1633件中 91 - 100件表示
  • 火星

    火星から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    2003年、欧州宇宙機関 (ESA) はマーズ・エクスプレス・オービタと着陸機ビーグル2からなるマーズ・エクスプレス探査機を打ち上げた。マーズ・エクスプレス・オービタは火星の南極に水と二酸化炭素の氷が存在することを確認した。NASA はそれ以前に北極について、同様の氷が存在することを確認していた。ビーグル2との交信には失敗し、2004年2月初旬にビーグル2が失われたことが宣言された。火星 フレッシュアイペディアより)

  • 南極大陸

    南極大陸から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    様々な機関(例えばアメリカ国立科学財団 、NASA、カリフォルニア大学サンディエゴ校など)は、南極大陸上陸は3人の船長が率いた船によって成されたという。1820年にエストニア出身の船長のファビアン・ゴットリープ・フォン・ベリングスハウゼンと、アイルランド出身のイギリス海軍船長、そしてアメリカ合衆国コネチカット州の師である。ベリングスハウゼンは1820年1月27日に南極大陸を視認し、その3日後にブランスフィールドが上陸を果たした。パーマーの上陸は同年11月である。ボストーク号とミールヌイ号に乗るベリングスハウゼンとミハイル・ラザレフの遠征では、南極大陸沿岸から32km以内まで到達し、そこで彼らは氷に閉ざされた地を目にした。記録された最初の上陸は、1821年2月7日にアメリカ人アザラシ猟師と言われる。南極大陸 フレッシュアイペディアより)

  • スーパーコンピュータ

    スーパーコンピュータから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    地球シミュレータによるコンピュートニクショックの後、その潜在的に大きな科学技術と国力・軍事研究の粋を挙げてHPC技術の更改と続伸を続けており、2006年8月現在、TOP500のランキングの上位50%以上をアメリカのスーパーコンピュータが占めている。近年の米国の計算機開発は、核兵器維持管理のためのコンピュータシミュレーションや高信頼性代替核弾頭など各種兵器の開発設計、作戦シミュレーションなど軍事利用が多く、技術開発は国防総省国防高等研究計画局とエネルギー省国家核安全保障局核備蓄管理プログラム(先端シミュレーション・演算プログラム)の開発プロジェクトや研究費に担うところが大きい。国立科学財団(NSF)、国立衛生研究所(NIH)、航空宇宙局(NASA)などもスーパーコンピュータの設置や研究開発への資金提供を行っている。HPC技術は民間用スーパーコンピュータとしても生命科学、金融工学、VFX・コンピュータグラフィックスなど広範な分野で使用されている。スーパーコンピュータ フレッシュアイペディアより)

  • 通信衛星

    通信衛星から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    テルスター衛星は初めての能動型通信衛星である。ベル研究所で開発されたCバンドのトランスポンダを装備していた。この際のアップリンク6GHz帯、ダウンリンク4GHz帯という周波数の組み合わせはその後広く通信衛星で用いられるものとなった。この衛星は1962年7月10日、NASAによりケープカナベラル宇宙基地から初の民間企業がスポンサーとなって打ち上げられた。テルスター衛星は2時間37分で周回する、軌道傾斜角45度の楕円軌道(遠地点約5,600km、近地点約950km)に投入された。テルスターはAT&Tに所属するがこれはAT&T、ベル研究所、アメリカ航空宇宙局、英国郵政省、フランス郵政省間の衛星通信技術を開発するための多国間合意によるものである。通信衛星 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァンゲリス

    ヴァンゲリスから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    近年は、より国際的なイベントに関わる様になり、2000年のシドニーオリンピックの閉会式でオーストラリアからギリシャへオリンピックの旗を引き継ぐ際の音楽と指揮を担当、さらに2004年のアテネオリンピックでは公式エンブレムに付随するロゴ音楽も手がけている。また、2001年にはNASAの火星探査計画の一つである2001マーズ・オデッセイのテーマ音楽を担当、それに関連してアテネのゼウス神殿で催行されたライブ・イベント「Mythodea」を手がける等の活動を行っている。ヴァンゲリス フレッシュアイペディアより)

