204件中 51 - 60件表示
  • 永田良吉

    永田良吉から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1943年11月に衆議院議員と兼任するかたちで鹿屋市長に就任。1945年の終戦後、最初のアメリカ軍進駐地として厚木と鹿屋が選定され、鹿屋側の代表としてアメリカ軍と折衝にあたった。永田良吉 フレッシュアイペディアより)

  • 神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線

    神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線(かながわけんどう45ごう まるこなかやまちがさきせん)は、川崎市中原区の丸子橋交差点から、港北ニュータウン、厚木基地などを経て、茅ヶ崎市の茅ヶ崎駅前交差点に至る、主要地方道である。神奈川県道では76号に次いで2番目に長いが、全線を一般車両が走行可能な路線としては最長を誇る。神奈川県道45号丸子中山茅ヶ崎線 フレッシュアイペディアより)

  • 鹿児島県立川辺高等学校

    鹿児島県立川辺高等学校から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    小園安名 - 海軍大佐・厚木海軍航空隊抗命事件首魁鹿児島県立川辺高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 海上自衛隊のC4Iシステム

    海上自衛隊のC4Iシステムから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    MOFシステムの中核となるのが、横須賀基地の自衛艦隊司令部内に設置された海上作戦センターであり、その他の拠点として方面部隊センターが各地方隊に設置されている。また、特に洋上航空作戦を統括するものとして、海上作戦センターの直轄下に海上航空作戦センターが設置されており、その隷下には航空対潜水艦戦作戦センター(ASWOC)がある。ASWOCはP-3哨戒機が配備された航空基地に設置されており、八戸航空基地、厚木航空基地、鹿屋航空基地、那覇航空基地の4ヶ所に所在する。海上自衛隊のC4Iシステム フレッシュアイペディアより)

  • 第31航空群

    第31航空群から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    第71航空隊(厚木航空基地:救難待機派遣機あり)第31航空群 フレッシュアイペディアより)

  • 赤松貞明

    赤松貞明から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1944年(昭和19年)1月、再び内地に戻り、厚木基地の第302航空隊に配属。以後、雷電、零戦を駆り、本土防空任務にあたる。1945年(昭和20年)2月17日、米艦載機群による関東地区空襲の際には、まずは午前中、迎撃の零戦8機の一番機として出撃し、雪のちらつく東京湾上空で、米海軍第58機動部隊の十数機のグラマンF6Fヘルキャット戦闘機と交戦。巧みな射撃術で、第一撃、第二撃でグラマンF6Fヘルキャット戦闘機2機を撃墜。しかし、この午前の戦闘での列機の被害も大きく、午後は残された2機のみで再出撃。赤松は相模平野上空を引き上げるF6Fヘルキャット戦闘機編隊に後上方から襲いかかり、午後の空戦でも最初の一撃で1機を撃墜。この日列機とあわせ合計5機のヘルキャット戦闘機を撃墜。赤松貞明 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ海軍EC-121機撃墜事件

    アメリカ海軍EC-121機撃墜事件から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1969年4月15日の火曜日の午前7時、在日アメリカ軍厚木海軍飛行場から、海軍所属の早期警戒機EC-121M ウォーニングスター1機が離陸した。この機のコールサインは「Deep Sea 129」であった。機内には8人の士官と23人のエンジニアが搭乗していた。そのうち1人はアメリカ海兵隊員であった。エンジニアのうち9人は、ロシア語と朝鮮語の暗号通信を解読する言語学者であった。アメリカ海軍EC-121機撃墜事件 フレッシュアイペディアより)

  • 町田米軍機墜落事故

    町田米軍機墜落事故から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    同日嘉手納飛行場(嘉手納基地)から僚機と2機編隊で発進したアメリカ海軍の戦闘機(F8U-2 クルセイダージェット戦闘機)が厚木基地へ向かう途中で故障を起こし、午後4時30分頃に町田市中心部の原町田(現・原町田二丁目)にある洋裁店をかねた民家に墜落した。墜落地周辺では衝撃及び火災が発生し民家7戸が全焼、7戸が半壊した。この事故により一般市民4名が死亡(3名は倒壊した民家に押しつぶされて圧死、1名は飛行機の破片を受けて即死)、32名の重軽傷者を出した。これら怪我人は、原町田病院、伊東病院、中央病院、国立相模原病院、などへ搬送された。なお、乗員1名は墜落前にパラシュートで脱出し約2km離れた高ヶ坂団地に着地後、米軍病院に収容された。町田米軍機墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 新幹線不在仮定

    新幹線不在仮定から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    空港は羽田、成田、関空、伊丹の他、関東では厚木や横田や立川など、関西では淡路島や琵琶湖辺りにも出来て、日本中が空港だらけになる。新幹線不在仮定 フレッシュアイペディアより)

  • 原町田

    原町田から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    鎌倉時代頃より鎌倉街道が通っていたが、江戸時代半ば頃までは鎌倉時代に宿の置かれた本町田が中心で、この地域は農地や原野が広がっていた。江戸時代後期頃、八王子から横浜へ生糸を運ぶための絹の道や、東海道・大山街道の脇往還がこの地を通り物資の中継地となったため、次第に生糸取引や宿場として栄えるようになり、製糸・織物・乾物を中心とした商業も盛んに行われた。昭和に入ると、近隣地域に原町田陸軍病院・原町田陸軍通信学校・原町田陸軍兵器学校(いずれも原町田と冠しているが所在地は相模原市)や陸軍士官学校(座間市)が移転し、1942年に綾瀬市と大和市にまたがる厚木飛行場が完成すると、軍人や軍属の住民が周辺地域に増加し、原町田周辺がより発展することとなった。第二次世界大戦時は陸軍関係の学校や病院は相模大野周辺に多かったものの、軍需工場が少なかったためか空襲の被害は少なかった。原町田 フレッシュアイペディアより)

204件中 51 - 60件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード