328件中 41 - 50件表示
  • マシュー・カーター

    マシュー・カーターから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1981年、同僚のマイク・パーカーとともにビットストリーム社を設立。1991年に退社し、シェリー・コーンと共にカーター&コーン・タイプ社を設立。カーターは書体の可読性の改善に尽力し、アップルコンピュータとマイクロソフトに書体を提供した。Georgia と Verdana の2書体は、コンピュータスクリーン上での使用を前提に設計された。また、カーターはタイム、ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズ、ボストン・グローブ、WIRED、ニューズウィークといった雑誌出版社にも書体を提供した。マシュー・カーター フレッシュアイペディアより)

  • 全米民主主義基金

    全米民主主義基金から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    NED の支持者は NED が実際に世界中でどこでも無数の社会民主的或はリベラルな起源のグループを支援していると主張する。NED は訓練の提供も支援し、彼らがインドネシアやウクライナのようにその国での規範と民主主義の原理を尊重する限り、オープンに反米のグループにも対応する、としている。NED は反対派よりも民主主義志向のグループを支援してきたが、公然と共産主義を支援するグループ、原理主義者、いかなる独裁者にも支援は行わなかった、と主張する。『ワシントン・ポスト』記者のマイケル・マクフォールは NED は米国の外交政策に固く組込まれていると論じた。例えば彼は米国政府が非民主的な政府を渋々支援するのと同様に民主的なグループを支援することを望んでいると書いた1。全米民主主義基金 フレッシュアイペディアより)

  • MGM-52 (ミサイル)

    MGM-52 (ミサイル)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    アメリカ政府は、ランスの放射線強化型熱核弾頭がドイツ連邦共和国(西ドイツ)の国土を不必要に破壊することなく敵兵だけを殺傷することができることを強調し、同盟国への損害を考慮せず躊躇なく使うことができる核兵器としてソビエト連邦に圧力をかけることによってソビエトの侵攻を阻止できると考えていたが、1977年6月6日付のワシントン・ポスト紙が建造物を温存して人命だけを奪う兵器として中性子爆弾(Neutron Bomb)という用語を用いて非人道的というニュアンスをこめて軍の開発を報じたため、ランスは一時悪評を得ることとなった。アメリカ議会は1977年7月13日にER弾頭の生産資金を承認したが、当時のジミー・カーター大統領は1978年4月に政治判断で中性子弾頭の製造を延期した。その後大統領が代わり1981年8月10日、ロナルド・レーガン大統領は、カーター大統領が定めた方針を覆してミサイルと砲弾の弾頭として中性子爆弾の生産を認可、製造が開始された。しかしながら、ER弾頭はアメリカ合衆国内に留め置かれ、海外に移送されることはなく、使用に関しても厳しい制限が設けられ、決して野戦部隊に持たされることはなかった。MGM-52 (ミサイル) フレッシュアイペディアより)

  • モニカ・ルインスキー

    モニカ・ルインスキーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    Monica Lewinsky profile ワシントン・ポスト(1998年1月24日)モニカ・ルインスキー フレッシュアイペディアより)

  • サミュエルソン

    サミュエルソンから見たワシントンポストワシントン・ポスト

    アメリカのコラムニスト。ニューズウィークとワシントンポストで経済に関するコラムを執筆している。サミュエルソン フレッシュアイペディアより)

  • ディープ・スロート (ウォーターゲート事件)

    ディープ・スロート (ウォーターゲート事件)から見たワシントンポストワシントン・ポスト

    テレビドラマ『X-ファイル』に登場する情報提供者の名も同じディープ・スロートで、設定はウォーターゲート事件でワシントンポストに情報提供した人物とされている。ディープ・スロート (ウォーターゲート事件) フレッシュアイペディアより)

  • バイナリ・ブロブ

    バイナリ・ブロブから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    The Black Hat Wireless Exploit Interview, Verbatim - ワシントン・ポストに掲載されたBrian Krebsによる記事。バイナリ・ブロブ フレッシュアイペディアより)

  • ヴィンス・ロンバルディ

    ヴィンス・ロンバルディから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    Lombardi's obituary - ワシントン・ポスト - 1970-09-04ヴィンス・ロンバルディ フレッシュアイペディアより)

  • 日米中正三角形論

    日米中正三角形論から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2010年4月13日、鳩山首相はワシントンで開かれた第1回核安全保障サミットに参加した。オバマ大統領は9カ国の首脳と公式会談を行ったが、日本とは夕食会席上で10分の非公式会談を行った。そこで、オバマ大統領は「昨年11月の日米首脳会談で"Trust me" と言ったが何も進んでない。きちんと最後まで実現できるのか」と強い疑念を表明した。ワシントン・ポストは4月14日付けで鳩山首相を「最大の敗者」「不運で愚か」と酷評した。日米中正三角形論 フレッシュアイペディアより)

  • ティム・オブライエン

    ティム・オブライエンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    兵役が完了した後、彼はハーバード大学大学院で政治学を学び、『ワシントン・ポスト』で働いた。1973年に処女作となる『僕が戦場で死んだら』を刊行、1979年には『カチアートを追跡して』で全米図書賞を受賞した。ティム・オブライエン フレッシュアイペディアより)

328件中 41 - 50件表示

「米紙ワシントン・ポスト」のニューストピックワード