1633件中 11 - 20件表示
  • アポロ計画陰謀論

    アポロ計画陰謀論から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アポロ計画陰謀論(アポロけいかくいんぼうろん)とは、アメリカがNASAを中心として1960年代?1970年代に行ったアポロ計画(人類の月面着陸計画)が陰謀であったとする説(陰謀論)や捏造であったとする説のことである。2004年ころまでは盛んであったが、それ以降は下火となっている。アポロ計画陰謀論 フレッシュアイペディアより)

  • 欧州宇宙機関

    欧州宇宙機関から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    また、人工衛星による地球観測や、惑星など太陽系内の天体観測のための探査機の研究開発にも力を入れ、アメリカ航空宇宙局(NASA) との共同研究も行っている。欧州宇宙機関 フレッシュアイペディアより)

  • はやぶさ (探査機)

    はやぶさ (探査機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    MINERVA(ミネルバ)は、当初、はやぶさへの搭載が予定されていたNASAのローバーがキャンセルされたため、それまでゆっくりと開発されていたものが、急遽準備された日本の小型ローバーである。プロジェクトマネージャーの川口淳一郎が日本独自の子探査機を搭載することを提案し開発された。名称は "MIcro/Nano Experimental Robot Vehicle for Asteroid" の略である。カウンターバランスの代わりに搭載することが前提となっており、分離機構を含めた質量を1kg以内に収めることが条件となっていた。NASAのJPLによってMUSES-CNの開発が進められていたことから正式なプロジェクトとしては扱われておらず、開発費は技術研究費用から捻出された。民生品や宇宙仕様品の廃棄部位の使用、宇宙仕様品のメーカーによる無償提供などで開発コストが大幅に削減されている。はやぶさ (探査機) フレッシュアイペディアより)

  • ヒューストン

    ヒューストンから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ヒューストンは1836年8月30日にオーガストゥス・チャップマン、ジョン・カービーのアレン兄弟によってバッファロー・バイユーの河岸に創設された。市名は当時のテキサス共和国大統領で、サンジャシントの戦いで指揮を執った将軍、サミュエル・ヒューストンから名を取って付けられた。翌1837年6月5日、ヒューストンは正式に市制施行された。19世紀後半には海港や鉄道交通の中心として、また綿花の集散地として栄えた。やがて1901年に油田が見つかると、市は石油精製・石油化学産業の中心地として成長を遂げた。20世紀中盤に入ると、ヒューストンには世界最大の医療研究機関の集積地テキサス医療センターやアメリカ航空宇宙局(NASA)のジョンソン宇宙センターが設置され、先端医療の研究や航空宇宙産業の発展が進んだ。古くからこうした様々な産業を持ち、フォーチュン500に入る企業の本社数がニューヨークに次いで多いヒューストンは、テキサス州のみならず、成長著しいサンベルトの中心都市の1つであり、アメリカ合衆国南部のメキシコ湾岸地域における経済・産業の中枢である。また、全米最大級の貿易港であるヒューストン港を前面に抱え、コンチネンタル航空のハブ空港であるジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル空港を空の玄関口とする、交通の要衝でもある。また、日本を含む世界86ヶ国が領事館を置く世界都市でもある。ヒューストン フレッシュアイペディアより)

  • MOONLIGHT MILE

    MOONLIGHT MILEから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    同じ頃、“ロストマン”ことジャック・F・ウッドブリッジは、母国アメリカに帰国後、海軍戦闘機のエース・パイロットとして原子力空母「ロナルド・レーガン」に乗船していた。スペースシャトルのパイロット養成プログラムにも一発合格し、今まさにNASAへの扉が開こうとしていた時に、武装テロを仕掛けたイラクへ向けて緊急出撃するも、相手の地対空ミサイルを受けて撃墜され、生死不明となってしまう。しかし、敵の捕虜となりながらもイラク反政府ゲリラのアリ親子に助けられ何とか生き延び、NASAに復帰後スペースシャトルのパイロット、そしてエリア51で極秘に開発されていたスペースプレーンのプロジェクトに参加。その後、アメリカ宇宙軍の士官として、その卓越した宇宙船操縦技術と政治的手腕を武器に、組織の中でのし上がっていく。MOONLIGHT MILE フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アメリカや日本、アラブ首長国連邦など世界各国の政府首脳専用機や、NASAのスペースシャトル輸送機等にも転用されている。なお、2008年7月現在までの航空会社1社による合計発注機数は、日本航空の113機が最多である。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • 土井隆雄

    土井隆雄から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    東京大学大学院修了後、宇宙科学研究所(ISAS)研究生、アメリカ航空宇宙局NASA研究員を経て1985年、毛利衛・向井千秋とともに、当時の宇宙開発事業団(NASDA)初の宇宙飛行士に選抜された。土井隆雄 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    7月4日 - アメリカ航空宇宙局 (NASA) がスペースシャトル「ディスカバリー号」の1年ぶりの打ち上げに成功。2006年 フレッシュアイペディアより)

  • テラフォーミング

    テラフォーミングから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    1961年に天文学者カール・セーガンが金星の環境改造に関する論文『惑星金星』をサイエンス誌に発表した事をきっかけに、世界中の研究者が研究開始した。1976年には、「」との題目でテラフォーミングをテーマとしたNASAによるシンポジウムも開催されている。1991年にはネイチャー誌に、NASAのクリストファー・マッケイらによる火星のテラフォーミング計画に関する論文が掲載された。テラフォーミング フレッシュアイペディアより)

  • 2007年

    2007年から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    NASA、国際宇宙ステーションの第18次長期滞在搭乗員に、日本人宇宙飛行士・若田光一を選出。2008年秋以降にスペースシャトルエンデバー号に搭乗予定。2007年 フレッシュアイペディアより)

1633件中 11 - 20件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード