204件中 41 - 50件表示
  • 第一〇一航空戦隊

    第一〇一航空戦隊から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    部隊番号では末尾だが、輸送機航空隊としては三番目の昭和19年4月1日編成。輸送機はゼロで、陸攻を主体に護衛戦闘機24機・随伴艦爆24機で編成された。美保飛行場を原隊とするが、厚木飛行場や横須賀飛行場に常駐し、本土内や硫黄島向けの輸送に従事した。当初より護衛戦闘機隊を持ち、短距離輸送に特化している。一〇〇一空とともに一〇一航戦編成当初からその一員であった。一〇二一空を編入したものの、フィリピン戦線で機体を失った旧一〇二一空要員に回す機体はなく、実際に活動していたのは厚木常駐の部隊である。第一〇一航空戦隊 フレッシュアイペディアより)

  • 吉志舞

    吉志舞から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    「ゴジラ」で知られる伊福部昭の吹奏楽曲。帝国海軍の依頼によって作曲され、1943年(昭和18年)2月に完成、初演は同年4月8日・服部逸郎指揮・東京放送吹奏楽団によるNHKの放送とされる。以後、戦時中の節日などにしばしラジオ放送された。伊福部によれば、1945年(昭和20年)8月30日にGHQ最高司令官マッカーサーが厚木飛行場に到着したことを伝えるラジオ放送でも流れたというが、現場で出迎えの音楽として演奏されたかは不明である。吉志舞 フレッシュアイペディアより)

  • 航空ショー

    航空ショーから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    厚木基地オープンハウス (神奈川県綾瀬市・大和市)航空ショー フレッシュアイペディアより)

  • 塩の街

    塩の街から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    アメリカ海軍大尉・厚木基地航空隊所属。秋庭が作戦を実行中に無線で通信していたF/A-18戦闘機のパイロットで、塩害の破壊作戦の情報を間近で収集し本国に報告する予定だった。秋庭が作戦を延期しない理由を聞いて、思わず口笛を吹いて茶化したことも。作戦のパイロットに選ばれるだけあって腕は一流だった(それでも秋庭には及ばなかったようだ)が、後部座席のRIO(ニックス)が作戦終了間際に塩化・死亡したことをうけ機内が塩に埋もれて目視不能になり、秋庭に脱出するように言われて脱出した。塩の街 フレッシュアイペディアより)

  • 相模鉄道の蒸気機関車

    相模鉄道の蒸気機関車から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    元は横須賀海軍施設部の発注で海軍厚木基地(現在の米軍厚木基地)専用線にて入れ換え用として使用された機関車である。メーカー形式を乙1C1 30といい、原設計は車両統制会の規格設計による762mm軌間向け30t級機であった。相模鉄道の蒸気機関車 フレッシュアイペディアより)

  • 上瀬谷通信施設

    上瀬谷通信施設から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    上瀬谷通信施設(かみせやつうしんしせつ)は神奈川県横浜市旭区上川井町と瀬谷区北町・瀬谷町に位置する2,422,396m²の在日米海軍の基地。かつての日本海軍の倉庫施設が終戦により米軍に接収され通信基地となった。いったん接収解除されるも1951年に再接収された。現在は部隊は常駐しておらず、在日米海軍厚木航空施設司令部の管理下となっている。上瀬谷通信施設 フレッシュアイペディアより)

  • 新小岩駅前米軍機墜落事故

    新小岩駅前米軍機墜落事故から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1956年(昭和31年)2月3日、神奈川県の厚木基地を3機のセイバージェットFJ-2戦闘機が離陸した。この3機の戦闘機は、離陸後に神奈川県東部や東京都の都市部など、建物が密集する地域の上空において飛行訓練を始めた。当時、日本政府と在日米軍の間の取り決めでは、日本の都市部の上空で米軍機の飛行訓練をする事は禁止されており、また単に都市部上空を飛行して通過する場合でも、最低地上高度300メートル以上を保つ事や、激しい騒音が出ない程度の速度を保つなど、色々な決まりがあったが、当該事故機を含む3機の在日米軍の戦闘機はそれら規則を無視して、ビルや住宅の密集する神奈川県や東京都の都市部上空において飛行訓練を実施していた。新小岩駅前米軍機墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 西横浜駅

    西横浜駅から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1929年(昭和4年)2月14日に、厚木方から当駅まで開通した。開通当時から国鉄程ヶ谷駅(1931年に保土ヶ谷駅に改称)と結ぶ連絡線があり、この線路を経由して貨物列車の運行が行われていた。1948年(昭和23年)9月13日に正式にこの連絡線は免許を得て開通した。この時点での営業キロは0.8 kmとされていた。貨物線は主に砂利輸送に使用されていたが、相模川の砂利資源枯渇に伴い1964年(昭和39年)に打ち切られた。また他に相模大塚駅(在日米軍厚木基地の航空燃料)や厚木駅(小野田セメント生コン工場の原料セメント)等への貨物輸送が行われていた。1979年(昭和54年)10月6日付でこの貨物線は廃止となったが、廃止時点での営業キロは1.0 kmとなっていた。いつ改キロが行われたかは不明である。貨物線廃止に伴い、残っていた米軍燃料輸送やセメント輸送は茅ヶ崎駅から相模線経由に輸送経路を変更された。西横浜駅 フレッシュアイペディアより)

  • コロラド (戦艦)

    コロラド (戦艦)から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    1945年8月6日に占領下の沖縄へ到着し、終戦後は占領業務に従事、8月27日には厚木飛行場への占領部隊空輸の支援を行った。1945年9月20日に東京湾を出航し、サンフランシスコに10月15日に到着、シアトルへ向かい10月27日には海軍記念日の記念式典に参加した。その後マジック・カーペット作戦に加わり真珠湾から三度の往復で6,357名の兵士を帰国させた。コロラドはピュージェット・サウンド海軍工廠で不活性化され、1947年1月7日に予備役となった。1959年3月1日に除籍され、1959年7月23日にスクラップとして売却された。コロラド (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • 武山駐屯地

    武山駐屯地から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    飛行場:厚木飛行場(その他の飛行場)武山駐屯地 フレッシュアイペディアより)

204件中 41 - 50件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード