54件中 11 - 20件表示
  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たジョン・フィリップ・スーザ

    1889年にジョン・フィリップ・スーザがこの新聞の発行人に依頼され、同タイトルの行進曲『ワシントン・ポスト』を作曲した。この曲はスーザにとって初の大ヒット曲となり、米国内だけでなく、国際的にも流行した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たUSAトゥデイ

    ワシントン・ポスト()は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD.C.の新聞である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位。2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たウォール・ストリート・ジャーナル

    ワシントン・ポスト()は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD.C.の新聞である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位。2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たAmazon.com

    ワシントン・ポスト()は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD.C.の新聞である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位。2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon\.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た世界

    ワシントンD.C.の地方紙であるが、世界的影響力を与える「高級紙」の部類であり、新聞の読者もアメリカ合衆国の高学歴層が大半である。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たロサンゼルスタイムズ

    1971年、FBI支所から盗まれたFBIによる違法な監視活動をしるした記録書類をロサンゼルスタイムズ、ニューヨーク・タイムズが掲載を見送る中掲載した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た記者クラブ

    報道協定及び記者クラブに縛られない外国報道機関であったため、記者東郷茂彦が皇太子徳仁親王と小和田雅子の結婚決定をスクープした。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た虚偽報道

    1980年に報じられた「ジミーの世界」は取材記者の虚偽報道であることが明らかになり、ピューリッツァー賞を返上する事態に至った。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たロサンゼルス・タイムズ

    ワシントン・ポスト()は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD.C.の新聞である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位。2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た自殺

    二世代にわたってワシントン・ポスト社を所有していたマクリーン家の破産後に、ユージン・メイヤー(1875年 - 1959年)が同社を買収し、その娘のキャサリン・グレアムが夫のフィリップ・グレアムの自殺以降、同社を支配管理した。彼女は、この新聞の発行人を1969年から1979年まで務め、1973年から1991年まで社長を、1999年から亡くなる2001年まで会長を歴任した。息子のドナルド・グレアムも1979年から2000年まで発行人を務めた。彼に引継ぎ、ボイスヒューレット・ジョーンズ・ジュニアがワシントン・ポストの発行人及びCEOを務めている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

54件中 11 - 20件表示