前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
258件中 1 - 10件表示
  • 第4航空群

    第4航空群から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    第4航空群(だいよんこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 4)とは、海上自衛隊の航空集団隷下の航空部隊(航空群)の一つであり、厚木航空基地(神奈川県綾瀬市)に配備されている。群司令は海将補(二)をもって充てられている。第4航空群 フレッシュアイペディアより)

  • 航空集団

    航空集団から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    航空集団司令部は厚木航空基地(神奈川県綾瀬市無番地)におかれており、隷下部隊は航空群(航空群司令部・航空隊・整備補給隊・航空基地隊)を主体とする。航空集団司令官は海将をもって充てられている。航空集団司令官は、専らフォースプロバイダ(練度管理責任者)として隷下の航空部隊の練度管理を行い、有事における航空部隊の運用を行うフォースユーザー(事態対処責任者)たる自衛艦隊司令官や各地方総監に隷下部隊を提供する役目を担っている。航空集団 フレッシュアイペディアより)

  • トモダチ作戦

    トモダチ作戦から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場を基地にしている海軍航空隊のヘリコプターは、津波発生直後から捜索救難活動に投入され、その後は食料などの救援物資を運んでいる。トモダチ作戦 フレッシュアイペディアより)

  • 追浜海軍航空隊

    追浜海軍航空隊から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    整備術士官を養成する「整備科航空予備学生」は昭和13年に第一次の募集が始まり、以来、横須賀海軍航空隊で教育・訓練を担っていた。整備科航空予備学生の教育は、横空の主要施設である追浜飛行場で実施した。太平洋戦争の開戦にともない、横空は本州東方・小笠原諸島の遠距離哨戒任務に就くことになったため、教育任務に振り向ける要員が不足することになった。そこで、整備科航空予備学生教育は独立した追浜空と洲ノ埼海軍航空隊に分散させることにした。その際、追浜空は機体整備、洲ノ埼空は兵器整備に分離した。と同時に、整備兵・下士官から募集された整備訓練生を養成するため、厚木飛行場に相模野海軍航空隊を設置した。追浜海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 大和ゆとりの森

    大和ゆとりの森から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    厚木飛行場の真南に位置し、過去は航空進入信号灯と調整池が有る雑草だらけの空き地であった。大和ゆとりの森 フレッシュアイペディアより)

  • 第4整備支援隊

    第4整備支援隊から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    第4整備支援隊(だいよんせいびしえんたい)とは、航空集団隷下の航空部隊「第4航空群(だいよんこうくうぐん、英称:Fleet Air Wing 4)」を構成する部隊の一つであり、神奈川県綾瀬市厚木航空基地に配備されている。第4整備支援隊 フレッシュアイペディアより)

  • 東海大学医学部付属病院

    東海大学医学部付属病院から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    日本水難救済会により運営されており、太平洋上で操業している船舶の中で急に傷病者が発生した場合、船舶からの要請で太平洋上へ海上保安庁や自衛隊と協力しながら救急医が出動救助するシステムである。船舶からのSOSは海上保安庁に入り、海上保安庁が各機関に要請する。現場海域までの距離が長い場合は、東海大学病院から医師、看護師が大和市・綾瀬市にある厚木基地まで向かい、海上自衛隊厚木基地から自衛隊の飛行艇で患者の収容に向かう。なお、2007年5月22日には公益社団法人日本水難救済会より日本水難救済会名誉総裁表彰「洋上救急功労賞」を受賞している。東海大学医学部付属病院 フレッシュアイペディアより)

  • 長後街道

    長後街道から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1945年(昭和20年)8月30日、厚木海軍飛行場に到着したダグラス・マッカーサーが初日の宿泊地の横浜ホテルニューグランドへ向かう途中に通過し、沿道の八百屋の前で休憩。休憩の際に沿道の商店にあった井戸(通称、マッカーサー井戸 現、スペースアップ泉店 駐車場)でマッカーサーらが水を飲んだという逸話がある。以降、日米行政協定道路(現在の国道16号)が完成するまで、厚木基地から横浜へ移動するために進駐軍もよく使用していた。長後街道 フレッシュアイペディアより)

  • 第61航空隊 (海上自衛隊)

    第61航空隊 (海上自衛隊)から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    第61航空隊(だいろくじゅういちこうくうたい、英称:Air Transport Squadron 61)は、海上自衛隊航空集団直轄の固定翼輸送航空部隊であり、厚木航空基地に所在する。第61航空隊 (海上自衛隊) フレッシュアイペディアより)

  • 在日米軍

    在日米軍から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    アメリカ海軍が使用する横須賀海軍施設(第七艦隊空母ロナルド・レーガン母港)、厚木航空施設(空母艦載機本拠)をはじめ、空軍・沿岸警備隊が使用する横田基地(在日米軍司令部・国連軍後方司令部が所在)、空軍嘉手納基地、海兵隊岩国基地、陸軍キャンプ座間、トリイステーションなど、ロシア連邦・中華人民共和国・中華民国・朝鮮民主主義人民共和国・大韓民国・フィリピン・ベトナム社会主義共和国にも近い関係上、東アジア・東南アジア・東シナ海・南シナ海・太平洋方面の要所であり、アジア有事の際には最重要拠点としての役割も持っている。在日米軍 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
258件中 1 - 10件表示