204件中 71 - 80件表示
  • 大和トンネル

    大和トンネルから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    市街地にあり、トンネルと言うより地下道のような構造である。長さは280mしかない。厚木飛行場の滑走路の延長線上にあり、東名高速道路建設前の1961年1月には離陸に失敗した米軍機の墜落事故が起きており、当時地上を走っていた相模鉄道大和駅-相模大塚駅間の架線が切断される被害があった。このため墜落事故に備え、被害を軽減させるために天井が低いトンネル構造として作られた。大和トンネル フレッシュアイペディアより)

  • 厚木マーカス

    厚木マーカスから見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    厚木マーカス(あつぎマーカス、Atsugi Marcus)とは、海上自衛隊厚木航空基地の隊員により組織されている、関東サッカーリーグに所属しているアマチュアサッカークラブである。正式名称は「海上自衛隊厚木基地マーカス」。海上自衛隊のクラブチームとしては代表的なチームである。厚木マーカス フレッシュアイペディアより)

  • 横須賀線

    横須賀線から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    逗子駅から専用線および京急逗子線を介して総合車両製作所(旧東急車輛製造)横浜製作所へ線路が通じており、車両新製の際には日本貨物鉄道(JR貨物)による甲種車両輸送が行われる。以前は田浦駅付近にある在日米軍施設から厚木基地への燃料輸送も行われていたが、2006年に廃止された。横須賀線 フレッシュアイペディアより)

  • ソマリア沖海賊の対策部隊派遣

    ソマリア沖海賊の対策部隊派遣から見た厚木航空基地厚木海軍飛行場

    5月28日 - 海上自衛隊厚木航空基地からP-3C哨戒機2機(所属は第4航空群)がジブチに向けて出発する。ソマリア沖海賊の対策部隊派遣 フレッシュアイペディアより)

  • 大山道

    大山道から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    東海道程ヶ谷宿(神奈川県横浜市保土ケ谷区)から二俣川(横浜市旭区)、海老名(現海老名市)を経て矢倉沢往還に接続するという経路もあった。途中、厚木基地で道が分断されている。大山道 フレッシュアイペディアより)

  • 深谷通信所

    深谷通信所から見た厚木飛行場厚木海軍飛行場

    深谷通信所(ふかやつうしんじょ)は神奈川県横浜市泉区和泉町と中田町に位置する773,747m²の在日米海軍の基地。旧日本海軍の通信基地として使用されていたものが、終戦により米海軍に接収され、在日米海軍厚木航空施設司令部の管理下で送信施設として使用されていた(受信は横浜市旭区・瀬谷区の上瀬谷通信施設)が、現在は部隊が撤退し遊休地化している。深谷通信所 フレッシュアイペディアより)

  • 大和米軍機墜落事故

    大和米軍機墜落事故から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    同日、厚木基地において、アメリカ海軍空母ボノム・リシャール所属のF8U-2 クルセイダーが離陸直後にエンジンの故障により、滑走路北端から700mほどの地点である神奈川県大和市上草柳へ墜落。200mほど林や民家をなぎ倒しながら滑走した後、館野鉄工所へ衝突、炎上した。墜落地周辺では衝撃及び火災により鉄工所従業員3名が即死、2名が入院後に死亡、一般市民5名が重軽傷を負い、鉄工所と住居は全焼した。乗員は機体を放棄、脱出して無事であった。大和米軍機墜落事故 フレッシュアイペディアより)

  • 海上自衛隊の航空母艦建造構想

    海上自衛隊の航空母艦建造構想から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    他にも洋上防空の手段として、P-3C対潜哨戒機を母体として、早期警戒能力やフェニックス空対空ミサイル12発および火器管制システム(AWG-9)を搭載したEP-3C改を、厚木の第4航空群に10機、那覇の第5航空群に10機の各一個飛行隊を編成し、那覇基地と硫黄島基地、父島基地に配備して洋上防空を行う空中巡洋艦構想も検討されていたが、空中巡洋艦構想はEP-3C改の行動半径が沖縄周辺空域と硫黄島周辺空域に限定され、DDVやイージス艦と比較して作戦柔軟性や迅速性に乏しく、護衛艦隊の都合に合わせて一体運用出来ないことを理由に早々に検討対象から除外されていた。海上自衛隊の航空母艦建造構想 フレッシュアイペディアより)

  • レッド (山本直樹)

    レッド (山本直樹)から見た厚木基地厚木海軍飛行場

    名前の由来は群馬県安中市の稲村山から。手配写真のみの登場。1969年11月、神奈川県内の米軍基地にダイナマイトをしかけ、筑波と共に指名手配になる。その後もダイナマイトをしかけ続けるが、12月に逮捕される。レッド (山本直樹) フレッシュアイペディアより)

  • 館山航空基地

    館山航空基地から見た厚木海軍飛行場厚木海軍飛行場

    かつては、「第101航空隊」による伊豆諸島での急患搬送が東京都から任されていたが、その後厚木航空基地・下総航空基地より救難ヘリコプターUH-60Jが移動し、救難任務を主体とする「第73航空隊」が新編された。館山航空基地 フレッシュアイペディアより)

204件中 71 - 80件表示

「米軍厚木基地」のニューストピックワード