54件中 21 - 30件表示
  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たFRB

    二世代にわたってワシントン・ポスト社を所有していたマクリーン家の破産後に、ユージン・メイヤー(1875年 - 1959年)が同社を買収し、その娘のキャサリン・グレアムが夫のフィリップ・グレアムの自殺以降、同社を支配管理した。彼女は、この新聞の発行人を1969年から1979年まで務め、1973年から1991年まで社長を、1999年から亡くなる2001年まで会長を歴任した。息子のドナルド・グレアムも1979年から2000年まで発行人を務めた。彼に引継ぎ、ボイスヒューレット・ジョーンズ・ジュニアがワシントン・ポストの発行人及びCEOを務めている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たバークシャー・ハサウェイ

    バークシャー・ハサウェイ - グレアムに次ぐワシントン・ポスト・カンパニーの第二位の大株主ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たニューヨーク・タイムズ

    ワシントン・ポスト()は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD.C.の新聞である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位。2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たワシントンD.C.

    ワシントン・ポスト()は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD\.C\.の新聞である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位。2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た暗闇

    ワシントン・ポスト()は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD.C.の新聞である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位。2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たピューリッツァー賞

    1980年に報じられた「ジミーの世界」は取材記者の虚偽報道であることが明らかになり、ピューリッツァー賞を返上する事態に至った。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た民主主義

    ワシントン・ポスト()は、1877年創刊のアメリカ合衆国・ワシントンD.C.の新聞である。米国内での発行部数は66万部で、USAトゥデイ(211万部 本紙のみ全国紙)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)、ニューヨーク・タイムズ(103万部)、ロサンゼルス・タイムズ(72万部)に次いで第5位。2013年にオーナーのドナルド・グラハムの15年来の友人であるAmazon.comの創業者ジェフ・ベゾスに買収された。冷戦中には特に容共リベラルな編集方針や記事がアメリカの政権から敵視され、保守派からは「 (ポトマック河畔のプラウダ(ソ連共産党の機関誌)」と称された。2017年に「暗闇の中では民主主義は死んでしまう」を新スローガンに採用した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た中央情報局

    2013年6月より、元CIA職員のエドワード・スノーデンから託されたNSAの機密資料に基づき、多数の記事を掲載している。2014年4月、NSAの極秘情報収集活動「PRISM」の告発・調査報道が評価され、ピューリッツァー賞の公益部門金賞を受賞した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見た保守

    2007年、従軍慰安婦問題について、日本国政府の責任を否定しアメリカ合衆国下院121号決議の全面撤回を要求する意見広告"THE FACTS"が掲載された。日本の保守派の主張を広めることができたとする意見や、かえってアメリカ合衆国下院の同決議を早める結果となったという意見があるなど、評価は分かれている。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

  • ワシントン・ポスト

    ワシントン・ポストから見たワシントン・ポスト (行進曲)

    1889年にジョン・フィリップ・スーザがこの新聞の発行人に依頼され、同タイトルの行進曲『ワシントン・ポスト』を作曲した。この曲はスーザにとって初の大ヒット曲となり、米国内だけでなく、国際的にも流行した。ワシントン・ポスト フレッシュアイペディアより)

54件中 21 - 30件表示