1633件中 71 - 80件表示
  • Maze War

    Maze Warから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    このゲームのオリジナルバージョンはSteve Colley(後にnCUBEを創設)によって1972-1973年に:en:Imlac PDS-1上で動作するものとしてカリフォルニアにあるNASAのエイムズ研究センターで作成された。彼は一人称視点から迷路を描写しその中を移動できるプログラムを書いた。その迷路は16ビット配列が16個のメモリ内に描かれた。Colleyは次のように書いている:Maze War フレッシュアイペディアより)

  • 山崎直子 (宇宙飛行士)

    山崎直子 (宇宙飛行士)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    東京大学大学院を修了後、当時の宇宙開発事業団に入社。国際宇宙ステーションの開発業務に従事しながら宇宙飛行士を目指し、入社3年後、2度目の受験で宇宙飛行士に選抜された。2006年2月に、アメリカ航空宇宙局(NASA)の搭乗運用技術者に認定され、2008年5月には搭乗者支援宇宙飛行士として土井隆雄のミッションを支援した。山崎直子 (宇宙飛行士) フレッシュアイペディアより)

  • F-16XL (戦闘機)

    F-16XL (戦闘機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    選定終了後、残った試作機2機は、NASAに引き渡され、飛行研究に使用された。F-16XL (戦闘機) フレッシュアイペディアより)

  • ホーカー・シドレー P.1127

    ホーカー・シドレー P.1127から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    後にペガサスとして知られることになるそのエンジンを、ホーカーは NATO の軽戦術支援戦闘機 (Light Tactical Support Fighter) 仕様に適合する機体に用いることにした。当時、イギリスの1957年防衛白書に基づき防衛費の大幅削減が行なわれており、ホーカーは商業資本やアメリカによるエンジン開発資金に頼る必要があった。この計画のため、NASAによるラングレー空軍基地でのモデルテストが大規模に行なわれた。ホーカーのテストパイロットヒュー・メアウェザー (Hugh Merewether) は NASA の求めに応じてアメリカに赴き、ベル X-14を操縦した。1959年3月、ホーカー・シドレーの役員会で P.1127 プロトタイプ 2 機の資金が認められた。その後、1959年遅く、英軍需省との間に P.1127 プロトタイプ 2 機の契約が結ばれた。ホーカー・シドレー P.1127 フレッシュアイペディアより)

  • 大島泰郎

    大島泰郎から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    東京出身。1958年、東京大学理学部化学科卒業。1963年、同大学院で博士課程修了。東京大学助手、NASA研究員、三菱化成生命科学研究所研究員、東京工業大学教授、東京薬科大学教授などを歴任。また、日本蛋白質科学会会長も務めた。東京工業大学名誉教授、東京薬科大学名誉教授。2005年より現職。ポリアミン学会会長。大島泰郎 フレッシュアイペディアより)

  • NLS

    NLSから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    NLS(oN-Line System)は、ダグラス・エンゲルバート率いる研究者チームが1960年代にスタンフォード研究所(SRI)内の Augmentation Research Center (ARC) で設計・開発した革新的なマルチユーザー連携システム。NLSは世界で初めて、ハイパーテキストリンク、マウス、ラスタースキャン型ディスプレイ、関連性によって組織された情報、グラフィカルユーザインターフェース、プレゼンテーションソフトウェアなど様々なコンセプトを実用化した。ARPA、NASA、アメリカ空軍が資金提供した。NLS フレッシュアイペディアより)

  • エンケラドゥス (衛星)

    エンケラドゥス (衛星)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    2005年3月ごろ、エンケラドゥスに接近したNASA/ESAの無人土星探査機カッシーニが、エンケラドゥスに極めて微量の大気を発見した。大気の成分は水蒸気と見られている。しかしエンケラドゥスは重力が小さく、大気はすぐに宇宙に逃げてしまうため、火山か間欠泉などの大気の安定した供給源があるものとみられる。同じく木星の衛星のイオや、海王星の衛星トリトンには火山噴出物による微量な大気が観測されている。エンケラドゥス (衛星) フレッシュアイペディアより)

  • プログレス補給船

    プログレス補給船から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局はスペースシャトル退役以降、宇宙ステーションへの補給手段を自身で保有しておらず、民間のスペースX社に委託しており、ドラゴン (宇宙船)により2012年5月より補給を行っている。また、自身の宇宙開発計画としてオリオンを2014年以降打ち上げる計画である。プログレス補給船 フレッシュアイペディアより)

  • トラス (ISS)

    トラス (ISS)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    初期の宇宙ステーション「フリーダム計画」では、さまざまなトラスのデザインが考えられたが、それらは全て、打ち上げ後に宇宙飛行士が船外活動で組み立て・機器の取り付けを行なう桁として計画されていた。1991年にNASAは設計を見直して、最低限の取り付けで済むように、あらかじめ組み立て済みのより短い部材へと変更された。トラス (ISS) フレッシュアイペディアより)

  • 2MASS

    2MASSから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    2MASSのスポンサーは以下のとおりである。マサチューセッツ大学 (UMass)、NASAジェット推進研究所 (JPL) とカリフォルニア工科大学 (Caltech) が運営する赤外線画像処理・分析センター、NASA、およびアメリカ国立科学財団 (NSF)。2MASS フレッシュアイペディアより)

1633件中 71 - 80件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード