2210件中 21 - 30件表示
  • テラフォーミング

    テラフォーミングから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    1961年に天文学者カール・セーガンが金星の環境改造に関する論文『惑星金星』をサイエンス誌に発表した事をきっかけに、世界中の研究者が研究開始した。1976年には、「」との題目でテラフォーミングをテーマとしたNASAによるシンポジウムも開催されている。1991年にはネイチャー誌に、NASAのクリストファー・マッケイらによる火星のテラフォーミング計画に関する論文が掲載された。テラフォーミング フレッシュアイペディアより)

  • アポロ計画陰謀論

    アポロ計画陰謀論から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アポロ計画陰謀論(アポロけいかくいんぼうろん)とは、アメリカがNASAを中心として1960年代〜1970年代に行ったアポロ計画(人類の月面着陸計画)が陰謀であったとする説(陰謀論)や捏造であったとする説のことである。アポロ計画陰謀論 フレッシュアイペディアより)

  • ボーイング747

    ボーイング747から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アメリカや日本、アラブ首長国連邦など世界各国の政府首脳専用機に採用され、NASAのスペースシャトル輸送機等にも転用されている。なお、2014年1月現在までの航空会社1社による合計発注機数は、日本航空の113機が最多である。ボーイング747 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年

    2006年から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    7月4日 - アメリカ航空宇宙局 (NASA) がスペースシャトル「ディスカバリー号」の1年ぶりの打ち上げに成功。2006年 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年

    2007年から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    NASA、国際宇宙ステーションの第18次長期滞在搭乗員に、日本人宇宙飛行士・若田光一を選出。2008年秋以降にスペースシャトルエンデバー号に搭乗予定。2007年 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙授業

    宇宙授業から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    スペースシャトルの場合には、スペースシャトル内にインターネットに接続できるパソコン等の設備があり、これを用いて交信できる場合と、NASAフライトセンター(ジョンソン宇宙センター)を経由して行える場合がある。高画質かつクリアな音声による宇宙授業の場合には、主として後者のフライトセンター経由で行う。現在のところ、インターネットでは、MPEG-3によるため、有る程度の画像品質の低下や音声が途切れるなどの問題があるためである。アメリカ航空宇宙局ジョンソン宇宙センターで運用しているTDRS(宇宙通信衛星)は、スペースシャトル搭載コンピュータの処理能力の都合により最大上りが1.5メガビット毎秒、下りが3.0メガビット毎秒である。インターネットに割り振っている帯域は、最大上りが128キロビット毎秒、下りは256キロビット毎秒である。そのような事情から、フライトセンター経由で行われる場合が多い。宇宙授業 フレッシュアイペディアより)

  • スペースシステムズ/ロラール

    スペースシステムズ/ロラールから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    SS/Lの顧客にはアジアサット、ディレクTV、エコー・スター、グローバルスター、ヒスパサット(Hispasat)、ヒューズ・ネットワーク・システムズ(Hughes Network Systems)、アイコ・グローバル・コミュニケーションズ(ICO Global Communications)、インテルサット、MTSAT、 JSCガスコム(JSC Gascom)、ローラルスカイネット(Loral Skynet)、NASA/NOAA、オプタス、パンアムサット(PanAmSat)、QuetzSat、SatMex、SES S.A.、SES New Skies、シン・サテライト、Sirius Satellite Radio、SpainSat、ViaSat、WildBlue、XM Satellite Radioなどが存在する。スペースシステムズ/ロラール フレッシュアイペディアより)

  • NLS

    NLSから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    NLS(oN-Line System)は、ダグラス・エンゲルバート率いる研究者チームが1960年代にスタンフォード研究所(SRI)内の Augmentation Research Center (ARC) で設計・開発した革新的なマルチユーザー連携システム。NLSは世界で初めて、ハイパーテキストリンク、マウス、ラスタースキャン型ディスプレイ、関連性によって組織された情報、グラフィカルユーザインターフェース、プレゼンテーションソフトウェアなど様々なコンセプトを実用化した。ARPA、NASA、アメリカ空軍が資金提供した。NLS フレッシュアイペディアより)

  • EJSM

    EJSMから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    EJSM(英: Europa Jupiter System Mission、エウロパ・ジュピター・システム・ミッション)はアメリカ航空宇宙局(NASA)/欧州宇宙機関(ESA)共同による木星探査計画。特に木星の磁気圏と木星の衛星であるエウロパとガニメデに主眼を置き、2020年に探査機を打ち上げる予定。欧州側はラプラス(Laplace)と呼んでいる。EJSM フレッシュアイペディアより)

  • スルツバーガー湾

    スルツバーガー湾から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    Tohoku Tsunami Created Icebergs In Antarctica - 地震発生にから津波が棚氷に押し寄せるまでを解説した映像。NASAスルツバーガー湾 フレッシュアイペディアより)

2210件中 21 - 30件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード