2210件中 61 - 70件表示
  • リフティングボディ

    リフティングボディから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    以上のようなコンセプトにより、特に胴体だけの機体を指すこともあるが、それなりに大きな翼を持っていても、揚力を目的とした大型の胴体を持つ機はリフティングボディ機に含めることもある。なお、機体全体が翼(薄翼)となっている全翼機とはその形態や応用目的の違いから区別されることが多い。また近年提唱されているブレンデッドウィングボディ(Blended Wing Body、略称BWB)と一見共通する部分もあるが、両概念の提唱や実証を行っているNASAやアメリカ空軍ではそれらを別個のものとして扱っている。リフティングボディ フレッシュアイペディアより)

  • サラゴサ空港

    サラゴサ空港から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    サラゴサ空港(, )は、スペイン・アラゴン州サラゴサ県サラゴサ近郊にある空港。バルセロナの西270km、マドリードの北東262kmにある。サラゴサ空軍基地と敷地の一部を共有している。商業空港としての機能に加えて、スペイン空軍第15航空団の本拠地でもあり、またスペースシャトルの緊急時着陸地点としてアメリカ航空宇宙局(NASA)にも使用される。サラゴサ空港 フレッシュアイペディアより)

  • 臼田宇宙空間観測所

    臼田宇宙空間観測所から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    1986年に76年周期で回遊してくるハレー彗星の最接近が予定されており、それに合わせて欧州宇宙機関(ESA)が1985年7月にジオットを、ソ連が1984年12月にヴェガ2機をハレー彗星に向かわせた。アメリカのNASAは新規衛星の打ち上げは見送ったが、それ以前に打ち上げられていた探査機である ISSE-3(その後、国際彗星探査機 (ICE) と名称を変更)を、5回の月スイングバイにより軌道修正させ、ハレー彗星に送り込むことが決まっていた。臼田宇宙空間観測所 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙望遠鏡

    宇宙望遠鏡から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    2009年3月7日打ち上げ。太陽系外惑星の精密探査をするために、アメリカ航空宇宙局(ゴダード・スペースフライト・センター)等が打上げた宇宙望遠鏡。ケプラーの名前は、惑星軌道の法則を発見した天文学者ヨハネス・ケプラーの名前から。宇宙望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • エアロゲル

    エアロゲルから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    超高速粒子を捕らえるためにNASAが使用したガドリニウムとテルビウムでドープされたしたエアロゲルは、衝突した箇所で衝突速度に相応する蛍光を発した。エアロゲル フレッシュアイペディアより)

  • ボレリー彗星

    ボレリー彗星から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局 (NASA) が1998年に打ち上げたディープ・スペース1号 (DS1) は、当初の任務であった各種新技術の実地試験や小惑星 (9969) ブライユの観測を終了したのち、延長任務としてボレリー彗星を観測することになった。ボレリー彗星 フレッシュアイペディアより)

  • 航空宇宙

    航空宇宙から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    いくつかの国には政府からの公的資金が投入されている民間宇宙機関がある。そのような民間宇宙機関の例は、アメリカのアメリカ航空宇宙局や、ヨーロッパの欧州宇宙機関、カナダのカナダ宇宙庁、インドのインド宇宙研究機関、日本の宇宙航空研究開発機構、ロシアのロシア連邦宇宙局、中国の中国国家航天局、イランのイラン宇宙機関、パキスタンのパキスタン宇宙高層大気研究委員会、韓国の韓国航空宇宙研究院などである。航空宇宙 フレッシュアイペディアより)

  • D-Wave Systems

    D-Wave Systemsから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    2011年5月11日、D-Wave Systemsは「世界初の商用量子コンピュータ」を謳ったD-Wave Oneを発表した。D-Wave Oneは、128量子ビットで、量子焼きなまし法(量子アニーリング)により最適化問題を解く、断熱量子コンピュータである、と述べられている。2013年5月、NASA、Google、USRAが共同で、512量子ビットD-Wave Twoを使用した「Quantum Computing AI Lab」を設立することが発表された。D-Wave Twoは機械学習やその他の研究分野で使用されるとされた。D-Wave Systems フレッシュアイペディアより)

  • ジンギス

    ジンギスから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    ジンギスは元々、アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ロボットの原型として設計された。旧ソビエト連邦の月面車(ルノホート)は月面の岩石や土壌を地球に持ち帰るサンプルリターンに成功しているが、これは地球と月の距離が比較的近く、電波無線操縦が可能だったことが理由である。だが、火星と地球の距離は最短でも約8000万kmであり地球から火星へのダイレクトな電波無線操縦は不可能である為、自律性を有した火星探査ロボットが必要とされた。ジンギス フレッシュアイペディアより)

  • ぼくは航空管制官3

    ぼくは航空管制官3から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    中盤のステージでは、NASA所属のスペースシャトルのオービタであるエンデバーが大気圏再突入を行う。(嘉手納飛行場はスペースシャトルの緊急着陸空港であった。) 他にも、これらにかかわるイベントが複数用意されている。また、ファンサービス版の特典の追加ステージでは、架空の航空会社テクノエアを中心とした一風変わったシナリオが展開される。ぼくは航空管制官3 フレッシュアイペディアより)

2210件中 61 - 70件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード