1633件中 41 - 50件表示
  • メリディアニ平原

    メリディアニ平原から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    1830年代初頭、ドイツの天文学者ヨハン・ハインリッヒ・メドラーとヴィルヘルム・ベーアは、世界最初の実用的な火星の地図を製作した。その際、ベーアとメドラーは地図上の特に目立った地形に対して火星の標準子午線を引いた。1877年にイタリアの天文学者ジョヴァンニ・スキアパレッリが火星の地図を製作する際にもメドラーとベーアの選択した地形に標準子午線が引かれたため、その後もこの地形に標準子午線が引かれることとなった。そのため、この地形は後に「サイナス・メリディアニ(Sinus Meridiani, 子午線の湾)」と呼ばれるようになった。その後、2004年にアメリカ航空宇宙局が火星探査機オポチュニティを着陸させ、「メリディアニ平原」いう名で呼んだことから、この名が定着した。メリディアニ平原 フレッシュアイペディアより)

  • T-38 (航空機)

    T-38 (航空機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局でも、宇宙飛行士の練習機・連絡機として使用されている。これらのT-38はテキサス州ヒューストンのエリントン・フィールドに配備されており、T-38Cの登場以前からアビオニクスが独自に改良され、ウエザーレーダーが装備されるなど、NASA特別仕様となっている。T-38 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • シャトル・ミール計画

    シャトル・ミール計画から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    この計画は「フェイズ1」とも呼ばれ、アメリカ合衆国が長期の宇宙飛行の経験を持つロシアから学び、NASAとRoscosmosの間の協力精神を養うことを意図していた。計画は1993年に公表され、1994年にミッションが始まり計画完了の1998年まで継続された。スペースシャトルの飛行11回に加え、ソユーズの飛行も行われ、7回のアメリカ人宇宙飛行士の長期宇宙滞在によって、アメリカの宇宙飛行士は累積でほぼ900日間宇宙に滞在した。計画の実行中には両国によって多くの「初」の事柄が成し遂げられた。アメリカの宇宙飛行士が初めてソユーズで打ち上げられ、史上最大の宇宙ステーションが組み立てられ、アメリカ人がロシアのオーラン宇宙服を着て宇宙遊泳を行った。計画は4年間続いたが、火災とプログレス衝突事故によるミールの安全性問題、ロシアの宇宙計画の財源喪失による問題、計画管理者の態度に対する宇宙飛行士からの不満などから計画は中止されることとなった。シャトル・ミール計画 フレッシュアイペディアより)

  • マーズ・ポーラー・ランダー

    マーズ・ポーラー・ランダーから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    マーズ・ポーラー・ランダー (Mars Polar Lander: MPL) は、アメリカ航空宇宙局 (NASA) ジェット推進研究所 (JPL) により、マーズ・クライメイト・オービターと共にマーズ・サーベイヤー'98で開発された2つの火星探査機のひとつである。旧称は“マーズ・サーベイヤー'98ランダー”だった。マーズ・ポーラー・ランダー フレッシュアイペディアより)

  • STS-107

    STS-107から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    STS-107 は、NASAのスペースシャトルで行なわれたミッションである。2003年1月16日にコロンビアで打ち上げられたが、2003年2月1日に起きた空中分解事故で喪失、クルーの7名は全員死亡した。スペースハブを使ったミッションでもあった。STS-107 フレッシュアイペディアより)

  • パークス天文台

    パークス天文台から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    口径64mの電波望遠鏡を核とする電波天文台である。南半球では、アメリカ航空宇宙局のディープスペースネットワークキャンベラ深宇宙通信施設の口径70mに次いで第2位の口径を持つ。天体観測では現在知られているパルサーの半分以上がこの電波望遠鏡で発見されている。パークス天文台 フレッシュアイペディアより)

  • コピアポ鉱山落盤事故

    コピアポ鉱山落盤事故から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    病気や感染症の予防や栄養補給の方法などを指導するため、閉鎖環境での生活のノウハウを持つアメリカ航空宇宙局(NASA)や米疾病対策センター(CDC)、ハーバード大学など外国の政府、研究機関に次々と支援や助言を仰いだ。救助チームは食料、水、酸素をドリルで開けた穴で供給した。当初は急激なカロリー摂取による障害を避けるため、流動食から開始し、順次濃厚な食事に変更する予定であったが、栄養状態が深刻な作業員もいたため、予定が変更され早い時期から濃厚な食事が提供された。コピアポ鉱山落盤事故 フレッシュアイペディアより)

  • スルツバーガー湾

    スルツバーガー湾から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    Tohoku Tsunami Created Icebergs In Antarctica - 地震発生にから津波が棚氷に押し寄せるまでを解説した映像。NASAスルツバーガー湾 フレッシュアイペディアより)

  • XCH-62 (航空機)

    XCH-62 (航空機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ボーイング・バートル XCH-62(Boeing Vertol XCH-62、社内名称モデル 301)は、アメリカ合衆国のボーイング・バートル社で設計された3発ターボシャフトエンジンの輸送ヘリコプターである。1971年に開発計画が承認され、1974年にキャンセルされるまで1機のみが製作された。アメリカ航空宇宙局(NASA)の企画により開発計画は一旦復活したが、1983年に頓挫した。XCH-62 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • TRW

    TRWから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    現在のTRWオートモーティブ・ホールディングスの前身であるTRW Inc.には宇宙防衛部門があり、人工衛星、X線計測装置、軍事用通信装置、空中発射レーザー、艦隊衛星通信システムなどを含む航空宇宙防衛部品も取扱っていた。中でも代表的な製品は、アメリカ航空宇宙局(NASA)が惑星探査に用いたパイオニア10号用の人工衛星およびアポロ月面着陸船用降下エンジンが挙げられる。特に、アポロ13号のミッションにおいてはTRWのエンジンが地球帰還において重要な役割を果たしている。TRW フレッシュアイペディアより)

1633件中 41 - 50件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード