F91W フレッシュアイペディアより)

  • テラ・ナオミ

    テラ・ナオミから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ナオミは2003年、2004年、2005年に米国で自らまとめた国内ツアーを行ってきた。この際シカゴのザ・アビー、シカゴ・ハウス・オブ・ブルース、ニューヨークのアーヴィング・プラザ、フィラデルフィアのザ・トロカデロ、ダラスのザ・ジプシー・ティー・ルームなどで数日間ずつ公演を行っている。英国での興行は、マンチェスターの「イン・ザ・シティ・フェスティバル」への参加がある。彼女はまたニュース専門局CNBCの番組中に、オンライン上で成功を掴みつつあるアーティストの肖像を描く特集で採り上げられている。ナオミはまたロイターやロサンゼルス・タイムズ、LAウィークリー、ワシントン・ポスト、サロン・ドットコム、英国サンデー・タイムズの記事に採り上げられてきた。テラ・ナオミ フレッシュアイペディアより)

  • ノーザンプトン (戦術指揮艦)

    ノーザンプトン (戦術指揮艦)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ノーザンプトンは1977年12月31日に除籍された。2006年7月29日付のワシントン・ポスト紙の記事では、ノーザンプトンは核攻撃を受けた際に大統領が避難する「浮かぶホワイトハウス」の役割を持つとする政府の計画があったと報じた。ノーザンプトン (戦術指揮艦) フレッシュアイペディアより)

328件中 31 - 40件表示

「米紙ワシントン・ポスト」のニューストピックワード