258件中 31 - 40件表示
  • 横須賀補給センター

    横須賀補給センターから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    FAC3144 鶴見貯油施設(Tsurumi POL Depot、横浜市鶴見区);米空軍横田飛行場や厚木海軍飛行場に燃料を供給する。横須賀補給センター フレッシュアイペディアより)

  • 厚木爆音訴訟

    厚木爆音訴訟から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    厚木爆音訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • バターン号

    バターン号から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    バターン号(バターンごう)はアメリカ陸軍のダグラス・マッカーサー元帥の専用機。マッカーサーが1945年8月30日、厚木海軍飛行場においてアメリカを含む連合国軍による日本占領の第一歩を記したときの乗機として名高いが、これは2機目のバターン号である。バターン号 フレッシュアイペディアより)

  • 降下救助員

    降下救助員から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    海上自衛隊では1993年頃から、降下救助員の養成を開始した。当初は、厚木航空基地でのアメリカ海軍機の夜間飛行訓練に対する支援策の一環であったが、次第に任務領域が拡大されていき、友軍の救助のみならず、災害派遣も考慮されるようになった。従来のヘリコプターからの救助方法は、ホイストと呼ばれる救助用ウィンチにスリング(救命浮環)を装着し、遭難者を揚収するものであったが、遭難者が自力で救命浮環を捉えることができない状況も容易に想像できる。そこで、センサーマンがホイストで降下し、遭難者を確保するよう任務が追加されていった。降下救助員 フレッシュアイペディアより)

  • 降下救助員

    降下救助員から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    2015年9月10日、鬼怒川堤防の決壊により千葉県館山航空基地と神奈川県厚木航空基地からSH-60ヘリが災害派遣に出動し、人命救助に活躍した。降下救助員 フレッシュアイペディアより)

  • 相模鉄道の蒸気機関車

    相模鉄道の蒸気機関車から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    元は横須賀海軍施設部の発注で海軍厚木基地(現在の米軍厚木基地)専用線にて入れ換え用として使用された機関車である。メーカー形式を乙1C1 30といい、原設計は車両統制会の規格設計による762mm軌間向け30t級機であった。相模鉄道の蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律

    防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    制度運用の開始から年月を経て、そのストックは着実に蓄積しつつある。中でも住宅防音工事は施策の目玉であり、工事実施件数は40万件、2004年までの助成総額は1兆4000億円を超す(内、12万件以上、5000億以上が厚木飛行場周辺地域への投下であった)。防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線不在仮定

    新幹線不在仮定から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    空港は羽田、成田、関空、伊丹の他、関東では厚木や横田や立川など、関西では淡路島や琵琶湖辺りにも出来て、日本中が空港だらけになる。新幹線不在仮定 フレッシュアイペディアより)

  • 第三〇一海軍航空隊

    第三〇一海軍航空隊から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

       開隊当初、雷電は試作機1機のみのため、飛行訓練は零式艦上戦闘機で代替。雷電隊は横須賀、零戦隊は厚木・館山で訓練。第三〇一海軍航空隊 フレッシュアイペディアより)

  • ジーン・マッカーサー

    ジーン・マッカーサーから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1944年12月18日、マッカーサーは元帥に任じられ、ジーンも「元帥夫人」となった。1945年3月に安全を取り戻しつつあったマニラに呼ばれ、再びマッカーサーとの生活を始めた。やがて1945年8月15日に日本が降伏し、マッカーサーは8月30日に厚木飛行場に到着、9月2日に降伏文書調印式を行って占領統治を開始する。ジーン・マッカーサー フレッシュアイペディアより)

258件中 31 - 40件表示