328件中 51 - 60件表示
  • クローバー・クラブ

    クローバー・クラブから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    「クローバー・クラブ」のカクテル名は、米国のフィラデルフィアにあったクラブの名称に由来する。このカクテルの正確な発祥の時期は不明だが、米国では禁酒法時代以前から飲まれているカクテルであり、1911年にワシントン・ポストとニューヨーク・タイムズの新聞広告で Clover Club がカクテルとして紹介されている。クローバー・クラブ フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト (行進曲)

    ワシントン・ポスト (行進曲)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1889年、アメリカの新聞「ワシントン・ポスト」のオーナーが紙上で行われた作文コンテストの表彰式で使う行進曲の作曲を当時アメリカ海兵隊楽団長であったスーザに依頼した。スーザはその依頼に応え作曲し同年6月15日の表彰式で初演され、瞬く間にヒットした。この行進曲は、かつては平凡な新聞であったワシントン・ポスト紙に名声と注目をもたらしたと多くの人は語った。この出来事から、あるイギリス人のジャーナリストはスーザのことを「マーチ王」と呼んだ。スーザはワシントンD.C.にあるワシントン・ポスト・ビルの一角において、ワシントン・ポスト紙とアメリカ合衆国への貢献が称えられている。ワシントン・ポスト (行進曲) フレッシュアイペディアより)

  • ニツコー・プロジェクト

    ニツコー・プロジェクトから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ニツコー・プロジェクトは学者や研究者の間では、憎悪をかき立てる様々な団体に関する主要な情報源として広く引用されている。USAトゥディ、クリスチャン・サイエンス・モニター、ワシントン・ポスト、ガーディアンなどの日刊紙や、国際法の専門誌であるアメリカン・ジャーナル・オブ・インターナショナル・ロー(The American Journal of International Law)なども他の情報源とともにニツコー・プロジェクトを引き合いに出している。ニツコー・プロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • ロビー活動

    ロビー活動から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2005年7月に市民団体パブリック・シチズンは『議会からKストリートへの旅路』 ("The Journey from Congress to K Street") と題するレポートを発表した(KストリートはワシントンD.C. にある、シンクタンクやロビイストのオフィスが集まる通り)。ロビー活動公開法、外国代理人登録法の規制の下で提出されたロビイスト登録文書を分析したこの報告書は、1998年以後に退職した議員198名のうち 43% がロビイストに登録していることを明らかにした。ワシントン・ポスト紙はこのレポートに関して、ロビー活動に対する議員たちの態度が変化している事実を反映していると述べている。同紙によると、議員がロビイストになることは20年前には考えられなかったことであると同時に、議員出身のロビイストは怠惰であることが多く敬遠されていると述べている。ロビー活動 フレッシュアイペディアより)

  • トム・ディレイ

    トム・ディレイから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ディレイはテキサス州ラレドで生まれた。父親は石油、天然ガス関連の仕事に従事し、そのため幼年期の大半をベネズエラで過ごす。コーパスクリスティのキャラルレン高校に入学し、フットボールやダンスを行った。ベイラー大学に進学し医学部予科を専攻したが、飲酒した上ベイラー大学のライバル校であるテキサスA&M大学の建物をベイラー大学の色に塗り替えたと言うことで、放校処分となった。ワシントン・ポスト紙はディレイが大学在学中に兵役の延期を受け、1969年にベトナム戦争のための徴兵を受けないのを確実にするための抽選を受けたと報じた。ディレイは1970年にヒューストン大学を卒業、理学士号を得た。トム・ディレイ フレッシュアイペディアより)

  • 全国紙

    全国紙から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    日本で言うところの「全国紙」とは概念が少し違い(99パーセントが地方紙)、記事が全米規模で配信され"National newspaper"(全国的な新聞)とおおよそ呼ばれているのはUSAトゥデイ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポスト、クリスチャン・サイエンス・モニター、ロサンゼルス・タイムズなどである。このうち、特定地方・都市に偏らず全米の読者を対象としているのはUSAトゥデイと経済紙のウォール・ストリート・ジャーナルのみ。全国紙 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ディスメンバメント・プラン

    ザ・ディスメンバメント・プランから見たワシントンポストワシントン・ポスト

    2011年、Barsuk Recordsより『Emergency & I』が再発売された。それを機にバンドは再結成、USツアーが発表される。この一報は、地元ワシントンポストを始め、SPIN、Pitchfork、stereogumなど音楽メディアもニュースとして大々的に取り上げた。その後日本ツアーも開催された。ザ・ディスメンバメント・プラン フレッシュアイペディアより)

  • 東郷茂彦

    東郷茂彦から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    東京都立日比谷高等学校、早稲田大学政治経済学部卒業。朝日新聞社に入社、ワシントン・ポスト紙の記者に転じ活動した。1988年に絵本『ちびくろサンボ』の絶版のきっかけとなる日本での黒人の取り扱いの記事を書いたり、1993年には皇太子妃に小和田雅子が決定したことをいち早く報道するなどのスクープで知られる。東郷茂彦 フレッシュアイペディアより)

  • Op-ed

    Op-edから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1930年代からラジオが活字ジャーナリズムの存亡を脅かし、この風潮はテレビの普及によって加速した。このような流れに対抗するためにニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなどの大手紙はより自由で主観的な意見を含んだジャーナリズムに舵をとりはじめ、その結果コラムやop-edにページをより多く割くようになった。Op-ed フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ホーガン

    ジョン・ホーガンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ジョン・ホーガン(John Horgan、1953年? )は、アメリカ合衆国の科学ジャーナリスト。英語圏の科学雑誌に数多くの記事を寄稿している。サイエンティフィック・アメリカン、ニューヨーク・タイムズ、タイム、ニューズウィーク、ワシントン・ポスト、ロサンジェルス・タイムズ、ニューリパブリック、Slate、Discoverといった雑誌に原稿を寄稿している。書籍も複数執筆しており、その一部は日本語に翻訳されている。1986年から1997年までサイエンティフィック・アメリカン誌の編集委員(senior writer)を務めた。ジョン・ホーガン フレッシュアイペディアより)

328件中 51 - 60件表示

「米紙ワシントン・ポスト」のニューストピックワード