  • ハッブル宇宙望遠鏡

    ハッブル宇宙望遠鏡から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    元々ハッブルは運用期間15年(当初の予定)の間に数回スペースシャトルから修理などを受ける予定だったので、NASAはこの修理に鏡の誤差を修正する光学系の装置を入れる事を急遽決定。この修理に伴う船外活動のため、宇宙飛行士たちは一年以上、延べ400時間に及ぶ訓練を受けることとなる。この訓練のおかげで、この大修理は無事成功。結果、ハッブルは当初の予定を遥かに超える性能を手にし、天文学史に残る数々の貴重な天体写真を捉えている。また、非常に美しい芸術的な天体写真も多数公開されている。なお、これらの写真は必ずしも本物の色ではないことがある。肉眼では見えない領域の光(赤外線、紫外線など)を撮影した場合は、擬似カラーと呼ばれ、わかりやすいように波長ごとに色付けするためである。ハッブル宇宙望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • スペースコロニー

    スペースコロニーから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    有機物の大部分は、初めは月や小惑星、または地球から輸入しなければならない。だがその後は、リサイクルにより輸入の必要性を減らすことができる。提案されているリサイクル方法の一つとして、低温の蒸留物、植物、ゴミ、それに下水を電気アークで焼却して、それをさらに蒸留するものがある。それにより、二酸化炭素と水は直ぐに農場で使用できるだろう。灰の中の硝酸塩と塩は、水に溶かすことで純粋な鉱物に分離される。ほとんどの硝酸塩、カリウム、ナトリウム塩は有効に肥料としてリサイクルできるだろう。鉄、ニッケル、およびシリコンを含むその他の鉱物は、まとめて化学的に精製して工業用に再利用できる。残ったごく一部(重量にして0.01%未満)の資源は無重力下の質量分光法で純粋な元素へと処理し、肥料や工業資材へと加えることができる。この方法はNASAの研究で証明された手段であり、人々が実際にスペースコロニーで生活を始めれば、より洗練された方法がとられるようになるだろう。スペースコロニー フレッシュアイペディアより)

  • 南極隕石

    南極隕石から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    南極隕石は基本的に、採集した国が全て保存することになっている。実際に、日本隊が採集した南極隕石は、国立極地研究所極域科学資源センター南極隕石ラボラトリーが、収集から保存・研究・情報公開の全て(キュレーション)を担当している。国立極地研究所が保管する隕石の重量は平均100グラム、総重量はおよそ1.7トンである。アメリカはNASAでキュレーションを行い、研究が終わったらスミソニアン博物館が作った専用施設で保管している。南極隕石 フレッシュアイペディアより)

  • 太陽戦隊サンバルカン

    太陽戦隊サンバルカンから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    リーダーであるバルイーグルが途中でNASAに「パイロットとしての技量を見込まれ、転任」するという設定で交代したが、戦隊シリーズで中心的な役割を持たされているレッド役が途中で交代したのもこの作品が唯一である(2012年現在。も参照)。それと平行して敵組織ブラックマグマでも、前線司令官を務めたゼロワンが戦死した後に新たな女幹部アマゾンキラーが現れるという交代劇が描かれた。鈴木武幸プロデューサーは「ゼロガールズだけでは手詰まりになり、これくらいの設定変更をしなければ番組が一年間はもたないという危機感があった」と語っている。ほかにも矢沢助八や松田姉妹の登場や、サンバルカンロボの技である「太陽剣オーロラプラズマ返し」の演出強化など、中盤で投入された新要素は数多い。太陽戦隊サンバルカン フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙服

    宇宙服から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    NASAで船外活動に用いられている宇宙服 船外活動ユニット (EMU) は、宇宙服本体と背中に背負う生命維持システム、TVカメラと照明装置からなる。1980年代初めに使われた有人機動ユニット (MMU) は背中に背負うように装着し、窒素ガスの噴出によって宇宙空間での姿勢の制御、移動を可能にするものであったが、大型で実用的ではなかったためすぐに使われなくなった。代わって1990年代からは小型のSAFER (Simplified Aid For EVA Rescue) と呼ばれる緊急時以外は使用しないセルフレスキュー用の装置が開発され、国際宇宙ステーションでの船外活動 (EVA) ではSAFERの装着が義務づけられている。宇宙服 フレッシュアイペディアより)

1633件中 91 - 100件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード