1633件中 51 - 60件表示
  • RS-68 (ロケットエンジン)

    RS-68 (ロケットエンジン)から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    エンジンの設計、開発はSSMEの開発時と同様にカリフォルニア州のCanoga Parkの施設で行われた。初期開発段階のエンジンは、アポロ計画の為にサターンVのエンジンの開発、試験に使用されたサンタスサナ野外研究所で組み立てられた。RS-68の最初の試験はエドワーズ空軍基地にある空軍の研究所の施設で行われ、後にNASAのジョン・C・ステニス宇宙センターで行われた。最初にエドワーズ空軍基地で成功した燃焼試験は1998年9月22日に完了した。RS-68は、2001年12月にデルタIVでの使用が認証された。 この新型エンジンを使用して2002年11月20日に初打ち上げに成功した。RS-68 (ロケットエンジン) フレッシュアイペディアより)

  • スペース・ローンチ・システム

    スペース・ローンチ・システムから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    スペース・ローンチ・システムまたはSLSとは、NASAにより開発中の、アメリカ合衆国のスペースシャトルから派生した大型打上げロケットである。これは取り消されたコンステレーション計画に続くもので、また退役したスペースシャトルを代替するものである。2010年NASA認可法案では、アレスIとアレスV型の機体設計を、有人用と貨物用とに使用できる単一の打ち上げ機へ変容させることを想定していた。これは時が過ぎるにつれてより強力なものへとアップグレードされることになっている。上段部分を除去した第1段部分の当初の能力は、70t(ブロック0形態。エンジン3機および部分的に燃料を充填された第1段部分)から100t(ブロックI形態。エンジン4機および完全に燃料を充填された第1段部分)を地球の低軌道(LEO)に送り込み、低軌道より彼方への任務に備えるものとなる。地球離脱ステージを上段に搭載し、5段SSME派生型第1段エンジンを追加した打ち上げ能力の総量は130tに達しており、これは今までに作られた中でも最も強力なロケットになる。スペース・ローンチ・システム フレッシュアイペディアより)

  • エドウィン・アームストロング

    エドウィン・アームストロングから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アームストロングのFMシステムは、NASAとアポロ計画の宇宙飛行士との通信にも使われた。エドウィン・アームストロング フレッシュアイペディアより)

  • ソーラーマックス

    ソーラーマックスから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    太陽の活動周期の調査を目的として、NASAにより1980年2月14日に打ち上げられた。ソーラーマックス フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙開発

    宇宙開発から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    第二次大戦後には、米ソ両国が冷戦状態になると、国家的プロジェクトとして弾道ミサイルや人工衛星など、軍事的利用が可能な技術の研究が競われる宇宙開発競争となる。人工衛星の実現による通信網の拡大は民間事業においても期待されており、アメリカは海軍主導のヴァンガード計画に基づき1955年7月に、ソ連は8月にそれぞれ人工衛星の打ち上げを宣言。アメリカが技術的問題に直面しているなか、ソ連は1957年10月に人工衛星スプートニク1号、11月には犬を乗せたスプートニク2号に成功し、アメリカに対して技術的優位を見せ付ける。アメリカは12月にヴァンガード1号の打ち上げを実行するが失敗し、ソ連の衛星打ち上げの成功はアメリカの安全保障を脅かすと懸念され、スプートニク・ショックが走った。アメリカではヴァンガード計画を改め、1958年にはNASAが設立され、1月にはジュノーI型の打ち上げに成功した。それから米ソは、世界初の成果を上げるために激しく争うことになる。宇宙開発 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)

    トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年)から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    2011年2月8日、急加速問題の原因調査をしていた米運輸省・米運輸省高速道路交通安全局(:en:National Highway Traffic Safety Administration, NHTSA)・NASAによる最終報告で、トヨタ車の電子制御装置に欠陥はなく、急発進事故のほとんどが運転手のミスとして発表された。トヨタ自動車の大規模リコール (2009年-2010年) フレッシュアイペディアより)

  • ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡

    ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡( - うちゅうぼうえんきょう James Webb Space Telescope / 以下「JWST」と記す)は、アメリカ航空宇宙局が中心となって開発を行っている赤外線観測用宇宙望遠鏡である。ハッブル宇宙望遠鏡の後継機として、2018年以降の打ち上げを目指して開発が進められている。ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • X-37 (航空機)

    X-37 (航空機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ボーイング X-37 (Boeing X-37) はアメリカ合衆国が開発した無人のスペースプレーン。アメリカ航空宇宙局・国防高等研究計画局・アメリカ空軍が参画している計画であり、主契約会社はボーイング社。アメリカ航空宇宙局の再使用型宇宙往還機離れに伴い、2004年以降は国防高等研究計画局主導のプロジェクトとなる。X-37 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の科学

    2012年の科学から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    1月1日 - NASAの探査機GRAIL-Bが月周回軌道に到達。2012年の科学 フレッシュアイペディアより)

  • アラン・ヒルズ84001

    アラン・ヒルズ84001から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局によると、アラン・ヒルズ84001は今から約36億年前に火星で溶岩から生成された岩石であり、1300万年前から1600万年前に小惑星が火星に衝突した際に、破片として宇宙空間に飛散。そして1000万年以上にわたって宇宙空間を漂流した後、約1万3000年前に地球に落下したと推定されている。アラン・ヒルズ84001 フレッシュアイペディアより)

1633件中 51 - 60件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード