2210件中 51 - 60件表示
  • Maze War

    Maze Warから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    このゲームのオリジナルバージョンはSteve Colley(後にnCUBEを創設)によって1972-1973年にImlac PDS-1上で動作するものとしてカリフォルニアにあるNASAのエイムズ研究センターで作成された。彼は一人称視点から迷路を描写しその中を移動できるプログラムを書いた。その迷路は16ビット配列が16個のメモリ内に描かれた。Colleyは次のように書いている:Maze War フレッシュアイペディアより)

  • 惑星協会

    惑星協会から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    カリフォルニア州のパサデナ(NASAのジェット推進研究所のある都市)を本拠とし、1980年にカール・セーガン、、により設立された。協会は火星やその他の太陽系の探査、地球近傍天体の発見、地球外生命の探査 (SETI) を目的としている。宇宙空間の商業的、軍事的利用には否定的な立場を取る。2006年現在、世界140ヶ国に10万人以上の会員が加盟する組織を有する。惑星協会 フレッシュアイペディアより)

  • F-16XL (戦闘機)

    F-16XL (戦闘機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    F-16 ファイティング・ファルコンを大幅に改造した試作機で、F-16の派生型である。第4.5世代ジェット戦闘機に分類され、クランクト・アロー・デルタ翼を有し、F-16以上の搭載量を誇る。アメリカ空軍の強化型戦術戦闘機(ETF:Enhanced Tactical Fighter)計画に参加したが、ライバル機のマクドネル・ダグラス社(のちボーイング社によって買収)のF-15E ストライクイーグルに敗れ、採用を逃した。選定終了後、残った試作機2機は、NASAに引き渡され、飛行研究に使用された。F-16XL (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • ケイマン (MRAP)

    ケイマン (MRAP)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ケイマンはアメリカ軍だけでなく、アメリカ国内警察のSWAT部隊などでも運用されるようになった。また変わったところでは、2013年より、アメリカ航空宇宙局(NASA)でも、M113装甲兵員輸送車の後継となる事故発生時の緊急退避用車両(emergency egress vehicles)として採用されている。ケイマン (MRAP) フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・デイリー (軍人)

    ジョン・デイリー (軍人)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ジョン・R・デイリー(John R. Dailey、1934年2月17日 - )は、アメリカ合衆国の軍人。アメリカ海兵隊に所属し、1990年から1992年にかけて(ACMC)や参謀長(Chief of Staff)を務めた。軍人としての最終階級は大将。退役後の1992年から1999年にはアメリカ航空宇宙局(NASA)に副長官代行として勤務し、また2000年からは国立航空宇宙博物館の館長を務めている。ジョン・デイリー (軍人) フレッシュアイペディアより)

  • ジュアン・ウロー

    ジュアン・ウローから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ウローの研究は生命の起源を理解するのに重要であった。アポロ計画やバイキング計画など、アメリカ航空宇宙局(NASA)が行ったいくつかのミッションに参加した。1986年には生命の起源の分野における貢献が評価され、国際生命の起源学会(ISSOL)によってオパーリンメダルが授与された。ジュアン・ウロー フレッシュアイペディアより)

  • アポロ10号

    アポロ10号から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    この計画では宇宙船の識別符号に漫画「ピーナッツ」のキャラクターである チャーリー・ブラウンとスヌーピーが使用されたため、半公式的に計画自体のマスコット・キャラクターとなった。また作者のチャールズ・M・シュルツ (Charles M. Schulz) 自身も、計画に関連するイラストをNASAのために描いた。アポロ10号 フレッシュアイペディアより)

  • STS-107

    STS-107から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    STS-107 は、NASAのスペースシャトルで行なわれたミッションである。2003年1月16日にコロンビアで打ち上げられたが、2003年2月1日に起きた空中分解事故で喪失、クルーの7名は全員死亡した。スペースハブを使ったミッションでもあった。STS-107 フレッシュアイペディアより)

  • 大島泰郎

    大島泰郎から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    東京出身。1958年、東京大学理学部化学科卒業。1963年、同大学院で博士課程修了。東京大学助手、NASA研究員、三菱化成生命科学研究所研究員、東京工業大学教授、東京薬科大学教授などを歴任。また、日本蛋白質科学会会長も務めた。東京工業大学名誉教授、東京薬科大学名誉教授。2005年より現職。ポリアミン学会会長。極限環境生物学会 会長。日本Archaea研究会 代表。大島泰郎 フレッシュアイペディアより)

  • テンピュール・シーリー・ジャパン

    テンピュール・シーリー・ジャパンから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    寝具メーカー。本社はスウェーデン。米国宇宙財団NASAより「認定技術」ロゴの使用を許可された唯一のマットレス・ピローメーカーである。世界80カ国以上で愛用されている。テンピュール素材は、1960年代にNASAがスペースシャトル計画の中で宇宙飛行士の体にかかる重力を和らげるために開発された素材ヴィコエラスティックホームを基に、スウェーデンのファゲダーラ社が商品化したもので、独自の特性で体温と体圧を感知し、ゆっくり沈み込み体の一点に集中しがちな圧力を均一に分散させる素材である。テンピュール・シーリー・ジャパン フレッシュアイペディアより)

2210件中 51 - 60件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード