229件中 61 - 70件表示
  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たアポロ計画

    NASAはアメリカの宇宙開発における国家的努力をそれ以前よりもさらに充実させ、アポロ計画における人類初の月面着陸、スカイラブ計画における長期宇宙滞在、さらに宇宙往還機スペースシャトルなどを実現させた。現在は国際宇宙ステーション (International Space Station, ISS) の運用支援、オリオン宇宙船、スペース・ローンチ・システム、商業乗員輸送などの開発と監督を行なっている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た生命

    火星に対しては、水や生命の存在や地質や気候についてを観察をする目的で多数の探査計画が行われてきた。火星探査機はすべてカリフォルニア州パサデナのジェット推進研究所で作成されている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たミール

    1995年、シャトル・ミール・プログラムによってロシアとの共同計画も再開された。ミールとシャトルがドッキングすれば、これはもはや完全な宇宙ステーションであると言えた。このアメリカとロシアという宇宙開発における二大巨頭の協力関係は、ISS(国際宇宙ステーション)の建設作業において21世紀まで継続されている。2003年、コロンビア号空中分解事故によりシャトルの飛行が2年間中断された間、NASAはISSの保守作業をロシアの宇宙船に頼ったことから見ても、両者の信頼関係の強さは明白である。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た環境問題

    20世紀の中盤からNASAは地球観測のための計画を増加させ、環境調査を行ってきた。その成果の一つが1980年代に打ち上げられた「地球観測システム (Earth Observing System, EOS)」で、オゾン層の破壊のような地球的規模の環境問題を監視することが可能となった。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たジェット推進研究所

    フォン・ブラウン博士が所属していた陸軍弾道ミサイル局と、海軍調査研究所もまたNASAに併合された。NASAがソ連との宇宙開発競争に参入するにあたって重要な貢献をなしたのは、かつて第二次大戦下のドイツにおいて、フォン・ブラウンに率いられたロケット計画で開発された技術であった。そこにはロバート・ゴダード博士の初期の研究の成果も取り入れられている。空軍および国防高等研究計画局が行っていた初期段階の研究も、NASAに引き継がれた。1958年12月には、カリフォルニア工科大学が運営するジェット推進研究所もNASAの指揮下に入った。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たアメリカ空軍

    NASAが最初に行ったのは、冷戦下におけるソ連との熾烈な宇宙開発競争の中で実施された有人宇宙飛行計画であった。1958年に開始されたマーキュリー計画はまだほとんど手探りの状態で、そもそも人間は宇宙空間で生存できるのかという初歩的なことを調べることから開始された。また陸・海・空軍からも代表者が送り込まれ、NASAを支援した。飛行士の選抜は、すでにいる選び抜かれた軍のテスト・パイロットの中から候補を絞り込めばよいだけなので、比較的容易であった。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たエイムズ研究センター

    エイムズ研究センター (ARC):カリフォルニア州マウンテンビュー、モフェット連邦空港内アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たアメリカ合衆国上院

    上院の「国土安全保障・政府問題委員会 (Committee on Homeland Security and Governmental Affairs)」幹部は2006年7月31日にグリフィン長官を招致し、この変更に対する懸念を表明した。NASAはこの年、いくつかの地球探査計画を中止していた。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たケネディ宇宙センター

    NASAは国立再生可能エネルギー研究所 (National Renewable Energy Laboratory) と協力して、世界的規模の太陽資源地図を作成している。またDNAPL重非水液による水質汚染を除去するための、革新的な技術を評価する取り組みも続けている。1999年4月6日、NASAはアメリカ合衆国環境保護庁、アメリカ合衆国エネルギー省および空軍との間で、自然酸化膜除去および重非水液の酸化還元反応を矯正する二つの革新的な技術についての合意書を取り交わし、ケネディ宇宙センターにおいてその実験に協力することを約束した。国立宇宙局は軍およびアメリカ国防契約管理局と協力して「汚染予防のための共同グループ (Joint Group on Pollution Prevention)」を結成し、汚染物質を除去するための取り組みを続けている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た太陽系

    宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

229件中 61 - 70件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード