555件中 51 - 60件表示
  • コネチカット (戦艦)

    コネチカット (戦艦)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    就役後は1907年1月にキューバに向けて最初の任務に出航するが、乗組員の間に腸チフスが発生し直ちにニューヨークに帰還した。その後再び出航すると、プエルトリコのクレブラで座礁した。ワシントン・ポストによると、スウィフト艦長は操舵手の助言に従って航行ブイの反対側の航路を進むよう命じ、結果として船底がぶつかり座礁することとなった。その後コネチカットは大西洋艦隊と合流、1907年4月16日に旗艦となり、同月末には大統領の観閲式と、バージニア州ジェームズタウンで開催されたジェームズタウン博覧会の開会式典に参加した。1907年12月16日に旗艦としてバージニア州ハンプトン・ローズからグレート・ホワイト・フリートの世界巡航に出航した。1908年5月8日に大西洋艦隊は太平洋艦隊とサンフランシスコ湾で合流し、海軍長官による観閲を受ける。連合艦隊はその威容を世界に向けて誇示し、コネチカットは旗艦として巡航を継続した。艦隊は1909年2月22日にハンプトン・ローズへ帰還し、コネチカットは1912年まで大西洋艦隊旗艦として訓練や記念式典に参加、母港のバージニア州ノーフォークから東海岸およびカリブ海を巡航した。1910年11月2日から1911年3月17日の間にコネチカットはヨーロッパ水域への偵察巡航を行う。1913年から1915年まで大西洋艦隊第4艦隊の旗艦となり、1913年10月から11月まで地中海への短期巡航、その後はカリブ海海域で、メキシコおよびハイチでの緊張に応じてアメリカ国民の保護任務に従事した。コネチカット (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • エイドリアン・フィッシャー

    エイドリアン・フィッシャーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1968年、フィッシャーは個人弁護士となり、弁護士事務所を立ち上げた。フィッシャーはまた、ワシントン・ポスト紙で顧問弁護士となった。フィッシャーは1969年から1975年までジョージタウン大学法律センターで学部長に就任した。フィッシャーは1977年から1980年まで同法律センターで法学の教授を務めた 。エイドリアン・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュア・フォア

    ジョシュア・フォアから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2004年にイェール大学のSilliman CollegeとTrumbull Collegeを卒業後、ジャーナリストとしてナショナル・ジオグラフィック(「グアルゴの森 チンパンジーの好奇心」2010年2月号)、エスクァイア、ストレート誌、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストに記事を書いた。ジョシュア・フォア フレッシュアイペディアより)

  • ラムズフェルドのルール

    ラムズフェルドのルールから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストの第一面に掲載されたら嫌だと自らが感じるようなことを言ったり、行ったりしてはいけません。ラムズフェルドのルール フレッシュアイペディアより)

  • イッキー・サンプ

    イッキー・サンプから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    本作は多数のメディアによって、2007年を代表するアルバムの一つに挙げられている。ワシントン・ポスト紙の記者J. Freedom du Lacによる「2007年のトップ・アルバム」及び『スピン』誌のスタッフによる「2007年の40ベスト・アルバム」では10位、オブザーバーによる「2007年のベスト50アルバム」では12位、『NME』誌による「2007年の50ベスト・アルバム」では15位にランク・イン。イッキー・サンプ フレッシュアイペディアより)

  • 意見広告

    意見広告から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    歴史事実普及協会が、日本政府に対し慰安婦問題への謝罪を要求するアメリカ合衆国下院121号決議採択の動きに対抗し、2007年6月14日付のワシントン・ポスト紙に"THE FACTS"を掲載。意見広告 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田眞

    黒田眞から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    通産審議官在任中の1987年4月17日、日米半導体協定交渉の最終段階における「対日措置」発動の際の、日本側責任者の一人であった。同年3月27日、レーガン政権下の閣僚レベルの経済政策委員会(EPC)において「対日措置」が発動されたが、その前日の3月26日、ワシントン・ポスト紙上において、「スミス米国通商代表部次席代表、マクミン国務次官補らとの昼食会の席上、米国がいかに日本政府関係機関にスーパーコンピュータを売り込もうとしても時間の無駄で、それは品質とか価格とは関係ないと言明した」と報じられた。また中曽根康弘首相がワシントン入りした同年4月28日付け同紙では、上記席上での発言を引き合いに、日本がコンピューター市場の支配を狙っているとの「国務省機密報告」なる「リーク文」が掲載され、あわせて「系列」など日本市場の透明性に関して、社会的・経済的に市場の原理が働かない「異質な」仕組みに批判が向けられることとなった。黒田眞 フレッシュアイペディアより)

  • ニコルソン (DD-52)

    ニコルソン (DD-52)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    Uボート沈没に関する公式発表は12月29日に行われた。ファニングとニコルソンは戦果を分け合い、ワシントン・ポスト紙は戦時における「初のアメリカ合衆国によるUボートの戦果」としてこれを報じた。のちにアメリカ海軍駆逐艦2隻による初のUボートの戦果として記録された。ニコルソン (DD-52) フレッシュアイペディアより)

  • 世界自由民主連盟

    世界自由民主連盟から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1978年にはロジャー・ピアソンがWACL議長に就くものの、ネオナチに関与していた事、同年ワシントン・ポストによる批判記事により、WACLを除名されるか、少なくとも議長退任を余儀無くされたものと見られる。世界自由民主連盟 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァレリー・スティール

    ヴァレリー・スティールから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    スティールは、様々な機会に講演を行い、『オプラ・ウィンフリー・ショー』や『Undressed: The Story of Fashion』など、テレビ番組にも数多く出演している。公共放送サービス (PBS) の特別番組『The Way We Wear』に出演した際には、『ワシントン・ポスト』紙から「ファッション界で最高の頭脳をもつ女性たち (fashion’s brainiest women)」のひとりと評された。メディアで発言が引用されることもよくあり、『フォーブス』誌は「ファッション教授 (Fashion Professor)」、『ニューヨーク・タイムズ』紙は「ハイヒールを履いた歴史家 (High-Heeled Historian)」と彼女を形容し、『ニューヨーク・デイリーニューズ』紙は「ファッション界で最も力をもつ50人」のひとりに彼女を選出している。ヴァレリー・スティール フレッシュアイペディアより)

555件中 51 - 60件表示