258件中 51 - 60件表示
  • ベアテ・シロタ・ゴードン

    ベアテ・シロタ・ゴードンから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    12月24日に焦土となった故国・日本の厚木飛行場(当時の神奈川県綾瀬町、大和町)に降り立つ。ベアテ・シロタ・ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • 小柴貯油施設

    小柴貯油施設から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    所在地は金沢区柴町、長浜、幸浦二丁目、並木三丁目にまたがる。陸上部の面積は526,205m2で、そのうち国有地511,859m2(97.3%)、市有地4,746m2(0.9%)、民有地は9,600m2(1.8%)を占める。制限水域は約470,000m2で、このうち後述のBバース跡のの点を中心とする半径365.5メートルの円周によって囲まれる水域約420,000m2は未返還であり、浚渫や底引き網は制限される。陸上部には地下タンク29基と地上タンク5基があり、地下タンクは直径37?38m・高さ28?29mの大型タンク11基、直径18m・高さ20?21mの中型タンク14基、10×18×6.5mのスペースに2基ずつ納められた小型タンク計4基。1981年に爆発火災を起こした6号タンクは、大型のタイプである。地上タンクは直径23m・高さ11mのものが4基と、直径15m・高さ9mのものが1基ある。このうち小型地下タンク4基と直径15mの地上タンクは東側の低地、残りは丘陵部に配置されていた。地下タンクの内空体積の合計は458,781m3であった。シーバースは、金沢区東部の海上に北東に向かうAバース・南東に向かうBバースの2か所あり、海底および長浜水路沿いのパイプラインで陸上部につながっていた。Aバースで大型タンカーから航空燃料を陸揚げし、Bバースで小型タンカーに積み込み鶴見区安善町の鶴見貯油施設に移送し、さらに横田飛行場・厚木海軍飛行場・立川飛行場に陸送するものであったが、金沢地先埋立事業に支障するため、1975年にBバース側に集約された。現在は横須賀市の吾妻島に所在する吾妻倉庫地区から鶴見貯油施設に航空燃料が輸送される。小柴貯油施設 フレッシュアイペディアより)

  • カーツ (フリゲート)

    カーツ (フリゲート)から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1988年6月1日、カーツはロングビーチから横須賀に母港を変更した。この時、カーツを含めた2隻のミサイルフリゲートが海外の前線部隊に配属されているが、ミサイルフリゲートが海外の前線部隊に配属されるのは初めてのことだった。カーツと僚艦は、横須賀への配属時、併せてLAMPS MK IIIを搭載したSH-60B シーホーク対潜ヘリコプターを厚木の航空基地に配属するため輸送する任務を負っていた。カーツ (フリゲート) フレッシュアイペディアより)

  • 三布告

    三布告から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    館山は連合軍進駐に伴う日本軍諸部隊の第一次撤退地域の中にあった。8月22日5時発表の大本営及帝国政府発表でも、警察や海軍保安隊など治安維持のための人員を残して撤収することが明記されていた。連合軍先遣隊の進駐は8月26日から、先遣隊のうち沿岸水域を占領する部隊の進駐は1日早い8月25日からそれぞれ予定されていたが、折から襲来した台風によって2日順延となった。2日後の8月28日から厚木飛行場を手始めに先遣隊が日本に進駐を開始し、同じ8月28日に「アメリカ第8軍の一部が9月1日に館山航空基地に上陸して占領を行う」ことを日本側に通告した。8月30日、館山では基地周辺の一般住民に退去を通告した上で、房総西線那古船形駅以南と房総東線安房鴨川駅以南を運転休止にし、上陸してくるアメリカ第8軍を無事に迎え入れる準備を終えた。三布告 フレッシュアイペディアより)

  • 横浜大空襲

    横浜大空襲から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    白昼の空襲であったことから、第三〇二海軍航空隊(厚木海軍飛行場駐在)の零戦と雷電や、第十飛行師団(天翔)の屠龍・鐘馗などの戦闘機、高射第一師団(晴兵団)の八八式7.5cm野戦高射砲の活躍でB-29を7機撃墜、175機に損害を与えた。横浜大空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀空襲

    横須賀空襲から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    ウルシー環礁の基地を出港した同任務部隊は硫黄島の東海上を遠巻きにして2月16日早朝に房総半島の沖合に到達すると、6時45分から数波にわたって艦載機を発艦させて、横須賀や館山や厚木や下溝などの関東地方の軍事施設および静岡県の軍事施設を攻撃した。一方、日本側は2月12日の時点で海軍軍令部が「15日から16日頃に本土来襲の算段なり」と判断するなど米機動部隊の動向を把握しており、警戒および迎撃態勢が整えられていた。横須賀空襲 フレッシュアイペディアより)

  • 木島タロー

    木島タローから見た厚木基地厚木海軍飛行場

    国立音楽大学リトミック専修を卒業後、1996年より在日米軍横田基地内のいわゆる黒人教会でゴスペル音楽の演奏を始め、ゴスペルミュージックプロデューサー、MD Stokes に単独師事。2002年以来断続的に米軍とゴスペルミュージシャン契約を結んでいる。2015年度現在はアメリカ海軍厚木基地契約。木島タロー フレッシュアイペディアより)

  • 富岡倉庫地区

    富岡倉庫地区から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    在日米海軍厚木航空施設司令部の管理下で、資材場、及び、物資の一時保管場所として使用されていた。富岡倉庫地区 フレッシュアイペディアより)

  • メガフロート

    メガフロートから見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    初期の事例としては1982年、厚木飛行場において米空母艦載機が夜間離着陸訓練(NLP,Night Landing Practice)を開始し、そのことで周辺住民より騒音被害の苦情が相次いだことから、対策としてメガフロートの活用が提案された。具体的には当時防衛庁長官だった伊藤宗一郎が定期防衛首脳会談のため、1982年9月に訪米した際、国防長官のキャスパー・ワインバーガーに提示したという。当時はまだメガフロートと言う言葉は一般的ではなく、新聞は「浮き滑走路」などと報じている。当時、米側は厚木や分散訓練先になっていた三沢飛行場などの代わりに新たな訓練地を希望しており、それに応えたものであった。メガフロート フレッシュアイペディアより)

  • 藤沢空襲

    藤沢空襲から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    5月17日、12時45分頃から2機のB-29に先導されたP-51 マスタング約40機が相模湾から神奈川県内に侵入し主に厚木海軍飛行場や藤沢海軍飛行場を攻撃後、13時過ぎに房総半島方面へ離脱した。『日本列島空襲戦災誌』は日本側に大きな被害はなかったが、藤沢上空でアメリカ軍のP-51 1機が撃墜されたと記している。藤沢空襲 フレッシュアイペディアより)

258件中 51 - 60件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード