229件中 81 - 90件表示
  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たソビエト連邦

    1957年10月4日、ソビエト連邦が人類史上初の人工衛星スプートニク1号を成功させたことにより、アメリカ国民は自国の宇宙開発技術がいかに貧弱であるかという事実を思い知らされた(スプートニク・ショック)。議会はアメリカの安全保障および技術の先駆性が脅威にさらされていることを警告し、政府は直ちに何らかの行動をとるよう促した。これを受け、時のアイゼンハワー大統領およびその側近は対応策を慎重に検討し、数ヶ月にわたって討議を重ねた結果、非軍事目的の宇宙活動を実施するためには陸海空軍などが独自に宇宙開発を進める状態を改め指揮系統を一元化するべきだとの結論に達し、国防高等研究計画局 (Advanced Research Projects Agency, ARPA) も同時に創設されることとなった。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たグラマン ガルフストリーム II

    シャトル訓練機 - オービタの飛行特性に習熟するための練習機(ガルフストリーム IIを改造)アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たスーパーグッピー

    スーパーグッピー - 大型輸送機。アポロ月着陸船など大型の貨物を空輸する際に使用する。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たMQ-9 リーパー

    アルタイル - NOAAと共同で運用する気象観測用の無人航空機(MQ-9 リーパーの非武装型)。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た無人機

    現在の「宇宙開発における合衆国の指針 (space policy of the United States)」の中で、NASAは「宇宙の探査および開発・獲得に、有人あるいは無人機を使用した継続的で実行可能な計画を実施し、地球・太陽系・宇宙に関する根本的な科学的知識をより広げるために民間の宇宙機を使用する」と述べている。現在は火星、土星といった深宇宙への探査計画、および地球や太陽に関する研究計画が進行中である。また水星や冥王星へと向かう探査機もすでに打ち上げられている。計画中の木星への探査計画が実現されれば、太陽系の半分以上の惑星を網羅することになる。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たビッグ・バン

    宇宙開発に加えてNASAが帯びている重要な任務は、宇宙空間の平和目的あるいは軍事目的における長期間の探査である。人工衛星を使用した地球自体への探査、無人探査機を使用した太陽系の探査、進行中の冥王星探査機ニュー・ホライズンズ (New Horizons) のような太陽系外縁部の探査、さらにはハッブル宇宙望遠鏡などを使用した、ビッグ・バンを初めとする宇宙全体への探査などが主な役割となっている。2006年2月に発表されたNASAの到達目標は、「宇宙空間の開拓、科学的発見、そして最新鋭機の開発において、常に先駆者たれ」であった。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たニューオーリンズ

    ミシュー (Michoud) 組立施設:ルイジアナ州ニューオーリンズアメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たメッセンジャー (探査機)

    冥王星探査機「ニュー・ホライズンズ (New Horizons)」は2006年に打ち上げられ、2015年に冥王星付近を通過する予定である。探査機は2007年2月に木星をスイングバイし、衛星のいくつかを観測するとともに、搭載された機器の試験をした。水星探査機「メッセンジャー (MESSENGER)」は水星への接近を繰り返しながら減速し、2011年3月に水星の周回軌道に乗った。その他、小惑星帯の探査を目的とする「ドーン (Dawn)」や、複数の彗星探査機が飛行中である。現在準備中の計画には、火星の大気を研究するための「マーズ・スカウト計画 (Mars Scout Program)」の一環としての「メイヴン (Mars Atmosphere and Volatile EvolutioN, MAVEN)」がある。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見た国立再生可能エネルギー研究所

    NASAは国立再生可能エネルギー研究所 (National Renewable Energy Laboratory) と協力して、世界的規模の太陽資源地図を作成している。またDNAPL重非水液による水質汚染を除去するための、革新的な技術を評価する取り組みも続けている。1999年4月6日、NASAはアメリカ合衆国環境保護庁、アメリカ合衆国エネルギー省および空軍との間で、自然酸化膜除去および重非水液の酸化還元反応を矯正する二つの革新的な技術についての合意書を取り交わし、ケネディ宇宙センターにおいてその実験に協力することを約束した。国立宇宙局は軍およびアメリカ国防契約管理局と協力して「汚染予防のための共同グループ (Joint Group on Pollution Prevention)」を結成し、汚染物質を除去するための取り組みを続けている。アメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ航空宇宙局

    アメリカ航空宇宙局から見たフェアモント (ウェストバージニア州)

    独立検査確認施設:ウェストバージニア州フェアモントアメリカ航空宇宙局 フレッシュアイペディアより)

229件中 81 - 90件表示

「米航空宇宙局」のニューストピックワード