258件中 41 - 50件表示
  • リチャード・エドランド

    リチャード・エドランドから見た厚木基地厚木海軍飛行場

    ノースダコタ州ファーゴで生まれる。幼い頃からカメラを手にフォトジャーナリストを目指していたエドランドは、高校卒業後海軍に入隊し海軍写真学校を卒業。写真班の一員として厚木基地に滞在し、日本語を勉強する一方文化や文学にも触れ、大和市の映画館で小津安二郎、黒澤明らの監督作品を観て映画作りを志す。また円谷英二の作品からも強い影響を受けた。リチャード・エドランド フレッシュアイペディアより)

  • 住民投票条例

    住民投票条例から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    在日米軍再編に伴う厚木基地からの空母艦載機移転受け入れの是非を問う。反対が約90%(有資格者の過半数)を占める。ただし、直後の周辺市町村との合併に伴い、条例そのものが失効。住民投票条例 フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・スウィーニー

    チャールズ・スウィーニーから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    8月25日に銀星章を受章。9月3日にティベッツや、ビーハンらと共に、テニアンから神奈川県の厚木飛行場に移動、初めて日本の土を踏んだ。東京の第一ホテルに滞在し、上智大学を訪れるなどしたという。数日後、長崎県の大村飛行場へ移動、長崎市内へ入った。スウィーニーは戦災孤児が多く在院するカトリック系の孤児院に寄付をしたという。また、スウィーニーの回想によれば、長崎市への原爆投下後、初めて市内に入ったアメリカ人であったとしている。スウィーニーは爆心地に立ったときのことを以下のように回想している。チャールズ・スウィーニー フレッシュアイペディアより)

  • 藤猛

    藤猛から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    卒業後、米軍人となった。アメリカ合衆国海兵隊員として米軍横須賀基地や大和市の米軍基地などに配属されていた。海兵隊時代もアマチュアでボクシングをしており、以下の戦績であった。藤猛 フレッシュアイペディアより)

  • ニューメキシコ (戦艦)

    ニューメキシコ (戦艦)から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    真珠湾での修理後にニューメキシコは沖縄進攻の準備のためウルシー泊地へ到着した。3月21日に火力支援グループと共に出航し、3月26日に沖縄で砲撃を開始した。5月11日にニューメキシコは8艘の特攻艇を破壊するが、翌12日に2機の特攻機の攻撃を受けた。ニューメキシコは一機を撃墜したがもう一機は爆弾と共に突入し爆発、54名が死亡し119名が負傷した。直ちに消火作業が行われ30分以内に鎮火した。その後5月28日に修理のためレイテ島へ向かい、修理の完了後は日本本土侵攻のための演習を行う。8月15日の終戦時、ニューメキシコはサイパン島に停泊中であった。翌日沖縄へ向けて出航し、占領部隊に加わった。相模湾に8月27日入港し、厚木飛行場への降下部隊の支援を行い翌日東京湾へ入港、9月2日の降伏文書調印式に臨席した。ニューメキシコ (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • コロラド (戦艦)

    コロラド (戦艦)から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    コロラドは1945年8月6日に占領下の沖縄へ到着し、終戦後は占領業務に従事され8月27日には厚木飛行場への占領部隊空輸の支援を行った。1945年9月20日に東京湾を出航し、サンフランシスコに10月15日に到着、シアトルへ向かい10月27日には海軍記念日の記念式典に参加した。その後マジック・カーペット作戦に加わり真珠湾から三度の往復で6,357名の兵士を帰国させた。コロラドはピュージェット・サウンド海軍工廠で不活性化され、1947年1月7日に予備役となった。コロラドは1959年3月1日に除籍され、1959年7月23日にスクラップとして売却された。コロラド (戦艦) フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道40号横浜厚木線

    神奈川県道40号横浜厚木線から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    沿道に厚木基地があるため、米軍車両(パトカー、救急車、スクールバス、バス)が頻繁に通っている。神奈川県道40号横浜厚木線 フレッシュアイペディアより)

  • コートニー・ホイットニー

    コートニー・ホイットニーから見た厚木基地厚木海軍飛行場

    日本のポツダム宣言受諾後の1945年8月30日、マッカーサーとともに厚木基地から日本に入国。准将の階級を持つホイットニーは、一時期フィリピンに戻ったが、同年12月15日に再び来日して連合国軍最高司令官総司令部 (GHQ/SCAP) で民政局 (GS) の局長に着任、1946年2月3日のマッカーサーの指示によって翌2月4日、トップ・シークレットの憲法草案制定会議をGHQ内に設置しこれを主宰、以後、日本政府に手交するまでの期間、日本国憲法の草案作成を指揮した。コートニー・ホイットニー フレッシュアイペディアより)

  • 深見神社

    深見神社から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    厚木海軍飛行場の敷地内で昭和19年(1944年)11月に「厚木空神社」として創祀され、太平洋戦争による厚木航空隊(第三〇二海軍航空隊)の戦死者を祀っていたが、終戦後に廃祀(取除き)が命じられると昭和26年(1951年)4月7日、深見集落の戦没者を合祀して当社地に転社された。深見神社 フレッシュアイペディアより)

  • 相模野台地

    相模野台地から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    東京に近く、広大な平坦地が広がっていることから、昭和初期(1930年代以降)に軍関係の施設が相次いでこの地域に進出した。陸軍の士官学校(座間町・新磯村、現座間市・相模原市。1937年)、相模陸軍造兵廠(大野村・相原村、現相模原市。1938年)や、海軍の厚木飛行場(大和町・渋谷町・綾瀬村、現大和市・綾瀬市。1942年)、高座海軍工廠(座間町、現座間市。1944年)などが代表的なものである。主に北半部には陸軍、南半部には海軍の施設が進出した。相模野台地 フレッシュアイペディアより)

258件中 41 - 50件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード