前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1633件中 1 - 10件表示
  • ハレー艦隊

    ハレー艦隊から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    多国の複数の宇宙探査機で同一天体を観測するものとしてはそれまでに類を見ない国際協力プロジェクトであり、各宇宙機関・探査機は観測分野を調整し、彗星観測にあたっている。先行する探査機は彗星核に最も接近するジオットの軌道修正に必要なデータを提供するための観測も担った。アメリカ航空宇宙局はスペースシャトルより大気圏外観測を行う予定であったが、1986年1月のチャレンジャー号爆発事故の影響によりシャトルの運航が中止され、観測は取りやめとなった。ハレー艦隊 フレッシュアイペディアより)

  • オメガ

    オメガから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    1965年 - 「スピードマスター」がアメリカ航空宇宙局の公式腕時計として採用され、その耐久性の高さを世に知らしめた。オメガ フレッシュアイペディアより)

  • きぼう

    きぼうから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    1982年6月、ジェームス・ベッグスアメリカ航空宇宙局(NASA)長官から日本の中川一郎科学技術庁長官へ、初めて宇宙ステーション計画への参加要請が行われた。これを受けて8月、日本政府は宇宙開発委員会に宇宙基地計画特別部会を設置して検討を開始した。1985年5月には、NASAと科学技術庁の間で宇宙ステーション計画予備設計了解覚書が署名され、日本でも設計作業に着手した。きぼう フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙航空研究開発機構

    宇宙航空研究開発機構から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    2010年(平成22年)度の宇宙開発予算を先進国の宇宙機関同士で比較すると、アメリカ航空宇宙局 (NASA) が約1兆7,597億円(さらに同規模の予算が国防総省から支出、2009年度の宇宙開発予算総額は約4.6兆円)、欧州宇宙機関 (ESA) が約5,018億円(2007年度の宇宙開発予算総額は約8,000億円)であるのに対し、JAXAの実質的な予算額はわずか1,800億円とNASAの10分の1程度である。なお1,800億円という額は内閣官房予算で開発される情報収集衛星(IGS)の毎年約400億円のJAXA分受託費用を除外した額であり、これを加えた場合のJAXAの予算は約2,200億円、他省庁の予算も含めた宇宙開発予算総額は3,390億円になる。宇宙航空研究開発機構 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙食

    宇宙食から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    宇宙食のアメニティ性がどんなに進歩しても、やはり宇宙飛行士にはテーブルについて温かい食事を摂ることはしばらくはままならない。このためアメリカ航空宇宙局では打ち上げ直前に隔離された部屋で最後の食事をテーブルで楽しんでもらうという儀式(伝統)もカウントダウンの作業に含まれている。アポロ計画のころからの習慣のようだが、現在のスペースシャトル計画でもこれは引き継がれている。宇宙食 フレッシュアイペディアより)

  • ボリス・チェルトック

    ボリス・チェルトックから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    Boris Chertok (author), Asif Siddiqi (editor). Rockets and People, 2005. ISBN 0160732395. Published by NASA.ボリス・チェルトック フレッシュアイペディアより)

  • カンザス大学

    カンザス大学から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ジョー・エングル - NASAの宇宙飛行士カンザス大学 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国の宇宙開発

    アメリカ合衆国の宇宙開発から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アメリカは世界を代表する超大国としてソビエト連邦に対抗し、宇宙開発を行ってきた。アメリカはスプートニク・ショック以来早期に宇宙開発専門の部局であるアメリカ航空宇宙局(NASA)を設立し、科学研究などは主にこの機関が行ってきた。一方で、軍事的な宇宙開発は国防総省が行っており、気象衛星の開発も予算は他の省庁であったりと、分野は違えど多くの資金が宇宙開発に投入されてきた。現在でもその金額は世界でトップである。月到達以降はそれまでよりは宇宙開発に注ぐ力は減ったものの、依然として宇宙開発先進国として様々な事業を成し遂げている。アメリカ合衆国の宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • F-15 S/MTD (航空機)

    F-15 S/MTD (航空機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    各種実験や新技術評価のために改修を受け続け、名をACTIVE、IFCSへと改めており、現在でもNASAにてF-15 IFCSとして実験を継続中である。F-15 S/MTD (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • ケプラー22b

    ケプラー22bから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ケプラー22b (Kepler-22b) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) のケプラー探査機によって発見された、太陽によく似たG型の恒星ケプラー22を周回する太陽系外惑星である。軌道がハビタブルゾーン内にあると考えられている地球型とみられる太陽系外惑星の中で、太陽と似た恒星を周回するものとして初めて発見された。ケプラー22b フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
1633件中 1 - 10件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード