204件中 11 - 20件表示
  • 相鉄本線

    相鉄本線から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    大和を出てしばらくすると再び地上に出て厚木飛行場の横を通り、東名高速道路の上をまたぐと相模大塚駅である。飛行場での飛行訓練による轟音が車内からでも聞こえることがある。駅構内には留置線が並び回送列車が止まっていることもある。相模大塚を出ると海老名市に入り、さがみ野駅に到着する。駅前にはショッピングセンターの「さがみ野ライフ」がある。さがみ野を出るといったん座間市に入るが、座間市内には駅は設けられていない。再び海老名市に戻るとかしわ台である。駅構内は広大で相鉄線のかしわ台車両センターがあるために多くの留置車両を見ることができる。かしわ台を出ると台地を下り始め目久尻川を渡り快走する。団地群を左に見ていると、その先に路線が分かれる場所がある。これが相模国分信号所で、列車は停車せず通過していく。分かれていく路線はかつての貨物線の厚木線である。その後相模川の河岸段丘を下り始め、すぐに小田急小田原線が並走しその車両基地である海老名検車区が見えてくると終点の海老名駅である。時間帯によっては丹沢山地などへ向かう登山者を見ることも多い。相鉄本線 フレッシュアイペディアより)

  • リー・ハーヴェイ・オズワルド

    リー・ハーヴェイ・オズワルドから見た厚木基地厚木海軍飛行場

    1957年から翌1958年、日本の厚木基地(海軍厚木航空施設)に勤務していた際には航空管制官を務めた。その頃の月給は85ドル以下。軍病院によると性感染症を「職務の一環」で患っていた。この頃、同僚殺害の容疑を掛けられたことがあるほか、銃の不法所持および発射の罪状で軍法会議において有罪判決を受けている。リー・ハーヴェイ・オズワルド フレッシュアイペディアより)

  • 保土ヶ谷駅

    保土ヶ谷駅から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1929年(昭和4年)2月14日、後に相鉄本線となる神中鉄道が西横浜駅まで開通した際に、当駅と西横浜を結ぶ連絡線が開通し、砂利輸送が行われるようになった。この連絡線を経由した運転は終始入換の扱いとされていた。1948年(昭和23年)9月13日にこの路線は貨物支線として正式に開業し、営業キロは0.8 kmとされた。引き続き砂利輸送が行われた他、厚木海軍飛行場に進駐した米軍向けの燃料輸送も実施された。1964年(昭和39年)からは厚木駅付近に小野田セメントのセメント基地が建設され、セメント輸送も行われるようになった。一方でこの年、相模川の砂利資源枯渇に伴い、砂利輸送は全廃された。また当駅構内には相鉄所属の専用線も存在していた。保土ヶ谷駅 フレッシュアイペディアより)

  • 岩国飛行場

    岩国飛行場から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    在日米軍再編に伴って、厚木基地の第5空母航空団(空母艦載機のF/A-18E/F スーパーホーネット、EA-18Gグラウラー、E-2Cホークアイ飛行隊)が移転してくる計画がある。また、普天間基地の空中給油機KC-130ハーキュリーズも、飛行隊司令部、整備施設等とともに移転してくる予定である。岩国飛行場 フレッシュアイペディアより)

  • バターン号

    バターン号から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    バターン号(バターンごう)はアメリカ陸軍のダグラス・マッカーサー元帥の専用機。マッカーサーが1945年8月30日、厚木海軍飛行場において連合国軍による日本占領の第一歩を記したときの乗機として名高いが、これは2機目のバターン号である。バターン号 フレッシュアイペディアより)

  • 山本義正

    山本義正から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    義正が海軍整備予備学生として赴任した先は、小園安名率いる厚木第三〇二航空隊(以後三〇二空)であった。もともと遠隔地配属を希望していたが、入隊した1945年当時では確実に無理なことであった。第三〇二航空隊に赴任してからは「雷電」の整備分隊士を務めた。また、防空壕掘りにも従事している。山本義正 フレッシュアイペディアより)

  • カーミット・ビーハン

    カーミット・ビーハンから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    テニアン基地に帰還後、原爆投下作戦の功を讃えられ、銀星章を受章。戦争終結後の9月3日に神奈川県の厚木飛行場へ移動。数日後に長崎県の大村飛行場を経て、被爆後の長崎市を訪れている。カーミット・ビーハン フレッシュアイペディアより)

  • 第5空母航空団 (アメリカ海軍)

    第5空母航空団 (アメリカ海軍)から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    第5空母航空団(だい5くうぼこうくうだん Carrier Air Wing Five,CVW-5)はアメリカ海軍の空母航空団の一つ。地上基地は日本の神奈川県にある、アメリカ海軍厚木航空基地、搭載航空母艦はジョージ・ワシントン。第5空母航空団 (アメリカ海軍) フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島通信所

    硫黄島通信所から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    これまで厚木飛行場で行われていた夜間離着陸訓練が、住民運動により実施が困難になったことから、硫黄島で訓練を行うことになったが、その際に、海上自衛隊が飛行場を運営し、航空自衛隊が訓練基地として使用している硫黄島航空基地を、日米共用飛行場として登録するのではなく、在日アメリカ海軍施設として登録されていた「硫黄島通信所」を訓練施設として登録変更すると言う形が取られた。硫黄島通信所 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴見貯油施設

    鶴見貯油施設から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    吾妻倉庫地区からタンカーで輸送された航空燃料を貯蔵する。吾妻倉庫地区と鶴見貯油施設の貯油能力は約570万バレルあり、在日米軍の貯油施設としては最大の規模を誇り、全アメリカ軍の貯油施設としても最大級である。ここからさらに、タンク車やタンクローリーを使用し、横田飛行場や厚木海軍飛行場まで航空燃料を輸送する。鶴見貯油施設 フレッシュアイペディアより)

204件中 11 - 20件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード