258件中 71 - 80件表示
  • IACEトラベル

    IACEトラベルから見た厚木基地厚木海軍飛行場

    2017年現在、日本国内に41店舗、アメリカとカナダに計24店舗を構える。変わったところでは、横須賀基地、厚木基地、岩国基地、嘉手納基地等の米軍基地内に店舗があり、在日米軍兵士とその家族にアメリカへ帰国するための格安航空券を販売することが主な業務となっている。IACEトラベル フレッシュアイペディアより)

  • 東宝特撮映画の怪獣対策組織

    東宝特撮映画の怪獣対策組織から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    ただし、現実世界では日本の戦闘機は配備されていない厚木基地から防衛空軍の戦闘機が出撃したり、准将という自衛隊には相当する階級の無い階級が使用されているように現実とは多少異なる。また、極力自衛隊の兵器を使用せず架空の兵器を登場させている。ただし、メーサーのようなオーバーテクノロジーを用いたものではなく、現実世界と同レベルの技術に基くものとなっている。東宝特撮映画の怪獣対策組織 フレッシュアイペディアより)

  • 塩の街

    塩の街から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    アメリカ海軍大尉・厚木基地航空隊所属。秋庭が作戦を実行中に無線で通信していたF/A-18戦闘機のパイロットで、塩害の破壊作戦の情報を間近で収集し本国に報告する予定だった。秋庭が作戦を延期しない理由を聞いて、思わず口笛を吹いて茶化したことも。作戦のパイロットに選ばれるだけあって腕は一流だった(それでも秋庭には及ばなかったようだ)が、後部座席のRIO(ニックス)が作戦終了間際に塩化・死亡したことをうけ機内が塩に埋もれて目視不能になり、秋庭に脱出するように言われて脱出した。塩の街 フレッシュアイペディアより)

  • 日輪の遺産

    日輪の遺産から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    太平洋戦争終戦時には通訳の情報士官で、後には在本米陸軍司令という将官にまで登り詰めた日系二世の老人イガラシが取材に来ていた記者に向って「幽窓無暦日」と書いて寄越したその際に、マッカーサーが厚木飛行場に到着して、日本初上陸後の東京へ向かう車中にて「私の宝、父の遺産はどこだ?」と呟いたという。一方日本では例年の如く、或る女子学園の卒業式に毎年多額の寄付をしてきた老人がやってきて、戦時動員中に空襲で死んだ女子生徒を悼む石碑を前に感慨深く眺め、教師をしている孫娘とその婚約者に迎えられる。式の最中で老人は誰にも聞こえぬ、誰にも見えぬ、旧陸軍近衛師団の真柴少佐の姿と声を見聞きしたと言うや否や手招きされるように急逝。老人は悪評を持つ武蔵小玉地域の大地主で、市議会議員も務めていた名士でもあった。妻の久枝が真柴の手帳を基に話し始める。物語は二人の語りで過去へと遡っていく。日輪の遺産 フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤幸男

    遠藤幸男から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    本隊帰還後の遠藤は第二飛行隊「月光」隊分隊長となり、大尉に昇進後11月3日に八丈島派遣隊隊長として3機の「月光」とともに八丈島に進出。この時から、遠藤機の担当偵察員は西尾治上飛曹となった。しかし、マリアナ諸島から東京を目指すB-29を、陸軍の電探を生かして東京の手前で迎撃するという目的で派遣された八丈島派遣隊は、東京のみならず名古屋目指して飛来するB-29編隊をも迎えうち、12月18日には乗機に多数被弾しながらも「1機撃墜、2機撃破」を報じたが、この日の名古屋空襲で喪失した4機のB-29のうち、1機は遠田美穂陸軍少尉機に撃墜され、残る3機は機械故障、往路での行方不明およびサイパン島沖への不時着が喪失理由であった。12月27日にも熱海上空で単機進入のB-29を迎撃して1機の撃墜を報告するが、該当するB-29は不明。八丈島派遣隊は1945年(昭和20年)1月8日付で復帰命令が出され、2日後に厚木に戻ってきた。遠藤幸男 フレッシュアイペディアより)

  • 基地システム通信部隊

    基地システム通信部隊から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    厚木航空基地:厚木システム通信分遣隊基地システム通信部隊 フレッシュアイペディアより)

  • 柴野春彦

    柴野春彦から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1969年9月に革命左派が武装闘争を開始すると、柴野は愛知外相訪米訪ソ阻止闘争、厚木米軍基地爆弾事件などに関与して指名手配された。1969年12月に川島豪が逮捕された後は、京浜安保共闘の獄外の最高幹部となる。柴野春彦 フレッシュアイペディアより)

  • 負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜

    負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    戦後処理の最高指導者として、アメリカ合衆国から厚木基地へと降り立つ。日本の迅速な民主化を進めるため、様々な改革指示を日本政府へと指示する。当初は昭和天皇と並んで写真に写るなど日本国民を震撼させたが、程なくしてその尊敬を集めるようになる。日本国内の最高権力者としての強い自負を持っており、剛柔を巧みに使い分けて日本政府を揺さぶる。一方で東郷平八郎や乃木希典を偉大な指導者と発言するなど、日本についての造詣も深い。負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜 フレッシュアイペディアより)

  • 大和市役所

    大和市役所から見た厚木爆音訴訟厚木海軍飛行場

    1971年(昭和36年)3月 - 厚木海軍飛行場の諸問題解決を目的として基地対策課を設置(詳細は厚木爆音訴訟)。大和市役所 フレッシュアイペディアより)

  • 大和市役所

    大和市役所から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    1971年(昭和36年)3月 - 厚木海軍飛行場の諸問題解決を目的として基地対策課を設置(詳細は厚木爆音訴訟)。大和市役所 フレッシュアイペディアより)

258件中 71 - 80件表示