555件中 61 - 70件表示
  • アランナ・ナッシュ

    アランナ・ナッシュから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    プレスリーについての調査は、さらにトム・パーカー大佐についての著作を生んだ。プレスリーの死について取材していた際、ナッシュは、パーカーが葬儀にアロハシャツにベースボールキャップという姿で現れ、他の記者たちが何とも奇妙な姿だと思った様子を見ていた。1995年の本で、ナッシュはパーカーにもインタビューをしたが、パーカーの人生には紆余曲折が多過ぎ、それを解いてゆくためには、パーカーが生まれたオランダのブレダに資料収集とインタビューへ赴くなど、6年もの骨の折れる調査が必要となった。ナッシュの本『The Colonel: The Extraordinary Story of Colonel Tom Parker and Elvis Presley』は、2003年7月15日に出版され、好評を得た。『ビルボード』は「音楽産業についての記事の古典 (classic of music industry reporting)」と評した。他にも高い評価が『ワシントン・ポスト』、『The New York Review of Books』、『バラエティ』、『Publishers Weekly』などから寄せられた。イギリスでは、音楽雑誌『モジョ』が「尻尾をつかませない大佐の生涯について、最も鋭く、総合的に捉えた描写 (the most incisive and comprehensive look at the life of the elusive Colonel available)」と評し、『オブザーバー』はこの本を、「音楽に関係する本としては、おそらく史上最も徹底的に調査されたものだろう (perhaps the most thoroughly researched music book ever written)」、「悲しいことに、ほとんどの話は既に以前から語られていることである。ナッシュはそこに何重にも情報を詰め込んでゆく (sadly most of the story has been told before. Nash simply adds layer after layer of padding)」と評価した。アランナ・ナッシュ フレッシュアイペディアより)

  • メンター (人工衛星)

    メンター (人工衛星)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2013年8月30日にワシントン・ポスト紙は、エドワード・スノーデンがリークした資料の中に含まれていた米国政府の諜報プログラムの2013会計年度予算の米国議会への予算説明書 (National Intelligence Program - FY 2013 Congressional Budget Justification) から、今まで謎に包まれていた米国の諜報活動に関する新たな事実が判明したと報じた。この資料の中には複数のスパイ衛星の名称が記述されており、この衛星に該当する衛星の正式名称は ORION (おそらく下表のメンター5/6が ORION 7/8 に該当する) であることが明らかになった。このリーク資料の一部はCryptomeで閲覧可能である 。メンター (人工衛星) フレッシュアイペディアより)

  • The Million Dollar Homepage

    The Million Dollar Homepageから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    コンセプトは「単純で見事」、「賢い」、「巧妙だ」、「(広告)媒体としてはユニークで、しかも少し楽しい」などと評された。ノッティンガム大学の Martin Binks 教授は、「単純さが見事だ。……広告主はその目新しさに惹かれる。……このサイトは1つの現象となった」と述べた。アメリカの Popular Mechanics 誌では、「内容は何もない。素晴らしいグラフィックスも景品もパリス・ヒルトンの動画もない。CMしか放送しないテレビのチャンネルや、広告しか掲載していない雑誌を想像してみればよい。それがミリオンダラー・ホームページだ。バイラルマーケティングの力を見せつけた驚くべき実例だ」と述べている。ワシントン・ポスト紙の Don Oldenburg は、このサイトを賞賛しない記事を書いた数少ない人の1人で、「安っぽい、詐欺まがいの広告やスパムやバナー広告やポップアップの荒野」と評した。Oldenburg はさらに、「合成ステロイドの掲示板、見ずにはいられない転覆した広告列車のようなものだ。あなたがこれまでに見た全てのポップアップ広告を集めたかのように感じるだろう。それはインターネットそのものであり、これを見たあとは急にシャワーを浴びたくなる」と続けた。The Million Dollar Homepage フレッシュアイペディアより)

  • PBSニュースアワー

    PBSニュースアワーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    週に一度の頻度で最近の政治問題に関する小規模な討論が行われる。司会はシニア・コレスポンダントのレイ・スアレズが務め、保守派の代表としてニューヨーク・タイムズのデイヴィッド・ブルックス、リベラル側としてワシントン・ポストなどに寄稿するシンジケイティッド・コラムニストのマーク・シールズが互いの政治的立場からの意見を述べる。PBSニュースアワー フレッシュアイペディアより)

  • ダイアン・ソイヤー

    ダイアン・ソイヤーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ソイヤーはウォーターゲート事件の際にワシントン・ポスト紙のボブ・ウッドワードに内部情報を漏えいし、大きな役割を果たしたディープ・スロートではないかと疑われたことがある。ニクソンと親しく最後まで彼を擁護していたラビのバラク・コルフは死の床でのインタビューでソイヤーを名指ししていた。2005年になってFBIの副長官であったマーク・フェルトが名乗り出るまで多くの関係者の名前が出たが、6人の他の「容疑者」と共にウッドワードから否定するコメントを得ている。ダイアン・ソイヤー フレッシュアイペディアより)

  • カナディアン・ブラス

    カナディアン・ブラスから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントン・ポスト』紙上で「世界第一級の金管アンサンブル団体」と評されており、彼らの演奏する曲は幅広く、バロックから古典派、ルネサンス、中世音楽、さらにはジャズやポップスにまで及ぶ。カナディアン・ブラス フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・ミッチェル (アメリカンフットボール)

    ボビー・ミッチェル (アメリカンフットボール)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1962年のNFLドラフトでワシントン・ポストやアメリカ合衆国連邦政府の圧力を受けてワシントン・レッドスキンズは1961年12月4日に行われたドラフト全体1位でハイズマン賞を獲得したアーニー・デービスを指名していた。しかし同月半ばにレッドスキンズのオーナー、ジョージ・プレストン・マーシャルはミッチェルとその年ブラウンズが1位指名したリロイ・ジャクソンを獲得する代わりにブラウンズにデービスをトレードすることを発表した。デービスは白血病に罹り1試合もプレーすることなく1963年に亡くなった。ミッチェルはチャーリー・テイラー、ラリー・ブラウン、ブリッグ・オーウェンズ、ピッツバーグ・スティーラーズから加入したジョン・ニスビーなど黒人スター選手の仲間入りをした。彼が加入した1962年にチームはここ5年間でベストの5勝7敗2分で終えた。彼の加入当時のヘッドコーチ、ビル・マクピークは彼をフランカーとして起用した。移籍後最初の試合となったダラス・カウボーイズ戦では92ヤードのキックオフリターンタッチダウンをあげた。この年彼はリーグトップの11タッチダウン、72キャッチで1384ヤードを稼ぎプロボウルに選出された。1963年には69回のキャッチで1436ヤードを稼ぎ7タッチダウンをあげた。続く4年間で彼は60,60,58,60回のパスレシーブをあげた。1967年に新ヘッドコーチとなったオットー・グレアムは彼をハーフバックに、チャーリー・テイラーをワイドレシーバーにコンバートした。ポジションが変わったもののこの年60回のキャッチで866ヤードを稼ぎ6タッチダウンをあげている。ボビー・ミッチェル (アメリカンフットボール) フレッシュアイペディアより)

  • ウィズ (映画)

    ウィズ (映画)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    カカシ役のマイケル・ジャクソンの演技は映画の数少ない長所とされ、批評家は「実に演技の才能がある」、「唯一の記録すべき瞬間」と語った。ジャクソンは映画について「これ以上のことはない」と語った。1980年、ジャクソンは撮影時について「これまでの人生で忘れられない最高の経験だった」と語った。『ウィズ』はその精巧な装置デザインで高評価を受け、『アメリカン・ジュウイッシュ・フィルムメイカー』では「アステア&ロジャース映画の黄金時代からのニューヨークを最も想像力豊かに変化させた」と記した。2004年、クリストファー・ヌルは臆病ライオン役のテッド・ロスとウィズ役のリチャード・プライヤーの演技を評価した。しかし全体的な評価は批判的で、『Ease on Down the Road 』以外は「酷いダンス、派手なセット、135分苦痛が続くシュマッカーの脚本」と批判した。2005年、『ワシントン・ポスト』紙でハンク・スチューヴァーは「雑なシーンがあろうととても楽しい」とし、音楽、特にダイアナ・ロスの歌は素晴らしいと記した。ウィズ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • エッジシティ

    エッジシティから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    エッジシティ()は、大都市の郊外に建設された、オフィスや商業施設など独立した都市機能を有する都市。周縁都市(しゅうえんとし)とも言う。ワシントン・ポストの記者ジョエル・ガロー(Joel Garreau)が1991年に発表した著書『エッジシティ』において命名した。エッジシティ フレッシュアイペディアより)

  • ジョー・モーゲンスターン

    ジョー・モーゲンスターンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2005年にピューリッツァー賞批評部門を受賞した。映画評論家がピューリッツァー賞を受賞するのは『シカゴ・サンタイムズ』のロジャー・イーバート、『ワシントン・ポスト』のスティーヴン・ハンターに次いで史上3人目であった。ジョー・モーゲンスターン フレッシュアイペディアより)

555件中 61 - 70件表示