1633件中 21 - 30件表示
  • 21世紀

    21世紀から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    この年以降、アメリカ航空宇宙局がジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡を打ち上げ予定。21世紀 フレッシュアイペディアより)

  • 民間宇宙飛行

    民間宇宙飛行から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    宇宙時代の最初の数十年間で、アメリカ合衆国のNASAとソビエト連邦設計局は系列政府機関と私企業との共同開発による宇宙技術を開拓した。この後、防衛産業の大企業は、政府のロケットや商業衛星打ち上げ技術から得られた発射設備を開発し、操業を始めた。地球軌道での民間宇宙飛行は通信衛星、衛星テレビ、衛星ラジオ、及び軌道の宇宙旅行を含んでいる。民間宇宙飛行 フレッシュアイペディアより)

  • STS-109

    STS-109から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    STS-109 は、NASAのスペースシャトルで行なわれたハッブル宇宙望遠鏡の補修ミッションである。2002年3月にコロンビアで打ち上げられ、5回の船外活動で機材の交換と設置を完了した。これは、コロンビアで打ち上げから着陸まで完全に実施された最後のミッションでもある。STS-109 フレッシュアイペディアより)

  • 自己複製

    自己複製から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    人工の複製子の登場は意外に近いかもしれない。アメリカ航空宇宙局 (NASA) の最近の研究として clanking replicator の複雑さはインテルのPentium 4と同程度であることが示された。つまり、そのテクノロジは比較的小さなグループで、それなりの時間でそれなりのコストをかければ、達成可能とされている。自己複製 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙授業

    宇宙授業から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    スペースシャトルの場合には、スペースシャトル内にインターネットに接続できるパソコン等の設備があり、これを用いて交信できる場合と、NASAフライトセンター(ジョンソン宇宙センター)を経由して行える場合がある。高画質かつクリアな音声による宇宙授業の場合には、主として後者のフライトセンター経由で行う。現在のところ、インターネットでは、MPEG-3によるため、有る程度の画像品質の低下や音声が途切れるなどの問題があるためである。アメリカ航空宇宙局ジョンソン宇宙センターで運用しているTDRS(宇宙通信衛星)は、スペースシャトル搭載コンピュータの処理能力の都合により最大上りが1.5メガビット毎秒、下りが3.0メガビット毎秒である。インターネットに割り振っている帯域は、最大上りが128キロビット毎秒、下りは256キロビット毎秒である。そのような事情から、フライトセンター経由で行われる場合が多い。宇宙授業 フレッシュアイペディアより)

  • フォボスの影

    フォボスの影から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    フォボスの影は、1999年8月26日にマーズ・グローバル・サーベイヤーによって撮影された。この画像は、1999年11月1日にアメリカ航空宇宙局の報道発表によって公開された1。フォボスの影 フレッシュアイペディアより)

  • アポロ4号

    アポロ4号から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    燃料の搭載は11月6日に開始された。総量は、液体酸素がトレーラー89台分、液体水素がトレーラー28台分、第一段燃料のケロシンが貨車27台分にもなった。第一段ロケットの騒音は予想していたものよりもはるかにすさまじく、VABは発射台から4マイルも離れていたにもかかわらず激しく揺さぶられ、CBSキャスターのウォルター・クロンカイトが中継をしていた報道ブースは、天井のタイルが脱落するほどであった。この経験を踏まえ、NASAは次回からは、発射の際には燃焼ガスの下に数千ガロンの水を放出して騒音を低減させることにした。この装置は、現在のスペースシャトルでも継続して使用されている。アポロ4号 フレッシュアイペディアより)

  • EJSM

    EJSMから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    EJSM(英: Europa Jupiter System Mission、エウロパ・ジュピター・システム・ミッション)はアメリカ航空宇宙局(NASA)/欧州宇宙機関(ESA)共同による木星探査計画。特に木星の磁気圏と木星の衛星であるエウロパとガニメデに主眼を置き、2020年に探査機を打ち上げる予定。欧州側はラプラス(Laplace)と呼んでいる。EJSM フレッシュアイペディアより)

  • ATKランチ・システムズ・グループ

    ATKランチ・システムズ・グループから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    2005年 - NASAのコンステレーション計画のアレスI打ち上げロケット第1段ロケット・エンジンの製造契約を獲得。ATKランチ・システムズ・グループ フレッシュアイペディアより)

  • スターゲイザー (航空機)

    スターゲイザー (航空機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    スターゲイザー(英:Stargazer)はアメリカのオービタル・サイエンシズ社(OSC)が運用するロッキード L-1011 トライスターの改造機である。空中発射式人工衛星打ち上げロケットペガサスの打ち上げに用いられる他、アメリカ航空宇宙局(NASA)のX-34、APO計画をはじめとした様々な空中実験に用いられる。名称はスタートレックシリーズのU.S.S.スターゲイザーから。スターゲイザー (航空機) フレッシュアイペディアより)

1633件中 21 - 30件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード