前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
210件中 1 - 10件表示
  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たバラク・オバマ

    しかし、この計画は2010年にバラク・オバマ大統領により中止された。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たニール・アームストロング

    アポロ計画は、人間を月面に着陸させかつ安全に地球に帰還させることを目的に構想された。しかしながらアポロ1号では、地上での訓練中に火災事故が発生し、飛行士3名が犠牲になった。これにより、アポロ宇宙船は人間を搭乗させる前に数回の無人試験飛行を行うことを余儀なくされた。8号と10号は月を周回し、多数の写真を持ち帰った。1969年7月20日、アポロ11号が月面に着陸し、ニール・アームストロングとバズ・オルドリン両飛行士が人類として(また地球上に誕生した生物として)初めて、地球以外の天体の上に降り立った。13号では月に向かう途中で宇宙船の酸素タンクが爆発する事故が発生したが、3名の飛行士は無事地球に帰還することに成功した。アポロでは計6回の月面着陸が行われ、貴重な科学的データと400kg近い岩石のサンプルを持ち帰った。また土質力学、流星物質、地震学、伝熱、レーザー光線を使用した地球と月の間の正確な距離の測定、磁場、太陽風など、多数の科学的実験が行われた。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たマーズ・サイエンス・ラボラトリー

    2008年5月25日、「豪腕」「改革屋」の異名を持つ科学ミッション部門の副長官アラン・ステム (Alan Stem) が辞任した。伝聞によると在任中の4月11日、アランは「2001マーズ・オデッセイ (Mars Odyssey)」 および「マーズ・エクスプロレーション・ローバー (Mars Exploration Rover, MER)」 の予算のカットを指示したが、グリフィン長官に覆されたとのことである。この削減案は、マーズ・サイエンス・ラボラトリーにかかる経費の超過を相殺するためのものであった。アランは「自分が辞任する理由はMERに関わるものではない」とし、「MERの予算をカットしようとした人間は自分ではない」とも述べた。彼は1年ほどの勤務の間に、「NASAの重要な科学実験計画を再建し、大きな変革をもたらした」と評価されたが、辞めた理由は「健全な計画や、政治的に微妙な問題を含むような基礎研究が中止されることを避けるためだった」と語っている。グリフィン長官は基礎研究のような地味な部分の予算を削りたがる傾向を持っており、それを拒否したことがアランを辞任に導いたのではないかと言われている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たスペースシャトル

    NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。現在は国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) の建設を進めている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たハッブル宇宙望遠鏡

    宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た冥王星

    宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たカリフォルニア州

    火星に対しては、水や生命の存在や地質や気候についてを観察をする目的で多数の探査計画が行われてきた。火星探査機はすべてカリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所で作成されている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たスペース・シャトル

    スカイラブはアメリカが地球周回軌道上に打ち上げた初の宇宙ステーションである。100トン近く(正確には91トン)もある機体は1973年から1979年まで地球を周回し続け、1973年と1974年に3回にわたって飛行士が搭乗した。スカイラブでは当初は太陽系の他の惑星が及ぼす重力の変位の調査が行われる予定だったが、国民が宇宙開発に関心を失い予算が削減されたことにより任務が縮小された。実験の中には、微少重力が及ぼす影響を調べることや、搭載された望遠鏡で太陽の活動を観測することも含まれていた。当初はスペース・シャトルとドッキングさせ、より高い安全な軌道に移行させることが計画されていたが、シャトルが初飛行に成功する前の1979年に大気圏に再突入して消滅した。3回目の搭乗員(SL-4)が1974年2月に下船した後、太陽の活動が活発になり、その結果地球の大気が暖められて大気圏が膨張し、機体にかかる空気抵抗が増大したため再突入の時期が早まったのである。スカイラブは1979年7月11日16:37 (UTC) ごろに再突入し、オーストラリア西部からインド洋にかけて破片が散らばったが、いくつかの残骸が回収された。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た国際宇宙ステーション

    NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。現在は国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) の建設を進めている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た2009年

    より発展した大型の移動探査機「マーズ・サイエンス・ラボラトリー (Mars Science Laboratory)」は現在進行中で、当初は2009年10月に発射の予定だったが、技術的な問題により若干の遅れが生じ、2011年に打ち上げられることになっている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
210件中 1 - 10件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード