2210件中 41 - 50件表示
  • ケプラー62

    ケプラー62から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ケプラー62()は、太陽系から約1,200光年の距離に存在するK型主系列星である。こと座の方角に位置する。2013年4月18日、アメリカ航空宇宙局 (NASA) はケプラー宇宙望遠鏡によるトランジット法での観測の結果、この恒星に5つの惑星を発見したことを発表した。そのうちケプラー62eとケプラー62fは、生命が存在する可能性がある領域ハビタブルゾーン内に位置する地球に似た惑星とみられている。ケプラー62 フレッシュアイペディアより)

  • RC4WD

    RC4WDから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    それらの部品はNASAから選ばれ、世界中のテレビや雑誌などにも登場している。RC4WD フレッシュアイペディアより)

  • 自己複製

    自己複製から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    人工の複製子の登場は意外に近いかもしれない。アメリカ航空宇宙局 (NASA) の最近の研究として clanking replicator の複雑さはインテルのPentium 4と同程度であることが示された。つまり、そのテクノロジは比較的小さなグループで、それなりの時間でそれなりのコストをかければ、達成可能とされている。自己複製 フレッシュアイペディアより)

  • ケプラー452

    ケプラー452から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    ケプラー452()とは、地球から見てはくちょう座の方向に約1400光年離れた位置にある太陽に非常によく似たG型主系列星である。2015年7月23日にNASAはケプラー宇宙望遠鏡の観測によってこれまでで最も地球に似ているとされている太陽系外惑星ケプラー452bの発見を公表した。ケプラー452 フレッシュアイペディアより)

  • フォボスの影

    フォボスの影から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    フォボスの影は、1999年8月26日にマーズ・グローバル・サーベイヤーによって撮影された。この画像は、1999年11月1日にアメリカ航空宇宙局の報道発表によって公開された1。フォボスの影 フレッシュアイペディアより)

  • タイタン表層海探査

    タイタン表層海探査から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    タイタン表層海探査(タイタンひょうそうかいたんさ、)は、2009年にアメリカ航空宇宙局 (NASA) のディスカバリー計画の一環として提案された、土星の衛星タイタンの探査機(ランダー)。タイタン表層海探査 フレッシュアイペディアより)

  • シャトル・ミール計画

    シャトル・ミール計画から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    この計画は「フェイズ1」とも呼ばれ、アメリカ合衆国が長期の宇宙飛行の経験を持つロシアから学び、NASAとRoscosmosの間の協力精神を養うことを意図していた。計画は1993年に公表され、1994年にミッションが始まり計画完了の1998年まで継続された。スペースシャトルの飛行11回に加え、ソユーズの飛行も行われ、7回のアメリカ人宇宙飛行士の長期宇宙滞在によって、アメリカの宇宙飛行士は累積でほぼ900日間宇宙に滞在した。計画の実行中には両国によって多くの「初」の事柄が成し遂げられた。アメリカの宇宙飛行士が初めてソユーズで打ち上げられ、史上最大の宇宙ステーションが組み立てられ、アメリカ人がロシアのオーラン宇宙服を着て宇宙遊泳を行った。計画は4年間続いたが、火災とプログレス衝突事故によるミールの安全性問題、ロシアの宇宙計画の財源喪失による問題、計画管理者の態度に対する宇宙飛行士からの不満などから計画は中止されることとなった。シャトル・ミール計画 フレッシュアイペディアより)

  • マーキュリー・アトラス9号

    マーキュリー・アトラス9号から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    前回のマーキュリー・アトラス8号(シグマ7)の飛行がほぼ完璧な成功であったため、NASAはこのまま計画を続けて余計な事故を起こすよりも、次の段階であるジェミニ計画(2人乗り宇宙船)に移行しようと考えた。マーキュリー・アトラス9号 フレッシュアイペディアより)

  • ビー・ユー・ジーDMG森精機

    ビー・ユー・ジーDMG森精機から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    2010年ビー・ユー・ジーが研究・開発に協力したMPCが、国際宇宙ステーションの映像伝送能力を飛躍的に進歩させたとして、JAXAと共にNASAからGroup Achievement Awardを授与された。ビー・ユー・ジーDMG森精機 フレッシュアイペディアより)

  • ブローバ

    ブローバから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    機械式腕時計の時代から技術力を評価されていたが、現在著名なのは1960年発表の電池式腕時計「アキュトロン」である。一定サイクルで作動する音叉を超小型化して腕時計のムーブメントに組み込むというもので、月差1分以内という当時最高の精度を誇った製品で、腕時計の技術史に一時代を築いた。現在はこの音叉をエンブレムに用いている。また、当時のブローバ社はアメリカ航空宇宙局と非常に密接な関係にあり、ジェミニ計画やアポロ計画に技術提供し、宇宙船内の計器や通信機器などに使われた計時装置のほぼ全てを供給し、計46回のミッションに貢献した。ブローバ フレッシュアイペディアより)

2210件中 41 - 50件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード