204件中 21 - 30件表示
  • システム通信隊群

    システム通信隊群から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    厚木システム通信分遣隊(厚木航空基地システム通信隊群 フレッシュアイペディアより)

  • 第21航空群

    第21航空群から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    2008年(平成20年)3月26日 - 隷下部隊の再編。第101航空隊、第121航空隊、第123航空隊を第21航空隊に再編。舞鶴航空分遣隊を第23航空隊に改編。大湊地方隊大湊航空隊を隷下に編入し第25航空隊に改編。厚木航空基地の厚木救難飛行隊と下総航空基地の下総救難飛行隊よりUH-60Jが移動し第73航空隊新編、第2航空群八戸救難飛行隊を隷下に編入し大湊航空分遣隊に改編、第4航空群硫黄島救難飛行隊を隷下に編入し硫黄島航空分遣隊に改編。第21航空群 フレッシュアイペディアより)

  • 星を継ぐ者 (TRPGリプレイ)

    星を継ぐ者 (TRPGリプレイ)から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    自称「無邪気な神の使徒」で、愛剣「グローリア」を振るい、異端や悪魔をそれはもう無邪気に(楽しそうに)惨殺する。作中でもマサトや篝を襲うエミュレイターを嬉々として斬りまくる場面が見られる。その一方、ディングレイ破壊というマサトの決意に応えて聖王を説得し銀十字騎士団(後述)を赤羽神社護衛に向かわせ、自ら政治的取引(GM曰く「脅迫」)を行って厚木基地をディングレイ破壊作戦の拠点にするなど、裏方仕事もこなす。星を継ぐ者 (TRPGリプレイ) フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ホイットニー

    コートニー・ホイットニーから見た厚木基地厚木海軍飛行場

    日本のポツダム宣言受諾後の1945年8月30日、マッカーサーとともに厚木基地から日本に入国。准将の階級を持つホイットニーは、一時期フィリピンに戻ったが、同年12月15日に再び来日して連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) で民政局 (GS) の局長に着任、1946年2月3日のマッカーサーの指示によって翌2月4日、トップ・シークレットの憲法草案制定会議をGHQ内に設置しこれを主宰、以後、日本政府に手交するまでの期間、日本国憲法の草案作成を指揮した。コートニー・ホイットニー フレッシュアイペディアより)

  • 防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律

    防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    制度運用の開始から年月を経て、そのストックは着実に蓄積しつつある。中でも住宅防音工事は施策の目玉であり、工事実施件数は40万件、2004年までの助成総額は1兆4000億円を超す(内、12万件以上、5000億以上が厚木飛行場周辺地域への投下であった)。防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 芙蓉部隊

    芙蓉部隊から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    部隊は戦争最末期まで通常攻撃を継続したが、さすがに米軍による九州上陸が噂されるようになると、「これ以上の通常攻撃は無理」として、部隊に残存する可動機40余機による特攻の演習まで計画されたほどだった(ただし、特攻出撃の際の空中指揮は美濃部自身である)。美濃部は、ヒューマニズムの点から特攻を否定したのでは無く、適切な通常攻撃法を採用できれば、高い士気を維持しつつ、搭乗員を極力生還させることにより実戦での練度を向上させてゆき、そして練度の向上した搭乗員による反復攻撃によって特攻より大きな戦果が可能であるために、合理的見地から特攻を否定したのである。よってこれ以上の通常攻撃ができなくなれば、最大の戦果を上げる手段として特攻を採用し、最後の出撃を敢行する(そして、その際は美濃部自身が指揮官機に乗って先頭になって死地に赴く)ことは美濃部としては合理的選択であった。8月15日、終戦。部隊は、一時は厚木基地の徹底抗戦の表明に呼応するような動きを見せるも次第に落ち着きを取り戻し、美濃部の説得もあり平穏に終戦を受け入れた。なおも徹底抗戦を唱える部下に対し美濃部は、「詔勅が出た以上、私に部隊の指揮を取る資格はない。納得できなければ私を斬ってから出撃せよ。」と言って説得した。芙蓉部隊 フレッシュアイペディアより)

  • 陸上空母離着陸訓練

    陸上空母離着陸訓練から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    日本ではアメリカ海軍第七艦隊の空母ミッドウェイが横須賀基地を事実上の母港とし、厚木海軍飛行場を艦載機の基地として利用するようになった1973年10月以降からアメリカ海軍の空母搭載艦載機の訓練に伴う騒音問題が取り上げられるようになってきた。当初はNLPは三沢基地と岩国基地において行われていたが、厚木から距離が離れているため、1982年から厚木で、翌年からは横田基地でも行われるようになった。2001年度以降は、岩国、横田、三沢基地ではNLPはおこなわれていない。陸上空母離着陸訓練 フレッシュアイペディアより)

  • 第三三二海軍航空隊

    第三三二海軍航空隊から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

             月光隊を厚木飛行場に派遣。関東地方の防空に従事。第三三二海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第三〇一海軍航空隊

    第三〇一海軍航空隊から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

       開隊当初、雷電は試作機1機のみのため、飛行訓練は零式艦上戦闘機で代替。雷電隊は横須賀、零戦隊は厚木・館山で訓練。第三〇一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 機上救護員

    機上救護員から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    岩国航空基地第71航空隊(厚木航空基地:救難待機派遣)機上救護員 フレッシュアイペディアより)

204件中 21 - 30件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード