2210件中 91 - 100件表示
  • 南極大陸

    南極大陸から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    様々な機関(例えばアメリカ国立科学財団 、アメリカ航空宇宙局、カリフォルニア大学サンディエゴ校など)は、南極大陸上陸は3人の船長が率いた船によって成されたという。1820年にエストニア出身の船長のファビアン・ゴットリープ・フォン・ベリングスハウゼンと、アイルランド出身のイギリス海軍船長、そしてアメリカ合衆国コネチカット州の師である。ベリングスハウゼンは1820年1月27日に南極大陸を視認し、その3日後にブランスフィールドが上陸を果たした。パーマーの上陸は同年11月である。ボストーク号とミールヌイ号に乗るベリングスハウゼンとミハイル・ラザレフの遠征では、南極大陸沿岸から32km以内まで到達し、そこで彼らは氷に閉ざされた地を目にした。記録された最初の上陸は、1821年2月7日にアメリカ人アザラシ猟師と言われる。南極大陸 フレッシュアイペディアより)

  • スペースコロニー

    スペースコロニーから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    有機物の大部分は、初めは月や小惑星、または地球から輸入しなければならない。だがその後は、リサイクルにより輸入の必要性を減らすことができる。提案されているリサイクル方法の一つとして、低温の蒸留物、植物、ゴミ、それに下水を電気アークで焼却して、それをさらに蒸留するものがある。それにより、二酸化炭素と水は直ぐに農場で使用できるだろう。灰の中の硝酸塩と塩は、水に溶かすことで純粋な鉱物に分離される。ほとんどの硝酸塩、カリウム、ナトリウム塩は有効に肥料としてリサイクルできるだろう。鉄、ニッケル、およびシリコンを含むその他の鉱物は、まとめて化学的に精製して工業用に再利用できる。残ったごく一部(重量にして0.01%未満)の資源は無重力下の質量分光法で純粋な元素へと処理し、肥料や工業資材へと加えることができる。この方法はNASAの研究で証明された手段であり、人々が実際にスペースコロニーで生活を始めれば、より洗練された方法がとられるようになるだろう。スペースコロニー フレッシュアイペディアより)

  • STEREO

    STEREOから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    STEREO (Solar TErrestrial RElations Observatory) は、NASAの太陽調査プロジェクトである。2機の観測機で異なった角度から太陽を観測することで立体的にとらえることが特徴であり、プロジェクト名のアクロニムはオーディオの立体音響や立体写真などの「ステレオ」に掛けている。STEREO フレッシュアイペディアより)

  • スペース・ローンチ・システム

    スペース・ローンチ・システムから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    スペース・ローンチ・システム(, SLS)とは、NASAにより開発中の、アメリカ合衆国のスペースシャトルから派生した大型打上げロケットである。これは取り消されたコンステレーション計画に続くもので、また退役したスペースシャトルを代替するものである。スペース・ローンチ・システム フレッシュアイペディアより)

  • バージニア州

    バージニア州から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    バージニア港湾公社の主要港はハンプトン・ローズ地域にあり、2007年にはばら積み貨物17,726,251 ショートトン (16,080,984 t) を扱って国内第6位となっていた。東海岸にはNASAが所有するロケット試験場のワロップス飛行施設があり、また商業用宇宙港である中部大西洋地域宇宙基地がある。宇宙旅行は州内ビエナを本拠とするスペース・アドベンチャーズが提案している。バージニア州 フレッシュアイペディアより)

  • ケープ・カナベラル

    ケープ・カナベラルから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ケープ・カナベラル(Cape Canaveral)は、アメリカ合衆国フロリダ州中央部、ブレバード郡の大西洋上に浮かぶ砂洲。アメリカ航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センター (KSC) と、同センターに隣接するケープ・カナベラル空軍基地 (CASS) で知られる。ケネディ宇宙センターが位置しているメリット島(:en:Merritt Island)は、バナナ川(Banana River)を隔てて西側に位置する。ケープ・カナベラル フレッシュアイペディアより)

  • シャーリー・テンプル

    シャーリー・テンプルから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    国立機関アメリカ航空宇宙局(NASA)は、女性の社会進出のパイオニアとしてシャーリー・テンプルの記事をホームページの教育向けサイトに掲載、「外交官としての功績は人気子役の時代より、世界のさらに多くの人々に影響を与えた」と紹介、さらに「迅速な判断、機知にあふれ、暖かく優雅な人柄により、アメリカで最も尊敬される外交官の一人となった」と記した。またケネディ・センターは外交官の功績について「アメリカだけでなく世界もシャーリー・テンプルに負うところが大きい」と結論付けている。シャーリー・テンプル フレッシュアイペディアより)

  • エンケラドゥス (衛星)

    エンケラドゥス (衛星)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    2005年3月ごろ、エンケラドゥスに接近したNASA/ESAの無人土星探査機カッシーニが、エンケラドゥスに極めて微量の大気を発見した。大気の成分は水蒸気と見られている。火山か間欠泉などの大気の安定した供給源があるものとみられる。しかしエンケラドゥスは重力が小さく、大気はすぐに宇宙に逃げてしまう。同じく木星の衛星のイオや、海王星の衛星トリトンには火山噴出物による微量な大気が観測されている。エンケラドゥス (衛星) フレッシュアイペディアより)

  • シコルスキー Xウイング

    シコルスキー Xウイングから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    シコルスキー S-72 Xウイング (Sikorsky S-72 X-Wing) は、1983年から1988年にかけて、NASA と 国防高等研究計画局 (DARPA) の資金協力を得て、シコルスキー・エアクラフト社が開発したヘリコプターと固定翼機を混合させた ローター・システム検証(研究)航空機 ( Rotor Systems Research Aircraft, RSRA) である。シコルスキー Xウイング フレッシュアイペディアより)

  • ATKランチ・システムズ・グループ

    ATKランチ・システムズ・グループから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    2005年 - NASAのコンステレーション計画のアレスI打ち上げロケット第1段ロケット・エンジンの製造契約を獲得。ATKランチ・システムズ・グループ フレッシュアイペディアより)

2210件中 91 - 100件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード