555件中 41 - 50件表示
  • レイバーデイ (小説)

    レイバーデイ (小説)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントン・ポスト』は「説得力があり痛烈な自己形成物語にこの不吉な設定をすることはメイナードの能力を証明している」と評した。『ニューヨーク・タイムズ』誌上で作家のジョディ・ピコーは「『レイバーデイ』によりジョイス・メイナードは一流となった。絶対にあなたは見逃せない」と賞賛した。レイバーデイ (小説) フレッシュアイペディアより)

  • .st

    .stから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントン・ポスト紙はwapo.stを自社ホームページへの短縮URLとして採用している。.st フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ディスメンバメント・プラン

    ザ・ディスメンバメント・プランから見たワシントンポストワシントン・ポスト

    2010年、Barsuk Recordsより3rdアルバム『Emergency & I』の再発売が発表された。それを機にバンドは再結成、USツアーが発表される。この一報は、地元ワシントンポストを始め、SPIN、Pitchfork、stereogumなど音楽メディアもニュースとして大々的に取り上げた。その後日本ツアーも開催された。ザ・ディスメンバメント・プラン フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・スター

    ワシントン・スターから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1852年にジョゼフ・ボロウズ・テートにより創刊されたThe Daily Evening Starを母体としていた。1970年代から経営危機に悩まされるようになり、幾度かの身売りを経て1981年8月7日をもって廃刊した。その後、社屋や印刷装置は競売の上でワシントン・ポストが買収。このため統一教会の教祖である文鮮明が「自由主義世界の首都を代表する新聞社が容共リベラルのワシントン・ポストのみというのは報道の公正さに欠けるだけでなく、アメリカの健全な世論形成に悪影響を及ぼす」として、新たな保守系新聞ワシントン・タイムズを創刊している。ワシントン・スター フレッシュアイペディアより)

  • 24保安法波動

    24保安法波動から見たワシントンポスト紙ワシントン・ポスト

    この「24保安法波動」に対し、アメリカ国務省は遺憾の意を表明するとともにアイゼンハワー大統領が駐韓米大使を通じて、国家保安法悪用に対する警告の親書を李承晩大統領に手渡した。また、ワシントンポスト紙は今回の事件は「警察国家的手法」であると酷評する社説を掲載、イギリスのロンドンタイムズ紙は「韓国には事実上野党の存在がありえない」として「たとえ李大統領が次回の選挙に出馬しても支持は受けられないだろう」と翌々年の3・15不正選挙を予言するかのような記事を掲載した。24保安法波動 フレッシュアイペディアより)

  • インゴ・スワン

    インゴ・スワンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    後にはアメリカ陸軍が遠隔透視能力を軍事利用するためのスターゲイト・プロジェクトに参加。この計画が行なわれたのは、SRIでのスワンの透視能力の正確さがきっかけだったとの見方もある。同計画においては、スワンは遠隔透視のプロトコル(練習手順)を作成しており、これにより同計画はそれ以前の超能力研究と一線を画すものとなった。またスワンは、SRI協力者の中でも特に軍事に適した能力の持ち主と見なされており、次々に新たな技術を開発し、さらに後進の若い超能力者の育成にも貢献し、超能力者軍団とも呼べる団体を作り出すまでになった。CIAはこの団体を、畏敬の念も込めて「ウォリアー・モンク(超能力僧兵団)の暗号コード名で読んだ。この団体の実績は極秘事項であったが、実際には計り知れない実績を上げていたともいわれている。後年の『ワシントン・ポスト』紙上では、アメリカ政府が遠隔透視によりソビエト連邦の核実験施設や原子力潜水艦の位置確認を行なっているというスクープが報じられており、このニュースの陰にはスワンの尽力があったとの推測もある。インゴ・スワン フレッシュアイペディアより)

  • ポール・アタナシオ

    ポール・アタナシオから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1984年から1987年までワシントン・ポストで映画批評を担当。その後、『ホミサイド/殺人捜査課』といったテレビシリーズの脚本を書き始める。1994年の『クイズ・ショウ』と1997年の『フェイク』でアカデミー脚本賞にノミネートされた。2009年に公開予定の『エデンの東』の脚本も手がけた。ポール・アタナシオ フレッシュアイペディアより)

  • ニツコー・プロジェクト

    ニツコー・プロジェクトから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ニツコー・プロジェクトは学者や研究者の間では、憎悪をかき立てる様々な団体に関する主要な情報源として広く引用されている。USAトゥディ、クリスチャン・サイエンス・モニター、ワシントン・ポスト、ガーディアンなどの日刊紙や、国際法の専門誌であるアメリカン・ジャーナル・オブ・インターナショナル・ロー(The American Journal of International Law)なども他の情報源とともにニツコー・プロジェクトを引き合いに出している。ニツコー・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • ハイビームリサーチ

    ハイビームリサーチから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2002年後期にはResearchville.comを買収。2003年には2,600社の出版社との協力でアーカイブを増やした。2004年にハイビームリサーチに改名し、2005年に協力出版社数を3,500社にまで増やした。2006年、オックスフォード大学出版局、、ワシントン・ポストのアーカイブを追加、2008年センゲージ社に買収された。ハイビームリサーチ フレッシュアイペディアより)

  • 概念計画8022-02

    概念計画8022-02から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    概念計画8022-02(CONPLAN 8022-02)とは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)やイランなどの国家からの「差し迫った」脅威による不測の事態に対応するため、アメリカ戦略軍により正式に立案された軍事準備計画である。ワシントン・ポストなどの報道によると、本計画の策定は2003年11月に完了し、結果先制攻撃ならびに攻撃的打撃能力を得たとしている。主に地中深くを潜行するロケット弾や爆弾型の戦術核兵器(または)、コンピュータウイルス、レーダー撹乱技術を用い先制攻撃を仕掛けることが計画に挙げられている。概念計画8022-02 フレッシュアイペディアより)

555件中 41 - 50件表示