1633件中 81 - 90件表示
  • 人工衛星

    人工衛星から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    有人宇宙船や宇宙ステーション、スペースシャトルも人工衛星に含まれ、アメリカ航空宇宙局等の人工衛星軌道データに掲載もされるが、これらについて触れる際には人工衛星とは呼ばれないのが一般的である。人工衛星 フレッシュアイペディアより)

  • 8マン

    8マンから見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    ※後年、平井は「谷博士がNASAで製作した」、と言及している。さらに、「8マンに使われている技術は、超古代文明に由来する」とも述べている(『ウルフランド』収録のエッセイ『8マン→サイボーグ・ブルース→ウルフガイ』より)。8マン フレッシュアイペディアより)

  • ゴーイング、ゴーイング、ゴーン

    ゴーイング、ゴーイング、ゴーンから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    1960年7月?:NASA、アポロ計画を発表ゴーイング、ゴーイング、ゴーン フレッシュアイペディアより)

  • フェルミガンマ線宇宙望遠鏡

    フェルミガンマ線宇宙望遠鏡から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    フェルミガンマ線宇宙望遠鏡 (フェルミ望遠鏡) は、ガンマ線観測用の天文衛星である。以前は Gamma-ray Large Area Space Telescope (GLAST) と呼ばれていた。ガンマ線検出器として大面積望遠鏡 (LAT) とガンマ線バーストモニター (GBM) の2つを搭載する。2008年6月11日 16:05 GMTにデルタII7920-H ロケットでNASAによって打ち上げられ、2008年8月から運用が開始された。アメリカ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、スウェーデンの政府機関、研究組織による共同研究である。 2008年2月8日にNASAはGLASTに新名称をつける事を提案し、2008年8月26日に Fermi Gamma-ray Space Telescope と改名した。フェルミガンマ線宇宙望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • ハンプトン (バージニア州)

    ハンプトン (バージニア州)から見たNASAアメリカ航空宇宙局

    ロイ・F・ブリッセンデン、第二次世界大戦のパイロット、物理学者、航空工学と機械工学の技師、教師、発明家、NACA / NASAのハンプトン・ラングレー研究所でプロジェクトリーダー、アポロ計画の偉大な天才ハンプトン (バージニア州) フレッシュアイペディアより)

  • メリーランド大学カレッジパーク校

    メリーランド大学カレッジパーク校から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    2005年1月初、NASAと共同で宇宙探査機ディープ・インパクトを打上げ。2005年7月4日、当機はテンペル第1彗星に衝撃弾を撃ち込んで生じたクレーターと塵を観測し、彗星の核を本機及び衝撃弾に搭載されたカメラで撮影メリーランド大学カレッジパーク校 フレッシュアイペディアより)

  • 野口聡一

    野口聡一から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    野口 聡一(のぐち そういち、1965年(昭和40年)4月15日 - )は、日本人宇宙飛行士。神奈川県横浜市出身。身長180cm。彼の初飛行はSTS-107コロンビア号の事故後、NASA・スペースシャトル運航再開、最初の打ち上げとなった2005年7月26日のミッションSTS-114にミッション・スペシャリストとして乗船した時である。2009年12月20日にソユーズTMA-17に搭乗し、国際宇宙ステーション(ISS)に約5ヶ月間滞在。2010年6月2日地球に帰還した。野口聡一 フレッシュアイペディアより)

  • F-111 (航空機)

    F-111 (航空機)から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    F-111の基本性能は高く、戦術航空軍団(TAC)だけにはとどまらず、戦略航空軍団(SAC)では戦略爆撃機として採用された。電子戦機型のEF-111Aも開発されるなど、いくつかの派生型も作られた。機体の塗装について、初期は灰色を基調としたアメリカ空軍色だったが、ベトナム戦争以降は迷彩塗装(いわゆる「ベトナム迷彩」)が基本となり、後年にはグレー単色となる機体が多くあった。また、一部のF-111AがNASAに引き渡され実験機として使用されたことがあった。F-111 (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • スペースシャトル

    スペースシャトルから見たNASAアメリカ航空宇宙局

    シャトル訓練機 (STA) はスペースシャトルの着陸訓練に使用されたNASAの練習機である。操縦特性が着陸進入時のスペースシャトルの挙動と合致するようになっており模擬的に着陸訓練を行うことが出来た。スペースシャトル フレッシュアイペディアより)

  • 月

    から見たアメリカ航空宇宙局アメリカ航空宇宙局

    月はナトリウムやカリウムなどからなる大気をもつが、地球の大気に比べると1017分の1(10京分の1)ほどの希薄さであり、表面は実質的に真空であるといえる。したがって、気象現象が発生しない。月面着陸以前の望遠鏡の観測からも月には大気がないと推定されていたが、1980年代にNASAによって実際は希薄ながらも大気が存在することが確認された。 フレッシュアイペディアより)

1633件中 81 - 90件表示