258件中 21 - 30件表示
  • 成田空港問題の年表

    成田空港問題の年表から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    8月:羽田空港の発着回数が処理能力を超え、運輸省が?発着回数は1日460回を限度とする、?国内定期便を1日12便ないし14便ほど減便する、?厚木飛行場を許容される限り使用する、?臨時便及びチャーター便を制限する、?大阪、札幌、福岡発東京行き定期便についてフローコントロールを行う、?羽田空港が混雑しているときは名古屋空港に一時着陸して地上待機する、とした緊急指示を行う。成田空港問題の年表 フレッシュアイペディアより)

  • 相模鉄道

    相模鉄道から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    しかし、1944年(昭和19年)6月に戦時体制下における東海道本線と中央本線間のバイパス路線として相模線が国有化されて運輸通信省(国有鉄道)に編入されたため、神中線部分のみが相模鉄道(以下相鉄)として存続するという憂き目にあう。こうして経営基盤とも言える相模線を失う一方で、厚木飛行場の開設などにより神中線の乗客や貨物輸送は急増した。しかしながら、脆弱な神中線の輸送力はもはや限界であり、これを克服するにはもはや相鉄の手には負えない事態となってしまった。このため、1945年(昭和20年)6月から1947年(昭和22年)5月までの間に親会社である東急へ鉄道事業一切を委託し、戦時下・終戦直後の混乱期を乗り切ることとなった。この当時、現在の本線は「東急厚木線」または「東急神中線」と呼ばれていた。相模鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 吉志舞

    吉志舞から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    「ゴジラ」で知られる伊福部昭の吹奏楽曲。帝国海軍の依頼によって作曲され、1943年(昭和18年)2月に完成、初演は同年4月8日・服部逸郎指揮・東京放送吹奏楽団によるNHKの放送とされる。以後、戦時中の節日などにしばしラジオ放送された。伊福部によれば、1945年(昭和20年)8月30日にGHQ最高司令官マッカーサーが厚木飛行場に到着したことを伝えるラジオ放送でも流れたというが、現場で出迎えの音楽として演奏されたかは不明である。吉志舞 フレッシュアイペディアより)

  • 硫黄島通信所

    硫黄島通信所から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    これまで厚木飛行場で行われていた夜間離着陸訓練が、住民運動により実施が困難になったことから、硫黄島で訓練を行うことになったが、その際に、海上自衛隊が飛行場を運営し、航空自衛隊が訓練基地として使用している硫黄島航空基地を、日米共用飛行場として登録するのではなく、在日アメリカ海軍施設として登録されていた「硫黄島通信所」を訓練施設として登録変更すると言う形が取られた。硫黄島通信所 フレッシュアイペディアより)

  • 第1海軍燃料廠

    第1海軍燃料廠から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    さらに燃料廠を経由して横須賀港方面と大船・藤沢経由で厚木飛行場を結ぶ道路として、1943年(昭和18年)には軍事国道の国道特36号(現在の神奈川県道23号原宿六ツ浦線の笠間以東及び神奈川県道203号大船停車場矢部線の笠間?大船駅間)が、1945年(昭和20年)には国道特41号(終戦時未完成・現在の神奈川県道23号原宿六ツ浦線の田谷?笠間)が建設され、これらの基盤整備は戦後の栄区の発展に大きな影響を与えた。第1海軍燃料廠 フレッシュアイペディアより)

  • 第二五二海軍航空隊

    第二五二海軍航空隊から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1944年2月20日新司令に昇格した舟木中佐のもと再編作業開始。第十二航空艦隊第二七航空戦隊に編入。定数48機。戦闘第302飛行隊・戦闘第315飛行隊・戦闘第317飛行隊を新設充当。3月14日三沢飛行場・大湊海軍航空隊樺山飛行場に進出。訓練・哨戒に従事。6月15日二七航戦は横須賀海軍航空隊と連合、「八幡空襲部隊」を結成。6月16日東号作戦発動、厚木飛行場に進出。以後、散発的に硫黄島に進出。6月24日硫黄島に敵機襲来。以後、断続的に空襲のため戦力消耗。 7月4日この日の硫黄島空襲で機体全損。作戦行動不能。 7月10日八幡部隊残留勢力を再編し、第三航空艦隊を新編。解隊した第三〇一海軍航空隊を再編した攻撃第316飛行隊を編入。第二五二海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 渋谷村

    渋谷村から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1942年(昭和17年)- 厚木海軍飛行場が完成。渋谷村 フレッシュアイペディアより)

  • 短十二糎自走砲

    短十二糎自走砲から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    終戦直後の厚木海軍飛行場における第302海軍航空隊による反乱事件に際して、反乱部隊の離陸を阻止すべく、横須賀第十六特別陸戦隊第1大隊に対し、所属する短十二糎自走砲を含む全車をもって滑走路を塞ぐことが命ぜられた。しかし翌日、同隊による厚木海軍飛行場への攻撃は中止になり、短十二糎自走砲が実戦投入されることはなかった。短十二糎自走砲 フレッシュアイペディアより)

  • 第三三二海軍航空隊

    第三三二海軍航空隊から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

             月光隊を厚木飛行場に派遣。関東地方の防空に従事。第三三二海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • 第六〇一海軍航空隊

    第六〇一海軍航空隊から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    2月15日 厚木飛行場を原隊とし、シンガポール島セレター飛行場で開隊。第三艦隊附属に編入。第六〇一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

258件中 21 - 30件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード