258件中 91 - 100件表示
  • ブルー・リッジ (揚陸指揮艦)

    ブルー・リッジ (揚陸指揮艦)から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    展開するヘリコプターは、VIP輸送を主目的とした緑色の特別仕様機が主に用いられる。現在は、アメリカ海軍厚木航空基地に配備されている第51洋上攻撃ヘリコプター飛行隊HSM-51 ワーローズ所属のSH-60F オーシャンホークが担当している。このSH-60Fには、第7艦隊司令官専用を表す3つの星が側面にペイントされている。ブルー・リッジ (揚陸指揮艦) フレッシュアイペディアより)

  • システム通信隊群

    システム通信隊群から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    厚木システム通信分遣隊(厚木航空基地システム通信隊群 フレッシュアイペディアより)

  • ダモ鈴木

    ダモ鈴木から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    高校中退後の1960年代後半、単身日本を飛び出し、単身アメリカへ密航。以後、ヒッピーとして世界各地を単独放浪。アメリカ25州を経て東南アジア諸国を回り、ヨーロッパへと渡り、ギターの弾き語りをしながら放浪の旅を続けた。海外放浪をしようと思ったきっかけについて、ダモ自身は元から地理好きだったこと、厚木基地の近くで育ったことを要因として挙げている。ダモ鈴木 フレッシュアイペディアより)

  • リー・ハーヴェイ・オズワルド

    リー・ハーヴェイ・オズワルドから見た厚木基地厚木海軍飛行場

    1957年から翌1958年、日本の厚木基地(海軍厚木航空施設)に勤務していた際には航空管制官を務めた。その頃の月給は85ドル以下。軍病院によると性感染症を「職務の一環」で患っていた。この頃、同僚殺害の容疑を掛けられたことがあるほか、銃の不法所持および発射の罪状で軍法会議において有罪判決を受けている。後述するソ連への亡命時、厚木基地勤務時代に得たロッキードU2偵察機の機密情報をソ連当局に提供し、この情報が元で1960年5月1日にソビエト上空で偵察飛行を行っていた同型機が撃墜されたのではないかといわれている(U-2撃墜事件)。リー・ハーヴェイ・オズワルド フレッシュアイペディアより)

  • 坂井三郎

    坂井三郎から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    2000年(平成12年)9月22日、坂井は米軍厚木基地の司令官交代式に招待されたときに倒れた。帰途につく際、体調不良を訴えたため、大事をとっての検査入院中の同日夜に死去。享年84。検査中に主治医に配慮して、「もう眠っても良いか」と尋ねたのが最期の言葉となった。坂井の葬儀のそばで元零戦搭乗員が30名ほど集まる会合もあったのに、坂井の生前の行いもあり、元零戦搭乗員で参列したのは4人だけだった。他の零戦搭乗員たちからの反感、ゴーストライターの存在、ねずみ講の事件など批判のあった坂井の行動を取り上げている『祖父たちの零戦』を読んだ娘の道子は、熱狂的なファンには聞き捨てならないように思えるかもしれないが、全て父である坂井三郎から聞いて知っていたことと述べている。坂井三郎 フレッシュアイペディアより)

  • 相鉄厚木線

    相鉄厚木線から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    かつては本路線を経由し本線の相模大塚駅構内から専用線にて在日米軍厚木基地へのタンク車を使用した航空燃料輸送が行われていたが、1998年9月をもって廃止された(線路と設備は現在も残存している)。航空燃料輸送は記録が残っていないものの旧海軍厚木飛行場時代からあったといわれ、第二次世界大戦終結間もない頃、相鉄線に沿って航空燃料用パイプラインが設置されていた時期もあったというが、危険な設備のため後に使用停止と撤去がされた。相鉄厚木線 フレッシュアイペディアより)

  • チェスター・ニミッツ

    チェスター・ニミッツから見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    8月30日、マッカーサーが厚木飛行場に颯爽と降り立つのと同じ頃、ハルゼー大将と共に横須賀港に上陸、横須賀海軍基地の視察を行った(視察途中に車がガス欠で立ち往生し、マッカーサーも車の度重なる故障で厚木から横浜まで2時間を要した)。チェスター・ニミッツ フレッシュアイペディアより)

  • 海上自衛隊厚木基地マーカス

    海上自衛隊厚木基地マーカスから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    海上自衛隊厚木基地マーカス(かいじょうじえいたい あつぎきち マーカス)とは、海上自衛隊厚木航空基地の海上自衛官により組織されているサッカーチームである。自衛隊のサッカーチームとしては最強と評されている。海上自衛隊厚木基地マーカス フレッシュアイペディアより)

  • 星を継ぐ者 (TRPGリプレイ)

    星を継ぐ者 (TRPGリプレイ)から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    自称「無邪気な神の使徒」で、愛剣「グローリア」を振るい、異端や悪魔をそれはもう無邪気に(楽しそうに)惨殺する。作中でもマサトや篝を襲うエミュレイターを嬉々として斬りまくる場面が見られる。その一方、ディングレイ破壊というマサトの決意に応えて聖王を説得し銀十字騎士団(後述)を赤羽神社護衛に向かわせ、自ら政治的取引(GM曰く「脅迫」)を行って厚木基地をディングレイ破壊作戦の拠点にするなど、裏方仕事もこなす。星を継ぐ者 (TRPGリプレイ) フレッシュアイペディアより)

  • 厚木航空隊事件

    厚木航空隊事件から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    厚木航空隊事件(あつぎこうくうたいじけん)は、1945年8月15日に、厚木海軍飛行場で第三〇二海軍航空隊司令の小園安名大佐が起こした騒乱事件。大東亜戦争(太平洋戦争)での日本の降伏を受け入れず、連合国軍と徹底抗戦する目的で起こされたが、6日後に鎮圧された。厚木航空隊事件 フレッシュアイペディアより)

258件中 91 - 100件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード