2210件中 31 - 40件表示
  • ソーラーマックス

    ソーラーマックスから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    太陽の活動周期の調査を目的として、NASAにより1980年2月14日に打ち上げられた。ソーラーマックス フレッシュアイペディアより)

  • マーズ・グローバル・サーベイヤー

    マーズ・グローバル・サーベイヤーから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    マーズ・グローバル・サーベイヤー (Mars Global Surveyor, MGS) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) ジェット推進研究所 (JPL) の無人火星探査計画、またはその火星探査機の名称である。 名前は「火星全球の測量者」の意味をもち、探査機はその名の通り極軌道上からの写真撮影や高度測定による火星の詳細な地図作成などを行い、惑星科学だけでなく後の探査計画にも関わる情報を提供した。マーズ・グローバル・サーベイヤー(以下、サーベイヤー)は、同時期に打ち上げられ軟着陸を行ったマーズ・パスファインダーと対になって、アメリカが 20年ぶりに再開した火星探査計画の最初のものとなった。サーベイヤーの初期ミッションは2001年1月に完了し、その後も延長ミッションを続けたが、3度目の延長ミッション中の2006年11月に通信を絶ったため翌年ミッションは終了した。マーズ・グローバル・サーベイヤー フレッシュアイペディアより)

  • マーズ・ポーラー・ランダー

    マーズ・ポーラー・ランダーから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    マーズ・ポーラー・ランダー (Mars Polar Lander: MPL) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) ジェット推進研究所 (JPL) により、マーズ・クライメイト・オービターと共にマーズ・サーベイヤー'98で開発された2つの火星探査機のひとつである。旧称は“マーズ・サーベイヤー'98ランダー”。マーズ・ポーラー・ランダー フレッシュアイペディアより)

  • ガンゴートリー氷河

    ガンゴートリー氷河から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    NASAとアメリカ地質調査所及びの共同調査により、長さ30.2km、幅0.5から2.5kmのヒマラヤ山脈最大の氷河とされた。計測が開始された1780年より後退を続けており、1936年から1996年の期間では1147m(年平均19m)後退していた。20世紀最後の25年間に限れば後退は850m(年平均34m)に至り、1996年から1999年には76mであった。ガンゴートリー氷河 フレッシュアイペディアより)

  • ゴーイング、ゴーイング、ゴーン

    ゴーイング、ゴーイング、ゴーンから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    1960年7月?:NASA、アポロ計画を発表ゴーイング、ゴーイング、ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • 極冠

    極冠から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    Image:The Earth seen from Apollo 17.jpg|アポロ17号から見た地球。南極極冠が見える。(NASA の厚意による)極冠 フレッシュアイペディアより)

  • XCH-62 (航空機)

    XCH-62 (航空機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ボーイング・バートル XCH-62(Boeing Vertol XCH-62、社内名称モデル 301)は、アメリカ合衆国のボーイング・バートル社で設計された3発ターボシャフトエンジンの輸送ヘリコプターである。1971年に開発計画が承認され、1974年にキャンセルされるまで1機のみが製作された。アメリカ航空宇宙局(NASA)の企画により開発計画は一旦復活したが、1983年に頓挫した。XCH-62 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • トラス (ISS)

    トラス (ISS)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    初期の宇宙ステーション「フリーダム計画」では、さまざまなトラスのデザインが考えられたが、それらは全て、打ち上げ後に宇宙飛行士が船外活動で組み立て・機器の取り付けを行なう桁として計画されていた。1991年にNASAは設計を見直して、最低限の取り付けで済むように、あらかじめ組み立て済みのより短い部材へと変更された。トラス (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • TRW

    TRWから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    現在のTRWオートモーティブ・ホールディングスの前身であるTRW Inc.には宇宙防衛部門があり、人工衛星、X線計測装置、軍事用通信装置、空中発射レーザー、艦隊衛星通信システムなどを含む航空宇宙防衛部品も取扱っていた。中でも代表的な製品は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が惑星探査に用いたパイオニア10号用の人工衛星およびアポロ月面着陸船用降下エンジンが挙げられる。特に、アポロ13号のミッションにおいてはTRWのエンジンが地球帰還において重要な役割を果たしている。TRW フレッシュアイペディアより)

  • エドウィン・アームストロング

    エドウィン・アームストロングから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アームストロングのFMシステムは、NASAとアポロ計画の宇宙飛行士との通信にも使われた。エドウィン・アームストロング フレッシュアイペディアより)

2210件中 31 - 40件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード