前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示
  • 航空集団

    航空集団から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    航空集団は、有事に即応すべく、平素から日本の領海および排他的経済水域内において対潜哨戒機を飛行させ、不審船の監視、航路上の対潜哨戒をしたり、隷下の飛行艇を主体とした航空救難等の任務を実施している。司令部は神奈川県綾瀬市の厚木航空基地におかれている。航空群(航空群司令部・航空隊2・整備補給隊・航空基地隊)を主体とする。航空集団 フレッシュアイペディアより)

  • 第4航空群

    第4航空群から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    第4航空群(だいよんこうくうぐん、JMSDF Fleet Air Wing 4)とは、航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり、神奈川県綾瀬市厚木航空基地に配備されている。第4航空群 フレッシュアイペディアより)

  • トモダチ作戦

    トモダチ作戦から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場を基地にしている海軍航空隊のヘリコプターは、津波発生直後から捜索救難活動に投入され、その後は食料などの救援物資を運んでいる。トモダチ作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 追浜海軍航空隊

    追浜海軍航空隊から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    整備術士官を養成する「整備科航空予備学生」は昭和13年に第一次の募集が始まり、以来、横須賀海軍航空隊で教育・訓練を担っていた。整備科航空予備学生の教育は、横空の主要施設である追浜飛行場で実施した。太平洋戦争の開戦にともない、横空は本州東方・小笠原諸島の遠距離哨戒任務に就くことになったため、教育任務に振り向ける要員が不足することになった。そこで、整備科航空予備学生教育は独立した追浜空と洲崎海軍航空隊に分散させることにした。その際、追浜空は機体整備、洲崎空は兵器整備に分離した。と同時に、整備兵・下士官から募集された整備訓練生を養成するため、厚木飛行場に相模野海軍航空隊を設置した。追浜海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 長後街道

    長後街道から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1945年(昭和20年)8月30日、厚木海軍飛行場に到着したダグラス・マッカーサーが初日の宿泊地の横浜ホテルニューグランドへ向かう途中に通過し、沿道の八百屋の前で休憩。休憩の際に沿道の商店にあった井戸(通称、マッカーサー井戸 現、ローソンストア100中田北2丁目店駐車場)でマッカーサーらが水を飲んだという逸話がある。以降、日米行政協定道路(現在の国道16号)が完成するまで、厚木基地から横浜へ移動するために進駐軍もよく使用していた。長後街道 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学医学部付属病院

    東海大学医学部付属病院から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    水難救済会により運営されており、太平洋上で操業している漁船の中で、急に傷病者が発生した場合、漁船からの要請で太平洋上へ、海上保安庁や自衛隊と協力しながら、救急医が出動救助するシステムである。漁船からのSOSは海上保安庁に入り、海上保安庁が各機関に要請する。現場海域までの距離が長い場合は、東海大学病院から医師、看護師が大和市・綾瀬市にある厚木基地まで向かい、海上自衛隊厚木基地から自衛隊の飛行艇で患者の収容に向かう。なお、2007年5月22日には社団法人日本水難救済会より日本水難救済会名誉総裁表彰「洋上救急功労賞」を受賞している。東海大学医学部付属病院 フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍再編

    在日米軍再編から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    厚木基地へ岩国基地の海上自衛隊のP-3C等が移転する。在日米軍再編 フレッシュアイペディアより)

  • 第三〇二海軍航空隊

    第三〇二海軍航空隊から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    マーシャル諸島が陥落し、日本近海への敵機動部隊の接近が現実化してきた1944年(昭和19年)初頭に、日本海軍は首都防空部隊を設置することとなった。そこで、横須賀鎮守府が所有する戦闘機隊を発展させる形で厚木飛行場を拠点とした三〇二空を設置することとした。使用機は最新鋭の雷電を投入することとしたが、初期故障も多いため、当面は海軍航空技術廠に隣接する追浜飛行場で活動した。三〇二空は本土防空航空隊の嚆矢であり、1944年下半期には岩国の第三三二海軍航空隊・大村の第三五二海軍航空隊が同じ考えに基づいて設置された。第三〇二海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 救難飛行隊

    救難飛行隊から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    救難飛行隊は、平成20年3月に海上自衛隊の部隊改変に伴い名称は各航空隊隷下の「航空隊」や「航空分遣隊」などになった。航空自衛隊航空救難団救難隊と同様24時間待機状態であるが、平時の艦艇への輸送業務も割り当てられている。初動の救難区域については航空自衛隊と重複しないよう区分され、区域指揮官として各航空群司令が当てられている。航空機内には、機上救護員が搭乗しており、飛行中も看護師や救急救命士の資格を持つ隊員によってある程度の医療処置が可能である。岩国航空基地および厚木航空基地には、救難飛行艇を運用する第71航空隊(Air Rescue Squadron 71)が分散して、洋上救難や飛行場施設のない離島の急患輸送を行っている。救難飛行隊 フレッシュアイペディアより)

  • 航空救急

    航空救急から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    青森県大湊航空基地、千葉県館山航空基地、東京都硫黄島航空基地、長崎県大村航空基地、徳島県徳島航空基地、鹿児島県鹿屋航空基地、山口県岩国航空基地、神奈川県厚木航空基地航空救急 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
204件中 1 - 10件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード