328件中 81 - 90件表示
  • 安替

    安替から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    1975年南京生まれ。1997年に南京師範大学を卒業しプログラマーとして過ごしたが、2001年にジャーナリストに転職。華夏時報コメンテーター、ワシントン・ポスト北京支局調査員、南方都市報コラムニスト、縦横周刊発行者などを経る。ケンブリッジ大学ウォルフソン・プレス・フェローシップおよびハーバード大学ニーマン・フェローシップの一人。安替 フレッシュアイペディアより)

  • フランシス・ケルシー

    フランシス・ケルシーから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    彼女はワシントン・ポスト紙の第一面で、米国における同様の悲劇を防いだヒロインとして賞賛された。フランシス・ケルシー フレッシュアイペディアより)

  • モンテッソーリ教育

    モンテッソーリ教育から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ワシントン・ポスト誌の経営者および、ジャーナリストだったキャサリン・グレアム(Katharine Graham)モンテッソーリ教育 フレッシュアイペディアより)

  • ウィリアム・ヘイズン

    ウィリアム・ヘイズンから見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    ヘイズンの妻である『ワシントン・ポスト』紙の社主ワシントン・マクリーンの娘、ミルドレッド・マクリーンは、ヘイズンの死後、海軍大将ジョージ・デューイと再婚している。ウィリアム・ヘイズン フレッシュアイペディアより)

  • 戦火の勇気

    戦火の勇気から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    湾岸戦争終結後、軍は秘密裏にバスラでの友軍の誤射事件の調査を進めているのが判り、サーリング中佐は不安な思いで委員会の調査結果を待った。そしてサーリング中佐はペンタゴンに戻り、軍のセレモニーや名誉勲章などを扱う部署での事務職を命じられるが、贖罪の機会も与えられないままその仕事をするのはサーリング中佐にとって苦痛以外の何物でもなく、以前にも増してアルコールに溺れるようになっていた。サーリング中佐の上司であり心の師でもあるハーシュバーグ将軍(マイケル・モリアーティ)は事件を軽視し深刻に捉えるなと言い、これからも支援すると約束した。だが『ワシントン・ポスト』紙の記者トニー・ガートナー(スコット・グレン)は何かを嗅ぎ付け、サーリング中佐に取材攻勢をかけてきた。名誉勲章などを扱う部署で勤務するサーリング中佐に命じられた次の仕事は、史上初の女性名誉勲章受章者になるかもしれないカレン・ウォールデン大尉(メグ・ライアン)の調査だった。彼女は医療ヘリに乗り、勇敢に戦って負傷兵を救助した軍人として候補に挙がっているのだ。史上初の女性名誉勲章受章者と言う事で軍にとって最良の宣伝材料になると考えていたペンタゴンは彼女に授与する事に大乗り気だったが、調査を始めてすぐにサーリング中佐は不可解な点に気付かざるを得なかった。戦火の勇気 フレッシュアイペディアより)

  • スカーレット (小説)

    スカーレット (小説)から見たワシントンポストワシントン・ポスト

    『スカーレット』は、商業的には大きな成功を収めたが、作品自体に対しては厳しい批判が向けられた。USAトゥディは、「単に出来が悪いだけではない。まったくひどいもの」とし、「ある研究者は、これは二流のロマンスで、たまたま登場人物の名前が同じだけと言っている」と酷評した。ニューヨーク・タイムズは「まるで盛り上がりを欠く」と報じ、ワシントンポストは「『風と共に去りぬ』は小説だったが、『スカーレット』は製品だった」と最低の評価を下した。ポストの書評では、「アレクサンドラ・リプリーは、作品の舞台を黒人のいないアイルランドに移すことで、人種差別の問題から逃げた。タラやアトランタを舞台にしなかったことで、マーガレット・ミッチェルと比較されることから逃避した」と厳しく指摘した。サンフランシスコ・クロニクルでは好評だったが、軒並み評判は良くなかった。スカーレット (小説) フレッシュアイペディアより)

  • アドルフ・ヒトラーの死

    アドルフ・ヒトラーの死から見たWashington Postワシントン・ポスト

    Petrova, Ada, and Watson, Peter. The Death of Hitler: The Full Story with New Evidence from Secret Russian Archives, Washington Post, 1995アドルフ・ヒトラーの死 フレッシュアイペディアより)

  • ナイラ証言

    ナイラ証言から見たワシントンポストワシントン・ポスト

    同年9月5日、亡命中のアブドゥル・ワッハーブ・アル=フォーザンクウェート保健大臣は、サウジアラビアタイーフで開かれた記者会見にて「侵攻以後、イラク軍兵士が国内の全病院や医療機関を事実上掌握」、「患者を追い出し病院からハイテク機器や救急車、薬品や血漿を計画的に略奪した」ため、22名の未熟児が命を落としたと発言した。ワシントンポストは新生児の話の起源について、次のように記している。ナイラ証言 フレッシュアイペディアより)

  • LGBTと老い

    LGBTと老いから見たWashington Postワシントン・ポスト

    Gray and Gay? These Communities Want You; By Lee Hockstader; Washington Post; Monday, May 31, 2004; Page A01LGBTと老い フレッシュアイペディアより)

  • ペリカン文書 (映画)

    ペリカン文書 (映画)から見たワシントン・ポストワシントン・ポスト

    原作ではデンゼル・ワシントン演じるグレイ・グランサムは白人である、とはっきり記述されており、勤務しているのもワシントン・ポストという設定になっている。プロデューサーは同社からの許可が得られなかったため、ワシントン・ヘラルドに変更した、と完成した後のインタビューで述べている。ペリカン文書 (映画) フレッシュアイペディアより)

328件中 81 - 90件表示

「米紙ワシントン・ポスト」のニューストピックワード