1633件中 61 - 70件表示
  • 現代宇宙論

    現代宇宙論から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    Cosmology 101 - from the NASA WMAP group現代宇宙論 フレッシュアイペディアより)

  • X-51 (航空機)

    X-51 (航空機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    X-51はアメリカ合衆国で研究開発を行っている軍事用の無人試験機である。ウェーブライダーという愛称を持つ。超音速飛行を目指したスクラムジェット機であり、開発はアメリカ空軍、米ボーイング社、米プラット・アンド・ホイットニー・ロケットダイン社、DARPA、NASAが行っている。X-51 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • シェイック・モディボ・ディアラ

    シェイック・モディボ・ディアラから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    マリ共和国ニオロ・デュ・サヘル(w:Nioro du Sahel)生まれ。マリの高校を卒業後、パリ第六大学(ピエール・エ・マリ・キュリー大学)にて、数学、物理学、分析工学を学び、アメリカのワシントンD.C.のハワード大学にて宇宙工学を学んだ。その後カリフォルニア工科大学(CalTech)のジェット推進研究所(JPL、Jet Propulsion Laboratory)に採用され、金星探査のマゼラン、太陽探査のユリシーズ、木星探査のガリレオ、火星探査のマーズ・オブザーバー、マーズ・パスファインダーなどのアメリカ航空宇宙局NASA)の様々な計画に参画した。その後NASAの火星探索教育の局長に任命された。シェイック・モディボ・ディアラ フレッシュアイペディアより)

  • エクスプローラー計画

    エクスプローラー計画から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    エクスプローラー計画(英: Explorer program)はアメリカ陸軍により始められアメリカ航空宇宙局に引き継がれた、人工衛星および宇宙探査機計画。宇宙技術の革新性を活かして太陽物理学や宇宙物理学などの分野で先駆的な科学観測をことを目的とする。エクスプローラー計画 フレッシュアイペディアより)

  • スペースシステムズ/ロラール

    スペースシステムズ/ロラールから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    SS/Lの顧客にはアジアサット、ディレクTV、エコー・スター、グローバルスター、ヒスパサット(Hispasat)、ヒューズ・ネットワーク・システムズ(Hughes Network Systems)、アイコ・グローバル・コミュニケーションズ(ICO Global Communications)、インテルサット、MTSAT、 JSCガスコム(JSC Gascom)、ローラルスカイネット(Loral Skynet)、NASA/NOAA、オプタス、パンアムサット(PanAmSat)、QuetzSat、SatMex、SES S.A.、SES New Skies、シン・サテライト、Sirius Satellite Radio、SpainSat、ViaSat、WildBlue、XM Satellite Radioなどが存在する。スペースシステムズ/ロラール フレッシュアイペディアより)

  • ライトスタッフ

    ライトスタッフから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    NASAのマーキュリー計画(宇宙に人間を送り出す国家プロジェクト)を背景に、戦闘機パイロットが「ライトスタッフ(己にしかない正しい資質)」に従い孤独な挑戦を続ける姿と、国家の重圧に耐えながら信頼の絆を深め合う宇宙飛行士と家族の姿とを対比して描くことで、別々の生き方の中にも勇気を持って行動する者達を称えた物語である。音速の壁に挑戦し続けた実在の人物、チャック・イェーガーをサム・シェパードが演じた。ライトスタッフ フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙望遠鏡

    宇宙望遠鏡から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    2009年3月7日打ち上げ。太陽系外惑星の精密探査をするために、アメリカ航空宇宙局(ゴダード・スペースフライト・センター)等が打上げた宇宙望遠鏡。ケプラーの名前は、惑星軌道の法則を発見した天文学者ヨハネス・ケプラーの名前から。宇宙望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • ビー・ユー・ジー

    ビー・ユー・ジーから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    2010年ビー・ユー・ジーが研究・開発に協力したMPCが、国際宇宙ステーションの映像伝送能力を飛躍的に進歩させたとして、JAXAと共にNASAからGroup Achievement Awardを授与された。ビー・ユー・ジー フレッシュアイペディアより)

  • 臼田宇宙空間観測所

    臼田宇宙空間観測所から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    1986年に76年周期で回遊してくるハレー彗星の最接近が予定されており、それに合わせて欧州宇宙機関(ESA)が1985年7月にジオットを、ソ連が1984年12月にヴェガ2機をハレー彗星に向かわせた。アメリカのNASAは新規衛星の打ち上げは見送ったが、それ以前に打ち上げられていた探査機である ISSE-3(その後、国際彗星探査機 (ICE) と名称を変更)を、5回の月スイングバイにより軌道修正させ、ハレー彗星に送り込むことが決まっていた。臼田宇宙空間観測所 フレッシュアイペディアより)

  • ゲンギス

    ゲンギスから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    ゲンギスは元々、アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ロボットの原型として設計された。旧ソビエト連邦の月面車(ルノホート)は月面の岩石や土壌を地球に持ち帰るサンプルリターンに成功しているが、これは地球と月の距離が比較的近く、電波無線操縦が可能だったことが理由である。だが、火星と地球の距離は最短でも約8000万kmであり地球から火星へのダイレクトな電波無線操縦は不可能である為、自律性を有した火星探査ロボットが必要とされた。ゲンギス フレッシュアイペディアより)

1633件中 61 - 70件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード