555件中 71 - 80件表示
  • ア・プレイス・トゥ・ベリー・ストレンジャーズ

    ア・プレイス・トゥ・ベリー・ストレンジャーズから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    様々な種類のフィードバック・ノイズや残響音、エフェクトされたギターサウンドが特徴。ジーザス&メリーチェインの影響を受けている。結成当初から「ニューヨークで最もラウド」なシューゲイザーバンドとして紹介され、ニューヨーク・タイムズ、ワシントン・ポストに取り上げられ、音楽メディアではピッチフォーク、NME、スピン、ケラング!等から高く評価される。なお、日本を代表するシューゲイザーバンドとも評されるCOALTAR OF THE DEEPERSを率いるNARASAKIも自身のTwitter上で高く評価した。録音はアッカーマンが所有するデス・バイ・オーディオの工房に併設されたスタジオで行う事が多い。ア・プレイス・トゥ・ベリー・ストレンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ヘイズン

    ウィリアム・ヘイズンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ヘイズンの妻である『ワシントン・ポスト』紙の社主ワシントン・マクリーンの娘、ミルドレッド・マクリーンは、ヘイズンの死後、海軍大将ジョージ・デューイと再婚している。ウィリアム・ヘイズン フレッシュアイペディアより)

  • アニマル・コレクティヴ

    アニマル・コレクティヴから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    2004年6月、ファットキャットから5thアルバム『サング・トング』をリリースする。エイヴィー・テアとパンダ・ベアの2人で製作されたこのアルバムはピッチフォークなどで高い評価を受け、ワシントン・ポストにも取り上げられた。翌2005年8月、6thアルバム『フィールズ』をリリース。前作に続き絶賛を浴び、この2つ作品の成功でアニマル・コレクティヴはフリー・フォーク、アシッド・フォーク、サイケ・フォークといったムーブメントの最右翼として知られるようになる。アニマル・コレクティヴ フレッシュアイペディアより)

  • エルデスト

    エルデストから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    『エルデスト』はヤングアダルト(ジュブナイル)とファンタジーに分類される。評論家たちはよく『エルデスト』がどのようにファンタジージャンルから思想を取り入れているかについてコメントしている 。また、いくつかのレビューからは著者の作品のスタイルについて賛否両論が上がっている。『ロサンゼルス・タイムズ』は、作品は成熟しているとしている一方、物語中に一貫性が無いことを批判した。『エンターテインメント・ウィークリー』のレビューでは、ストーリーの展開が遅いとして批判的であり、『ワシントン・ポスト』もまた『エルデスト』はもっと短くされるべきとしている。それに対し、バーンズ・アンド・ノーブルはスタイルが「滑らか」だと称し、『チルドレンズ・リテラチャー』は物語が細部まで作り込まれていることを賞賛している。また、米カーカス・レビューは物語をファンタジー要素とキャラクターのパッチワークにたとえ、独創性はあまり無いが非常に面白く、よくまとまっていると結論付けた。エルデスト フレッシュアイペディアより)

  • フィルターバブル

    フィルターバブルから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

     それにもかかわらず、グーグルとその他のサイトらはもし彼らがそうするよう選択するならばそれらをさらにある利用者のインターネットの経験を個人的にするようできるかもしれないものの莫大な情報を有することの報告らが存在する。一つの説明はグーグルは彼らがある個人的なグーグルのひとつの口座またはそのなかへのログがないときでさえも利用者の過去の履歴のトラックを保存することができることを示唆する。一つの報告はグーグルはそのサーチエンジンの横のGメール、グーグル・マップ、そしてその他のサービスらのような、多様にしているソースら、から積もった「10年の価値がある」情報を集めてあることだった、しかしながらひとつの逆の報告はその膨大にものぼる可能なウェブ・データにもかかわらずなしとげるように各々の利用者にたいしてインターネットを個人的にするのを試みることはひとつのインターネット会社にとっては技術的な挑戦であることである。CNNのアナリスト・ドーグ・グロスはフィルターされた検索は市民らにたいしてよりも消費者らにたいしてより助けになるように思えた、そして離れた遠いピザの店らを特定のフィルターをかけてそしてひとつの個人的になされた検索に基づいた地域の配達の選択らで見つかる「ピザ」を探すある消費者の助けになるだろうことを示唆した。ワシントン・ポスト、ザ・ニューヨーク・タイムズのようなもの、そしてその他、インターネットでのサイトらは、利用者が好むようまたは一緒に同意するようなこれらについて目的にあった検索結果の目的をもった、個人的になされた情報のエンジンを作り出すのにむけた努力を強いられることのところの契約がある。フィルターバブル フレッシュアイペディアより)

  • モニカ・ルインスキー

    モニカ・ルインスキーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    Monica Lewinsky profile ワシントン・ポスト(1998年1月24日)モニカ・ルインスキー フレッシュアイペディアより)

  • LGBTと老い

    LGBTと老いから見たWashington Postワシントン・ポスト

    Gray and Gay? These Communities Want You; By Lee Hockstader; Washington Post; Monday, May 31, 2004; Page A01LGBTと老い フレッシュアイペディアより)

  • バオ・ニン

    バオ・ニンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    『戦争の悲しみ』は、作者にも重なる経歴を持つ主人公キエンの、ベトナム戦争従軍時の悲惨な体験、及び戦後の生活についての断片的なエピソードを、フラッシュバックのように積み重ねて物語られる。個々のエピソードは、兵士としての記憶も、戦後になって小説を書き始めることなども含めて、作者自身の体験に基づいているが、全体にはフィクションとなっている。出版後にはインテリ層には好評を受けたが、人民軍将兵をありのままに描いたことに対する反発も受け、1992年の第2刷以降は再版されず、人民軍機関誌『クァンドニャザン』は1995年に「国民の愛国心を弱め、人民軍の名誉ある歴史に泥を塗る」といった批判を行った。各国で翻訳されるようになると、「『西部戦線異状なし』に匹敵する」『ザ・ニューヨーカー』誌)、「あの長期戦争がベトナムに残した深い悲しみと罪の傷痕を、またそのことについての米国人の無知を教えてくれる」(『ワシントン・ポスト』紙)など高い評価を得た。日本では1997年に翻訳・出版され、2008年に『池澤夏樹個人編集 世界文学全集』に改訳版が収録された。池澤は「戦争に関する文学である以上に悲しみについての文学である」、「ヴェトナム戦争が生んだいちばんいい作家がバオ・ニンである」と評している。バオ・ニン フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ウェストモーランド

    ウィリアム・ウェストモーランドから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    Obituary: General Commanded Troops in Vietnam ワシントン・ポストウィリアム・ウェストモーランド フレッシュアイペディアより)

  • ジョージ・P・ペレケーノス

    ジョージ・P・ペレケーノスから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    雑誌"Measure of Poison" や"Usual Suspects" や数々のアンソロジーに短編を発表している。『ワシントン・ポスト・ブック・ワールド』や『ニューヨーク・タイムズ・ブック・レビュー』などにレビューが寄せられる。ジョージ・P・ペレケーノス フレッシュアイペディアより)

555件中 71 - 80件表示