210件中 91 - 100件表示
  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たマウンテンビュー

    エイムズ研究センター (ARC):カリフォルニア州マウンテンビュー、モフェット連邦空港内アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たボストーク1号

    マーキュリー計画の終了後、月飛行に必要な種々の問題を解決し実験を行うためのジェミニ計画が始まった。飛行士を搭乗させての初飛行は1965年3月23日のジェミニ3号で、ガス・グリソムとジョン・ヤングが地球を3周した。続く9回の有人飛行で、長期間の宇宙滞在や、他の衛星とのランデブーやドッキングが可能なことが証明され、無重力が人体に及ぼす医学的データが集められた。またこれと平行して、NASAは太陽系探査のための様々な宇宙機を打ち上げた。史上初の有人飛行(ボストーク1号)と同様、月の裏側の写真を初めて撮影したのはソ連の探査機だったが、地球以外の惑星(金星)を初めて探査したのはNASAのマリナー2号だった。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た船外活動

    この計画を奨励するために、NASAは2004年に「100年間の挑戦 (Centennial Challenges)」と称する、非政府組織による科学賞を設立した。この中では、たとえば船外活動の時により効率よく作業できる宇宙服の手袋など、「宇宙開発の展望」計画のために有益な発明が表彰されている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たドーン (探査機)

    冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ (New Horizons)」は2006年に打ち上げられ、2015年に冥王星付近を通過する予定である。探査機は2007年2月に木星をスイングバイし、衛星のいくつかを観測するとともに、搭載された機器の試験をした。水星探査機「メッセンジャー (MESSENGER)」は水星への接近を繰り返しながら減速し、2011年3月に水星の周回軌道に乗った。その他、小惑星帯の探査を目的とする「ドーン (Dawn)」や、複数の彗星探査機が飛行中である。現在準備中の計画には、火星の大気を研究するための「マーズ・スカウト計画 (Mars Scout Program)」の一環としての「メイヴン (Mars Atmosphere and Volatile EvolutioN, MAVEN)」がある。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たGFAJ-1

    GFAJ-1 - NASAの宇宙生物学研究所が発見したヒ素でも代謝が可能な生物。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たコロンビア (オービタ)

    1970年代から80年代におけるNASAの最大の眼目は、スペースシャトルであった。シャトルは1985年までに再使用可能な4機の機体が製造され、その初号機であるコロンビア号は1981年4月12日に初めて打ち上げられた。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たカナダ

    NASAは21世紀初頭までに150の有人宇宙飛行を含む多数の宇宙計画を成功させてきた。中でも著名なのは、11号による史上初の月面着陸を含む、一連のアポロ計画である。スペース・シャトルはチャレンジャー号とコロンビア号の事故により、14名の搭乗員全員の命が失われるという大きな障害に見舞われた。シャトルはロシアの宇宙ステーションミールとのドッキングを果たし、現在はロシア・日本・カナダ・欧州宇宙機関など世界の多数の国々が共同参加している国際宇宙ステーションへのドッキングが可能である。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た軍人

    次に権威が高いのは「NASA殊勲賞 (NASA Distinguished Service Medal)」で、軍人パイロットから文官の職員にいたるまで、すべての政府関係者が受賞する資格を持っている。例年の表彰は、フロリダ州オーランド (Orlando) の国立航空宇宙協会の施設で行われている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たドイツ

    フォン・ブラウン博士が所属していた陸軍弾道ミサイル局と、海軍調査研究所もまたNASAに併合された。NASAがソ連との宇宙開発競争に参入するにあたって重要な貢献をなしたのは、かつて第二次大戦下のドイツにおいて、フォン・ブラウンに率いられたロケット計画で開発された技術であった。そこにはロバート・ゴダード博士の初期の研究の成果も取り入れられている。空軍および国防高等研究計画局が行っていた初期段階の研究も、NASAに引き継がれた。1958年12月には、カリフォルニア工科大学が運営するジェット推進研究所もNASAの指揮下に入った。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たウェストバージニア州

    独立検査確認施設:ウェストバージニア州フェアモントアメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

210件中 91 - 100件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード