1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示
  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たポトマック川

    容共・リベラルな編集方針が(特に冷戦中)政権から敵視された。小説「大統領を作る男たち」では“ポトマック河畔のプラウダ”と揶揄されている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た冷戦

    容共・リベラルな編集方針が(特に冷戦中)政権から敵視された。小説「大統領を作る男たち」では“ポトマック河畔のプラウダ”と揶揄されている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た容共

    容共・リベラルな編集方針が(特に冷戦中)政権から敵視された。小説「大統領を作る男たち」では“ポトマック河畔のプラウダ”と揶揄されている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たピューリッツァー賞

    1980年に報じられた「ジミーの世界」は取材記者の虚偽報道であることが明らかになり、ピューリッツァー賞を返上する事態に至った。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たニューヨーク・タイムズ

    ワシントン・ポスト(英語:The Washington Post)は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD.C.の新聞である。米国内での発行部数はUSAトゥデイ(211万部)、ウォールストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位(66万部)ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たプラウダ

    容共・リベラルな編集方針が(特に冷戦中)政権から敵視された。小説「大統領を作る男たち」では“ポトマック河畔のプラウダ”と揶揄されている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た最高経営責任者

    息子のドナルド・グレアムも1979年から2000年まで発行人を務めた。彼に引継ぎ、ボイスヒューレット・ジョーンズ・ジュニアがワシントン・ポストの発行人及びCEOを現在務めている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た意見広告

    2007年、従軍慰安婦問題について、日本政府の責任を否定しアメリカ合衆国下院121号決議の全面撤回を要求する意見広告"THE FACTS"が掲載された。日本の保守派の主張を広めることができたとする意見や、かえってアメリカ下院の同決議を早める結果となったという意見があるなどと評価は分かれている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たTHE FACTS

    2007年、従軍慰安婦問題について、日本政府の責任を否定しアメリカ合衆国下院121号決議の全面撤回を要求する意見広告"THE FACTS"が掲載された。日本の保守派の主張を広めることができたとする意見や、かえってアメリカ下院の同決議を早める結果となったという意見があるなどと評価は分かれている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た慰安婦

    2007年、従軍慰安婦問題について、日本政府の責任を否定しアメリカ合衆国下院121号決議の全面撤回を要求する意見広告"THE FACTS"が掲載された。日本の保守派の主張を広めることができたとする意見や、かえってアメリカ下院の同決議を早める結果となったという意見があるなどと評価は分かれている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
30件中 21 - 30件表示

「米紙ワシントン・ポスト」のニューストピックワード